平塚漢方堂薬局の体験談

TEL:0463-32-2286
住所:神奈川県平塚市平塚2-1-9

検索結果:1194件中61件から75件まで表示

漢方で、ひどかった痒みが改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代の女性です。 普段から胃がもたれたり下痢をしたり、胃腸が弱い方です。 また、若い頃はひどいアトピー性皮膚炎でしたが、今は落ち着いています。 ここしばらくは、体調良く過ごせていたのですが、急に体が痒くなりみみずばれになるくらいかいてしまいました。 それ以来、夜寝ている時などに知らずにかいてしまい、朝になると足やお腹が部分的に出血しています。

皮膚科にも行きました。 漢方薬を服用してからは、夜の痒みが楽になりました。 朝起きても、足やお腹に出血のあとが見られません。 まだ、痒くなることはありますが、着実に痒みが改善しているとのことです。

子宮筋腫が大きくなり始めて、貧血や生理痛が強く漢方薬を服用することにしました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

40代の女性です。 お子さんは二人いるので、妊娠は希望していません。 もともと子宮筋腫はあったのですが、ここ2,3年で急に大きくなり始めたとのことです。 貧血気味で生理痛が強く、イライラもあります。 担当の医師からは、しばらくは様子を見るにしてもこのままだと、手術も考えたほうがよいといわれています。 できるだけ手術はしたくないです。漢方薬を服用したいと思ったそうです。

漢方薬を服用し始めてからは、貧血や生理痛が改善してきました。 いらだちも少なくなくなってきたとのこと。 半年に一度くらいのペースで、エコー検査をしていたそうですが、子宮筋腫の増大もしていません。 その後50代に入って、手術をすることなく閉経をむかえました。 今後は、更年期障害が気になるので、そちらに対応した薬を服用したいとのことです。

漢方薬を服用し始めて、生理不順が改善したら肌にもはりが出た気がしています。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代の女性です。 もともと生理が不順で、生理周期は30日~40日くらいでした。 長引くステイホームが原因かもしれませんが、ここ数か月は生理痛もひどくなり、肌もガサガサしてきました。 こうした状態を改善したいと思い、来店されたそうです。

この方は、ストレスや運動不足からホルモンバランスの乱れにつながり、月経異常や肌荒れの要因のひとつになっているようでした。 そこで、体のバランスを整えるような漢方薬をお勧めしました。 漢方薬を服用し始めたところ、冷え症が改善し手足が温まり血流が良くなってきた感じがするとのことです。 その後、生理不順も改善し28日~30日で来るようになりました。 生理痛も改善し、肌にもはりが出てきた気がするとのことです。

漢方薬でつかれ目、頭痛、肩こりが改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の女性です。 目の疲れや頭痛、肩こりがひどいとのことで相談にみえました。 パソコンやスマホのやり過ぎが原因なのは分かってているのですが、仕事の都合で仕方がないとのことです。 症状は徐々に悪化していて、最近では目の奥が痛くなったり、吐き気がすることもあります。 このまま放っておくわけにもいかず、何とかしたいとのことでした。

漢方薬を服用し始めてから、一ヶ月後に再来店されました。 症状をお聞きしたところ、目の疲れが楽になり、肩のこりが軽くなってきたとのことです。 さらに、服用を続けていくうちに、頭痛も軽くなってきました。 まだ、頭痛はするそうですが、以前よりはかなり改善されているので、とても楽に過ごせています。

流産後に漢方で体調を整えはじめたら妊娠、赤ちゃんを授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代の女性です。 半年前に妊娠したのですが、流産しました。 いろいろと調べていくうちに、漢方薬で体調体質改善をして、身体づくりをしようと思ったそうです。 自然流産の確率は10%~15%と意外に高いのですが、その多くが胎児側に理由があるといわれています。 そうしたことも含めて、いろいろなお話をさせていただきました。 話をしていくうちに、気持ちが前向きになられたようです。

漢方薬を服用し始めてからは、疲労倦怠感が改善し身体が疲れにくくなったそうです。 また、手足も温まってきて、生理痛も軽くなったとのこと。 以前は、落ち込みがちだったのですが、体調が良くなったらそうしたこともなくなりました。 7ヶ月後に妊娠しましたが、妊娠後も体調管理のために漢方薬を服用していただきました。 その後、無事に元気な男の子を授かったとの連絡をいただきました。

低気圧によくおこる頭痛、吐き気、めまいが漢方薬で改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

60代の女性です。 若いころから身体が弱く、低気圧が近づいてくると、頭痛や吐き気、めまいなどの症状に悩まされます。 60歳を過ぎてからは特に症状がひどく、先日はひどいめまいと頭痛で、起き上がることもできませんでした。 また、無理に起きようとすると吐き気がして、トイレにもはって行ったそうです。

漢方薬をお勧めする前に、簡単にできるマッサージや食事法などについて、お話をさせていただきました。 漢方薬を服用し始めて3日目後、まためまいや頭痛がありましたが、以前よりは少し軽く感じたそうです。 その後も、時々めまいや頭痛、吐き気がすることはありますが、徐々に改善してきました。 3ヶ月目には、雨や台風が近づいても、頭痛や吐き気、めまいなどの症状は気にならず過ごせています。

便秘とうつ症状が気になっていました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

80代の痩せ型の男性です。 息子さんに連れられて来店されました。 以前はとても元気だったそうですが、新型コロナウイルスの影響で、自宅にいることが多くなりました。 外出する機会がなくなり、うつうつとする日が多くなったそうです。 家族との会話も少なくなり、夜も眠れなくなりました。 また、運動不足のせいか便通がよくありません。 大便は4,5日に一回で、市販の便秘薬を使わないと出ないそうです。

市販の便秘薬は服用せずに体調を整えたい、とのことです。 そこで、食事のとり方や日常生活についてのお話をさせていただきました。 息子さんが、話の内容をメモしていたのが印象的です。 漢方薬を服用し始めてからは、便秘が改善し便通が徐々に整ってきたそうです。 ご来店のたびに、ご本人の表情も明らかに和らいできました。 4ヶ月後には、体調がよくなったからか笑顔も見れらるようになり、落ち込むことも少なくなってきたとのこと。

朝起きたときから体がだるく、やる気が出ませんでした。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

40代の女性です。 リモートワークが続いているそうですが、朝起きた時から身体がだるく、やる気が起きないとのことで相談に見えました。 ステイホームの毎日で、あまり人と接する機会がなくとても不安になるそうです。 月に何回かは出社することがあるのですが、とても面倒で、肉体的にも精神的にもつらくなります。 最近は、寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めることも多いそうです。

この方は、ステイホームで精神的なストレスが蓄積されているようです。 そこで不安感と疲労倦怠感を重点として体質に合った漢方薬をお勧めしました。 また、日々の過ごし方や食事についても、いくつかアドバイスをさせていただきました。 漢方薬を服用し始めてからは、不眠が改善し寝つきがよくなってきたとのこと。 また、熟睡できるようになったので、朝の疲労倦怠感も改善してきました。 体調がとてもよくなってきているので、漢方薬はしばらく継続したいそうです。

漢方薬を服用してから、鼻炎が改善しクシャミや鼻水など変化しました

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

40代の男性です。 一年じゅう、鼻炎でクシャミ、鼻水、鼻づまりがあって悩んでいます。 特に、花粉症の時期になると、とりわけひどいそうです。 鼻をいくらかんでも、きりがありません。 また、鼻がつまると目の奥が痛くなることもあります。 薬によっては合わないものもあるので漢方を試したいとのことでした。

当店で紹介した漢方薬は、まだ服用したことがないので、ぜひ試したいとのことでした。 服用して半月後に再来店、話をお聞きすると鼻炎がかいぜんしクシャミや鼻水が明らかに落ち着いてきたとのこと。 鼻づまりも改善し目の奥の痛みも落ち着いています。 その後も漢方薬を継続していますが、とても体調が良くなったそうです。

毎年悩まされていた花粉症が、漢方薬で改善しています。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代の女性です。 毎年2月ごろになると、花粉症に悩まされていました。 今年もいつものようにクシャミや鼻水、頭痛が始まったのですが、今回は特にひどいそうです。 今までは、朝方から昼頃にかけてクシャミなどの症状が出るだけでした。 しかし、今年は花粉の量が多いこともあって、朝から夜まで、一日中辛いとのことです。

例年だと、使い慣れている市販薬である程度症状が落ち着くのですが、今年は辛いままです。症状をお聞きすると、この方は胃も弱いとのことです。 そこで胃腸虚弱と花粉症を重点としてこの方の体質に合った漢方薬をお出ししました。 漢方薬を服用し始めて、5日目から花粉症が改善しクシャミや鼻水が落ち着いてきました。 花粉の多い日でもクシャミや鼻水が気にならなくなり、とても楽に過ごせているそうです。

ステイホームでいらだち、頭痛、不眠などの不調が、漢方薬を服用してから体調が改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の女性です。 仕事がリモートになって、ほとんど外出することがなくなりました。 家に引きこもっている時間が多くなり、いらだちが強くイライラしたり気分が落ち込んだりすることが多くなったそうです。 また、時々ひどい頭痛に襲われたり、不眠に悩まされることもあります。 こうした不調を改善したいとのことで相談に見えました。

お話をお聞きしていても、長期間のステイホームで、かなりストレスがたまっているようでした。 ご主人やお子さんも、一日中うちにいることが多いそうです。 食事の支度などの家事が増えて、それもストレスに拍車をかけているとのこと。 この方にはストレスといらだちを考慮して漢方薬をお勧めしました。 一ヶ月ほどで、いらだちが改善しイライラしたり気分が落ち込みが気にならなくなってきたそうです。 まだ、頭痛や不眠などの症状はありますが、徐々に改善しています。

長年の悩みだった腰痛と頻尿が、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

60代の女性です。 50代のころから、腰痛と頻尿で悩んでいました。 冬場の寒い時期になると腰痛がひどくなり、トイレも近くなります。 最近はちょっとしたことで、尿が漏れるようになってきたそうです。 腰痛も辛いのですが、頻尿や尿漏れのほうが辛く悩んでいるそうです。

この方は冷え症で、暖かい日などは腰痛も頻尿も楽になるとのことです。 体を温めて、腰痛や頻尿が改善できるような漢方薬をお勧めしました。 一ヶ月分を服用したところ、尿漏れが気にならなくなってきました。 2ヶ月目には、腰痛も軽くなってきたそうです。 頻尿はまだありますが、徐々に改善の兆しが見えています。

激しい腹痛が改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

60代の女性です。 痩せ型で見るからに元気がなく、血色がよくありません。 この方は、二ヶ月くらい前から腹痛が続いているそうです。 病院で検査をしても、特に異常はありませんでした。 便通は軟便のことが多いのですが、時々、下痢をします。 最近は、おかゆや野菜の煮物など、消化の良い食べ物しか口にしていないのですが、腹痛が続いています。 身体がとても疲れやすくなり、横になることが多くなりました。

この方には、胃腸の働きや気力を重点と漢方薬をお勧めしました。 腹痛は、5日ほどでかなり軽くなってきました。 その後も同じ漢方薬を継続していただきましたが、下痢も改善し体力も出てきた気がするとのこと。 食事も様子を見ながら、普通の食事に戻していきました。 一ヶ月の服用で、体調もすっかりよくなりましたが、しばらくはさらなる改善のために漢方薬を服用していく予定です。

漢方薬を服用して、生理痛が改善し赤ちゃんも授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代の女性です。 結婚して5年になります。 3年前に妊娠したのですが、流産だったそうです。 その後は、不妊症専門のクリニックへ通っていますが、妊娠には至っていません。 クリニックの治療はお休みして、漢方薬で体調を整えたいとのことです。 赤ちゃんが欲しいのはもちろんですが、生理痛や生理前のイライラも強いので、体調も整えていきたいとのことでした。

漢方薬を服用してから、気持ちがとても落ち着いてきたそうです。 これまでは、いらだちが強くイライラしてご主人にあたってしまうことがあったそうですが、そうしたことが少なくなったとのこと。 また、生理痛や生理前のいらだちも改善してきました。 根気よく漢方薬を服用していただきましたが、10ヶ月後に妊娠しました。 妊娠後も、漢方薬で体調を整えていただきました。 妊娠初期はつわりがひどかったのですが、漢方薬の服用でつわりものりきり経過は順調。元気な男の子をさずかりました。

寒暖差アレルギーで悩んでいましたが、漢方薬で鼻水の症状が改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の男性です。 以前から寒暖差アレルギーで悩んでいましたが、最近特に症状がひどいとのことで来店されました。 朝起きた時や、夜帰宅した時にクシャミ、鼻水、鼻づまりを感じます。 また、夜寝ていると鼻水が喉へ流れて、眠れないときもあります。 耳鼻科へ通ったこともあります。

症状をお聞きしていると、新型コロナウイルスの影響で、リモートワークになっているとのこと。 人と会うことも少なくなり、ストレスもかなりあるそうです。 漢方薬をお出しするとともに、ストレス解消についても、アドバイスをさせていただきました。 漢方薬を服用し始めて、5日ほどで鼻水が改善し始めました。 一ヶ月ほどでほぼ不調が気になることなく過ごせるようになりましたが、漢方薬は、体調管理のためにしばらく続けていきたいとのことです。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品