「下半身 冷え検索キーワード」での検索結果

検索結果:224件中46件から60件まで表示

2年以上気になっていた、ほてり・のぼせが改善しました。

(女性のための漢方薬局琉華 沖縄県) MAP

<30代 女性のお客様> 以下のようなお悩みをお持ちでした。 ・2年以上ほてり、のぼせが続いている。 ・頭は暑くぼーっとして微熱がある感じだが、下半身は冷える。 ・便秘も気になっている。 ・生理前のイライラや頭痛、肩こりもあり。 ・生理の時の固まりも気になっている。

漢方を飲まれてまだ1ヵ月ほどですが、2年以上続いていたほてり、のぼせ、冷えなどが改善されましたと来局されました。 便秘も前より良くなっており、顔色も良好です。 疲れを感じるとの事でしたので、前回のお薬の量を減らして続けていただき、疲れ対策の漢方もお飲みいただいています。

人工受精4回目。夫婦で子宝漢方で体調が整い、妊娠!

(土屋薬局 山形県) MAP

山形県東根市の土屋薬局です。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 嬉しいお話です。 お客様は、36歳です。 不妊治療中で、結婚1年目です。 今まで、3周期はタイミング療法をしていましたが、4周期目からは人工授精で不妊治療をしていくことになりました。 人工授精にステップ・アップして、今度は4回目の人工授精というところで、漢方も併用してみたいとのご相談でした。 子宮頚管粘液が少なくて、子宮に精子が…

お客様には、体の「血(けつ)」を補い、潤いを守るような「滋陰養血」事を考え、お身体に合った漢方をメインにしていくことにしました。 お客様ご夫妻は、ご主人様にも漢方を服用して頂きました。ご主人様は、39歳です。 営業の仕事が忙しく、帰宅も遅いほうです。 ご主人様の精子は検査のたびにバラつきがあるが、大体精子数は2000万くらいです。 ストレスでお腹にくることもあり、下痢もしやすいです。 夢もよく見ます。 お酒は、ビールを少々毎晩たしなんでいます。 ご主人様には、「湿」を取りながらサッパリさせることを考え、同時に滋養強壮作用のある漢方をお勧めしました。 胃腸にもやさしいですから、お勧めしやすいです。 上記の服用方法で、ちょうど1ヵ月半後に、めでたく人工授精4回目で妊娠されまして、2週間後には心拍も確認されました。 お客様がおっしゃるには、今回過去に3回失敗したときと違って、成功して妊娠した要因として、ご主人の体が元気になったおかげか、結果的に精子が2500万まで数が増えて、お腹には1700万を戻せて、精子も1.3mlから2・8mlになったこと。 またお客様も体調が良くなられ、そのおかげか子宮内膜なども、8・4ミリだったのが、9・8ミリくらいに増えたのが良かったのではないかとのことでした。 実質に漢方を服用されまして、1ヶ月間くらいの経過でお身体が改善されましたので、私たちも嬉しく思っているところです。

上半身は暑く下半身は冷えていましたが、漢方で改善に向かっています

(一陽館薬局 奈良県) MAP

30代女性。 いつも下半身が冷えています。 上半身は暑いですし、汗もかきますし、触っても温いのですが、下半身は汗もかかず、触ると冷たいです。 漢方がいいと聞いたので、相談に行きました。 血流が悪く滞っている事と、貧血で血が足りていないという事を説明してもらって、そこを改善する漢方を飲んでいくことにしました。

飲んでから1か月後には、足の冷たいのがマシになってきた感じがしました。 体も楽になったように思います。 肌の色も青白かったのが、赤味が増して、いい色になってきたと周りの人に言われるようになりました。 漢方はいいなと思ったので続けていきたいです。

子宮内膜症の生理痛が漢方で改善しました。

(土屋薬局 山形県) MAP

山形県東根市の土屋薬局です。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 昨日に来店されたお客様の舌ベロを見ましたら、色が薄い「痰(たん)」という色に、(淡い貧血のような感じの色です)、舌の横側に「淤斑(おはん)」がありました。 最近の著効例では、子宮内膜症の手術でレーザーで焼いた方で、チョコレート嚢胞もあったかたです。 お客様は、ふだんから下腹部痛があり、下腹が重い感じです。 ズキズキします。 排卵痛…

昨日のB子さんからの連絡では。 1)経血の色がきれいになった。 量は変化なし。 2)生理のとき以外の普段の下腹部痛がまったく無くなった。 とのことで、驚くべき著効でした。 これは、鎮痛剤だけではこうもいかないので、まさしく「中医学の効き目」があったと考察されます。 活血化淤(かっけつかお)の方剤をメインにすると、なかなか素晴らしいと思う今日この頃です。 不妊に対しても、もちろん「下腹部痛や排卵痛、生理痛の軽減」に漢方薬はかなり有効で、今後に大いに期待できます。

低温期が短く冷えのぼせがありましたが、漢方で周期が安定し、体調もよくなりました

(一陽館薬局 奈良県) MAP

妊娠を希望されて3年。 下半身は冷えるのに、顔はほてって汗をかき、基礎体温も低温期が短くなっていて、周期もだんだん早まっているとのことで、ご相談に来られました。 体の中の潤い・津液が不足している陰虚の状態で、さらに冷えもあるので陰陽の両方を補う必要があるとお話して、動物性の漢方で良いものがあるのでご紹介してお試しいただく事になりました。

お試しになられて1ヶ月後、体の調子がすごく楽になったということで喜んでいただけました。 お肌の調子もとても良くなったそうで、それも嬉しいとのこと。 周期も数日長くなったということで、今後も続けていきますとおっしゃっていました。

冷えと疲れを改善した途端に子宝が!

(山崎薬局 千葉県) MAP

34歳女性 10代後半の頃から特に下半身の冷えが強く、夏場でも寝るときには靴下を履いています。冬場は下半身が冷え切ってしまい、逆に顔は真っ赤に火照って苦しくなります。 仕事で疲れていても、寝つきの悪さと嫌な内容の夢で、夜間に何度も目が覚めてしまい、熟睡感がありません。 疲れが抜けないまま、日中も眠気と疲労感でつらい毎日です。 秋口になると喘息のような息苦しくなる不調も出てきます。 家事や仕事も計画的に進めていられても…

冷えのぼせ、不眠が最初の半月で改善できて、まず驚きました。嫌な夢も見なくなって熟睡できたと感じる日が増えました。 仕事上のストレスは変わらずありますが、胃痛や下痢を起こすような事はなくなりました。 体の疲れと職場のエアコンがきつい時期は体調管理にも気をつけながら漢方を続け、漢方開始してから3ヵ月後にはエアコンの中でもあまり不調を感じなくなり、「体調が良い!」と感じる日が多くなりました。 6ヶ月ほど経過したところで、妊娠判定に陽性判定がでました。いろいろな体調不良に漢方でこんなに早く結果が出ると思ってなくて、毎回の相談が驚きの連続でした。

甲状腺が改善したら冷えや疲れを感じなくなりました!

(健康堂薬局 広島県) MAP

甲状腺低下症があり、疲れやすく、冷え(特に下半身の冷えが強く)、寝つきは悪く眠りも浅く、足のむくみは強く、朝は両手のこわばりが強く、尿の出も悪く、残尿感でスッキリしない毎日でした。 少しうつっぽく先のことを考えると落ち込むばかりでふさぎこむことも多くなっていました。

病院の検診の結果、思い切って漢方を飲むことにしたのです。お店は以前から甲状腺のことなら健康堂さんに行ってごらんとすすめられていたので、検査結果を持参しました。 お店の方はTSHが8だからそんなに思いつめなくてもいいのにと言ってくれました。食養生に気をつけながら毎日飲みました。すこぶる体調が良くなり、TSHも2.6と改善していました。何よりも良かったのは気持ちが晴れやかになっていることです。

膀胱炎ではなく、1時間ごとのトイレが漢方薬を飲んで楽になってきた。

(ノムラ薬局 兵庫県) MAP

 75歳。女性。  「この暑い季節なのに 足先は温かいのに、足首から上のあたりが冷える感じで、触るとやはり冷たいです。週3回、午前中に2時間ほどパターゴルフに行っている間は神経がそちらに集中しているのですが、それ以外は1時間ごとにトイレに行きます。病院へ行っても膀胱炎ではありません。と言われ、薬は出ていません。やはり冷えているからだと思うのですが、こんな症状を治す漢方薬はありませんか?」と言われました。

 腎の温める働きが弱っているので、下半身を温める漢方薬を飲んでいくと「トイレに行く回数がグーンと少なくなり、気にならなくなってきた。」と報告に来られました。

漢方薬を飲んで体調が整い、卵子が胚盤胞まで育ち、妊娠しました。

(ノムラ薬局 兵庫県) MAP

 「現在43歳です。40歳で結婚して、その年に子宮外妊娠しました。42歳で体外受精をし、心拍確認ができたのもつかの間、9週目で流産しました。採卵を6回もしたのにどれも胚盤胞に到達したことがなく、一時は赤ちゃんをあきらめかけましたが、知人から漢方薬を飲んで赤ちゃんが授かった人がいるよ。と聞き、私もと思い、ノムラ薬局さんに来ました。私は下半身が冷えて生理の量が少なく、寝つきが悪く、夜中に目があいたりもします。便秘気味で…

 血の巡りを良くし、下半身を温める漢方薬や体調を整える漢方薬や睡眠の質をよくする漢方薬を飲んでいただき、ご夫婦でよく歩いていただきました。それで肩こりが取れ、生理の量が増え、夜も起きなくなり、体調がよくなりました。徐々に卵子が胚盤胞まで育つようになり、今回の体外受精で着床し、心拍確認になり、今10週目となりました。

漢方で自分の身体(ホルモン)バランスを整えたい!!

(誠心堂薬局 南行徳店 千葉県) MAP

婦人科で黄体ホルモンの分泌が弱いと指摘されていた。基礎体温では高温期が短く、足先の冷え等、下半身の冷えが気になっていた。病院でホルモン剤を服用し、タイミングを取っていたがなかなか授かることが出来なかった。

基礎体温がきれいに2相性に分かれ、高温期が持続できるようになりました。下半身の冷えも気にならなくなり、毎日漢方薬を服用するようになったことで、日々の自分の身体に対するケアを意識するようになりました。婦人科では、診察結果を伺うだけでしたが、漢方相談では担当の先生が生活環境や習慣などの話にも耳をかたむけて下さり、妊娠中は変化していく身体に対して不安になったりしましたが、その都度、的確なアドバイスをしてくださり、精神的にもとても安心をしました。

長年悩んでいた夜尿症が良くなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

8歳 女性 今まで夜尿症で悩んでおり、色々試してみたが良くならず、漢方で何とかしていきたいと来店されました。 下半身が冷える事が多いそうです。 夜は9時過ぎに寝て、7時前には起きるそうです。 明け方に漏れてしまうことが多いせいか眠りが浅くなりがちのようです。 眠る前にトイレに行って、水分も眠る前は摂らないようにしているそうです。

中国医学的に『腎気不固』と考えられます。 その為、腎機能を強化して収斂作用の期待できる漢方をお渡ししました。 はじめの1ヶ月目は、あまり変化がみられませんでしたが、2ヶ月目に入ってから漏れる回数が減ってこられました。 今までは毎日漏れていた状態から、1週間から10日に一回漏れるぐらいにまで変わってこられました。 体調が良くなってこられたので、引き続き飲んで頂いております。

ひざ下のひどい痺れで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

60代の女性です。 数年前から、膝から下が痺れるようになりました。 鍼灸院で針治療を受けていくらか楽になっていたのですが、最近は症状が悪化してきて歩くのも辛いとのことです。 腰から下がひどく冷えて、痺れだけでなく痛むようにもなってきました。 漢方薬も併用して痺れや痛みを改善したいとのことでした。

この方は腰から下の冷えが強かったので、下半身を温めて痛みを和らげるような漢方薬をお出ししました。 一ヶ月の服用で、腰から下がとても温まってきたそうです。 痛みも楽になり、痺れも以前の半分くらいになっています。 その後も、同じ組み合わせを服用していただきました。 三ヶ月後には痛みがなくなり、痺れも以前の1、2割まで改善してきました。 今では、歩くのも楽になり時々散歩ができるようになったと、喜んでいただいています。

冷え性、だるさ、不眠症が改善されました。

(くすりの高尾漢方堂 福岡県) MAP

下半身の冷え性でいつも体がだるいとご来店。 日頃はあまり体調に問題ないのですが、クーラーが入ると体調が悪くなり、寝込んでしまう。 40歳台で上半身だけが熱い感じがする。

今まで靴下が必要でしたが、漢方を服用すると良い具合に足がぽかぽかになってきました。 眠りも浅かったらしく、ぐっすり眠れるようになったそうです。 一か月ほどで改善されたのでびっくりされていました。

物忘れ、不安感、生理痛が良くなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

40代 女性 身体の疲れ、精神的に不安定になり、何も手に付かずいつもマイナス思考になり、このままでは良くないからと漢方で体質を変えていきたいと来店されました。 身体が疲れやすく、人の話が頭に入らなくなり、物忘れも多くなっているそうです。 精神的なショック、不安、イライラが多く、頭痛、肩こりが酷いそうです。 下半身が冷えて日中は眠くなりやすいそうです。 身体が浮腫みやすく、生理痛が酷く塊も多いそうです。

中国医学的に『心脾両虚』、『肝鬱血瘀』の状態と考えられます。 その為、体力や血液を補う漢方、気の巡りを良くして血の巡りを良くしていく漢方などをお渡ししました。 3週間ほどして、頭の回転が良くなり気分も安定して疲れも良くなりかなり元気になってきましたという報告を受けました。 身体が重だるい状態が残るそうです。 チクチク刺される痛みがまだあるそうです。 その為、身体に溜まっている不必要な水分を解毒していく漢方、血の巡りを良くしていく漢方に切り替えてお渡ししました。 2ヶ月後に、身体の浮腫がだいぶマシになり、チクチク刺される痛みが治まり生理の色が黒い色から赤い色に変わってこられました。 塊も今まで多かったのが、減ってきて体調もいいそうです。

胃腸炎と膀胱炎のダブルで寝不足です。

(尾崎漢方薬局 香川県) MAP

 例年、時候の変わり目は体調が思わしくないのですが、今年もやられてしまいました。  いつもはのどや鼻の症状がひどいのですが、今年は、胃腸炎と膀胱炎です。  どちらも、頻繁にトイレへ行きたくなるので、大変でした。  抗生物質では埒が明かず、とにかく体力をつけたいと思い、漢方薬局へ行きました。

 先生に相談すると、体力が弱っている上に冷えが入り込み、膀胱炎になったのではないかとのこと。また胃腸も同じくお腹周りが冷えて機能低下しているのにもかかわらず、生ものをバカ食いしたことが原因であると言われました。  気候のせいだけではなく、自分自身の生活習慣や食事の摂り方にも問題があったことを反省しました。  漢方薬を飲み始めて1週間。下痢や吐き気は止まりました。 2週間もすると膀胱炎症状も改善しました。  そこで、しばらくは下半身とお腹周りを冷やさないように気をつけようと思いながら過ごしているせいか、ここのところ快調です。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。