「不正出血検索キーワード」での検索結果

検索結果:307件中1件から15件まで表示

不正出血が止まった

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

子宮筋腫多発で、子宮内膜を圧迫する位置に筋腫ができてしまい、生理時の大量出血、酷い痛みに悩まされるようになりました。 婦人科では、ホルモン治療はリスクが高いので積極的には勧めないと言われました。すぐに手術をするほどではなかったのでとりあえず経過観察になりました。 しかし次第に、すぐに疲れる、気力が出ない、カゼをよくひくといった症状が続き、加えて不正出血が毎日続くようになり、不安な毎日を過ごしていました。 なる…

アドバイザー様にお話を聞いていただき、気持ちをわかっていただけたことがまず嬉しくて心強かったです。 お勧めしていただいた漢方を始めてすぐに、不正出血がピタリと改善しました!  毎日パンティライナーを見て不安やゆううつな気持ちになっていたのが、一気に晴れやかになりました! これからも続けていき、子宮筋腫の方にも改善を期待したいです。

漢方薬を服用して、月経不順が改善し、妊娠、出産しました。

(春風漢方薬局 大阪府) MAP

30代女性の方、2回流産を経験し、その後、2年間妊娠せず、ご相談に来られました。この方は他に、冷え性、貧血、月経不順、不正出血、月経痛、血塊、月経前の頭痛、めまい、不眠、イライラなどの症状がありました。

漢方薬をを服用して1ヶ月後には、不正出血が無くなりました。2ヶ月後には、月経周期が安定し、月経痛、血塊、月経前の症状がほとんど改善し、その2週間後に妊娠し、無事に出産されました。

胃が弱く、生理痛や生理不順、不正出血がありました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

26歳の痩せ型の女性です。 以前から生理不順があり、生理痛が強く不正出血も時々あるとのことでした。 胃も弱く、ストレスやちょっとした食べ過ぎで胃がムカついてきて痛くなります。 肌荒れもあり、生理前になるとあごから両ほほにかけて吹き出物がでます。 こうした症状はもともとあったのですが、仕事や私生活でのストレス、過労が原因かもしれないとのことでした。

お話を詳しくお聞きしたところ、日常の仕事に追われて心身ともにいっぱいいっぱいの様子でした。 そこで、体力を補ってストレスを和らげるような漢方薬をお出ししました。 一ヵ月後に症状をお聞きすると、漢方薬を服用してからイライラが不思議なくらいになくなったそうです。 胃の痛みも軽くなっています。 その後は、生理不順や生理痛なども改善してきました。 不正出血や肌荒れはまだありますが、徐々に落ち着いてきているとのことでした。 最近は仕事も落ち着いてきて、気持ちにもゆとりが持てるようになっているそうです。 漢方薬は症状に応じて組み合わせを変えながら、続けて服用しています。

子宮筋腫があり、生理痛と不正出血で悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

35歳の女性です。 4~5㎝の子宮筋腫がありますが、病院では経過を観察中とのことです。 生理周期は28日~30日ですが、生理痛がひどく4ヶ月くらい前から不正出血をするようになったそうです。 出血の量が多いので病院から貧血の薬を処方されていますが、胃がもたれるのであまり使用していません。

ホルモンバランスを整えて、生理痛や不正出血を改善できるような漢方薬をお出ししました。 漢方薬を服用し始めて、半月後くらいにお電話をいただきました。 5㎝くらいの黒い帯下が下りて、その後お腹がすっきりしたそうです。 その後は日ごとに不正出血の量も少なくなり、生理痛も軽くなりました。 以降、同じ漢方薬を服用していますが、貧血も改善し体調も良いとのことです。

内膜症 性交痛がありましたが妊娠しました。

(ウエマツ薬局 埼玉県) MAP

28歳 女性 生理痛が重く、内膜症があります。 性交痛があり、粘膜が切れやすいので、Sexはあまり好きではありません。 漢方を飲んだら、体がぽかぽかしてきました。 便通も良くなりました。 不正出血が毎月あり、ストレスになります。 性交痛によいオイルを紹介しました。 低温期が安定してきました。

漢方を飲み始めて体調が整い、4か月後妊娠しました。

(40代女性)卵巣嚢腫による不正出血が無くなり、嚢腫の腫れも改善

(漢方 侑備堂 兵庫県) MAP

以前からある卵巣嚢腫(チョコレート嚢腫)をピルや漢方で小さくなるように治療していましたが、ここ最近漢方を休むようになったところ、不正出血が出るようになり、卵巣嚢腫の影響ではないかと不安になり、漢方相談に来店されました。

片方の卵巣は摘出しており、残りの卵巣も腫れていて腸と癒着している状態。 その影響なのか下痢・便秘など腸の動きもあまり良くないそうです。 まずは腸の炎症や「湿熱」を取り除き血流や出血を改善するような漢方をオススメました。 服用を続けていただいた所、まず不正出血が出なくなり、その後MRI検査に行ったところ「卵巣は前回と比べて全く腫れていません」と嚢腫が見えなくなっていると言われたそうです。 その後も予防でそのまま同じ漢方を継続していただいています。

結婚4年目にして、妊娠しました。

(漢方薬 なごみ堂 福岡県) MAP

結婚4年 20代の頃より生理不順で、不正出血が度々あった。 ご結婚後、不妊治療をはじめ多嚢胞性卵巣症候群と両卵管閉塞と診断されため、体外受精を何度もされていました。 多嚢胞の為、凍結胚は沢山あるものの、何度移植をおこなっても妊娠に至らず。 不正出血がたまにあり、病院では内膜が薄い、と言われる事が多く、体調を整えて移植しないと妊娠は難しいと考え御来店されました。

気血双補剤などを中心に3か月服用頂き、ギザギザの基礎体温も綺麗になり内膜も充分の厚さになってきて移植されました。 妊娠反応が出て妊娠継続中。 多嚢胞性卵巣症候群の方は、採卵数は多い傾向にありますが妊娠に至らない、妊娠しても継続できない方が多いのも事実です。 多嚢胞性による、黄体機能不全なども影響していると思われます。 移植前の体調が万全でない場合は漢方薬などで体調を整え、体調が改善されたところで移植に臨まれることが妊娠につながるとかんじました。

子宮内膜症(チョコレート嚢腫)があり生理が不調でしたが、漢方薬を服用して体調が整い、元気な男の子を授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代後半の女性です。 結婚して6年になりますが、子宝に恵まれません。 病院では子宮内膜症(チョコレート嚢腫)と診断されています。 人工授精を一度受けたことがありますが、うまくいきませんでした。 今後のことを考えて、漢方薬で妊娠しやすい身体作りをしたいとのことでした。 生理周期が短く、生理痛が強くてつらいとのことです。 また、生理時の血塊や不正出血もあります。

詳しく症状をお聞きしたところ、この方は「於血」と言って、血の汚れが原因で血流が悪くなり、子宮内膜症を悪化させていると考えられました。 そこで、血をきれいにして血の巡りを良くする漢方薬を中心に考えました。 漢方薬を服用してからすぐに体調が良くなったことを実感できたそうです。 身体が温まり、疲れにくくなりました。 生理も28日で来るようになり、生理痛も楽になったとのことです。 不正出血もなくなり、生理時の血塊もきれいになってきました。 漢方薬の服用を始めて、体調が整い、8カ月後に妊娠したとのことでした。 その後は、妊娠中でも安心して服用できる漢方薬に切り替えて、無事に元気な男の子を授かりました。

眩暈、生理不順が良くなりました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

30代 女性 眩暈が酷く、いつもグルグル頭が回る感じがするため、漢方で何とかしていきたいと来店されました。 体も疲れやすく、生理不順で遅れる事が多く、不正出血もあるそうです。 疲れてているのに眠れなくてよく目が覚める事も多いそうです。

中国医学的に『心脾両虚』の状態と考えられます。 その為、体力や血液を補っていく漢方をお渡ししました。 1か月ほどして、毎日眩暈が起きていたのに、良くなって元気になってこらえれました。 生理も30日できて、不正出血が治まってきているそうです。 夜も目が覚める事が減り、熟睡できるようになってきているそうです。 体調が良いため、もうしばらく続けていかれるそうです。

甲状腺機能低下を改善することで、妊娠できました。

(漢方薬 なごみ堂 福岡県) MAP

結婚後6年経過 2年前よりタイミング療法、人工授精をしたが、2回化学流産、その時全身に痒みが出た事も気になっている。 生理前3日くらい不正出血がある。 アトピー性皮膚炎もある。 体外受精を考えているが、このままチャレンジしてもうまくいかない気がして、漢方薬を服用したいとご来店。 この時点では甲状腺機能は検査されていませんでした。

<<漢方>> 低温期は活血剤、清熱解毒剤、補腎剤、高温期は清熱解毒剤気血双補剤、霊芝を服用頂いた。 <<経過1>> 短かった月経周期が28日になり、生理前の不正出血が減った。 アトピー性皮膚炎も以前よりも調子がいい。 <<漢方2>> 体調がいいことより、2カ月目、3カ月目も同じもの。 <<経過2>> 服用から4カ月目で体外受精を行い、良好胚が数個凍結できたが、融解、移植の段階で胚の分割が止まってしまい、移植できないことが続き、ご本人もモチベーションが下がり気味。 アトピー性皮膚炎が持病にあることや、化学流産時に全身の痒みがあったりと、そのことも気になっていたので甲状腺機能の検査や不育症の検査など、自己免疫疾患の検査をしてみることをおすすめ。 すると甲状腺機能低下が見られ、病院からはチラージンが処方された。 <<漢方3>> 漢方1に加えて蟻製剤を服用。 <<経過3>> 甲状腺機能の数値も安定し、体調も良好、不正出血も全くなくなったため再び採卵。 <<漢方4>> 採卵周期、生理から採卵までは補腎剤、活血剤、蟻製剤を服用頂いた。 <<経過4>> 5個授精良好胚となり凍結できた。 <<漢方5>> 移植にむけて、気血双補剤、清熱解毒剤、補腎剤、霊芝を服用頂いた。 <<経過5>> 妊娠判定プラス。 体調維持を目的として同じもので継続。 つわりはあるが体調良好。 現在安定期に入り一安心。 <<考察>> 漢方服用から10カ月、2回目の体外受精で妊娠されました。 1回目の体外受精の時に何度も移植がキャンセルとなり、どこか身体の中で妊娠に至らない悪さをしている何かがあるように感じました。 その原因を探りながら、改善の為の漢方薬や治療薬を服用することで、妊娠に至ったと感じます。 途中モチベーションが下がりながらも気持ちをリセットして諦めず不妊治療を頑張られた結果だと思います。

不正出血が止まり生理もスッと終わるようになった

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

2015年7月に不正出血が始まる。 婦人科へ行き子宮ガンの検査等を行ったが異常なし。 その後もたらたらと、不正出血が有り、低用量ピルを服用するようになったが改善されず、出血期間もどんどん長期化するようになった。 (44歳 女性)

服用しはじめて、数日で出血が止まり、いつ出血するかわからない不安がなくなりました。 生理も、以前は1週間~と長めだったが、5~6日ですっと終わるようになりました。

チョコレート嚢腫3×4cm→2×3cmに

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

7年前にチョコレートのう腫の手術をしましたが再発し、3×4cmになってしまった。 生理痛もひどくなってきてしまった。 生理痛、不正出血等で悩んでいたところインターネットでアクシスアンを知り相談。 (36歳 女性)

チョコレートのう腫が2×3cmへ。 生理痛の為、鎮痛剤が手放せなかったのですが、必要なくなるまで改善。 飲み始めてから、私の場合は1年と時間はかかりましたが改善している実感を得ています。 通院している病院の先生には、「チョコレートのう腫が小さくなることはない」と言われていたのでうれしかったです。

更年期障害で不正出血がとまらない女性。中成薬で改善しました。

(健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店 神奈川県) MAP

40才代後半の女性。 色黒で疲れやすく、生理不順があり、神経な方です。 今回は生理が3日間で終了し、その後に多量の出血がここ2~3日間続いているので心配です、と来店。

更年期障害やその前のプチ更年期障害の改善は女性にとって永遠のテーマ!基礎体温、生活習慣、体質、既往歴など総合的に判断。 漢方の得意分野のご相談です。 受診中の医者の処方薬の漢方では全く改善出来なかったのが中成薬を10日間お出ししたのが、なんと2日目で出血が止まり始めたと、目を輝かせて報告して頂いた。 前々から感じていましたが、処方箋で出されている漢方と中成薬の漢方とでは効き方が違うことを実感!

乳がん検診や歯科手術など不安なことがきっかけで、逆に気持ちが落ち着いて妊娠。

(漢方薬局 綾心 愛知県) MAP

生理不順で3年間ピルを服用していた。 妊娠希望でピルを中止するが、生理が長引くなど不安が一杯でいらっしゃいました。 めまいや寝つきの悪さ、動悸など、不安な気持ちからか、色々な気になる症状がでてきたので、体質改善を希望されご来店。(32歳)

不安と動悸は少なくなり、長引く出血が治まってきました。 漢方を始めて3か月後に妊娠されるが、7週で稽留流産に。 気持ちが妊娠ばかりに向いてしまうので、漢方も休みにしたいとのこと。 不正出血が排卵期にあることも気になって、再度妊娠に向けて、漢方薬を再開されました。 人工授精も5回されて、体外受精の説明会にも行かれました。 そのうち、親知らずが痛み、手術の際に点滴の不手際にあり緊急手術へ、その頃乳がん検診で腫瘍が見つかり、不安が最高潮になられました。 乳腺科の結果が乳腺症と診断され、ほっと一息。 そしたら妊娠が分かったのです。 そしてつわりが強く、漢方も飲めないことがありましたが、無事に男の子をご出産されました!(39歳)

不正出血に悩む娘を助けていただきました

(漢方のスギヤマ薬局 神奈川県) MAP

19歳 女性(母親代筆) もともと生理不順の娘ではありましたが、1年ほど前から時折生理ではない時にも出血を訴えるようになり、病院で何度か診察を受けましたが、特に目立った異常やホルモンの数値などにも問題が見つからず、困惑しておりましたが、お医者様からは「様子を見ましょう」の一点張りでしたので思い切って病院通いを止めさせて漢方薬を試してみようということになり、杉山先生にご相談させていただきました。

まず驚いたのは娘の胃腸虚弱や脱肛の治療歴などを初回にずばりと言い当てられたことです。次にもっと驚いたのが娘の不正出血の原因がそこにあるとご指摘いただいたことです。 全く胃腸や脱肛などとの関連性を指摘してくださったお医者様はおらず、私の拙い知識にも当然そんな認識はありませんでしたので、まさか!という気持ちでおりましたが、最後の驚きは先生の出された漢方薬で不正出血がピタリと治まったこと、そして食が細く、いつもお腹を下していた娘の腸の調子までが驚くほど改善してしまいました。 全てが驚き続きではありましたが、今はそれらが全て喜びに変わっています。 娘と何かあれば杉山先生に相談しようというのが合言葉になっています。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。