漢方専門なりた安心堂薬局の体験談

TEL:0476-36-4136
住所:千葉県成田市公津の杜4-12 COーZ 東館1階

検索結果:9件中1件から9件まで表示

緑内障にともなう目の奥の痛みと、眼精疲労が改善しました!( 59才女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 清楚な身なりで、間もなく還暦を迎えるご婦人の相談。薬局入口のポスター「飲む目薬で、スマホ老眼対策」に、以前から関心があったそうです。  薬局のホームページをご覧頂き、半年前に初回漢方相談のご予約を頂きました。  閉経間際の49才で緑内障の診断を受け、その後長年、眼科で定期診察を受けていました。  症状は少しずつ進行しており、今後完治は難しいまでも、せめて左目奥の痛みだけでも何とかして欲しいとのことでした。  …

 漢方の見立ては、肝(かん)の血虚(血液不足)が中心だが、年齢相応の瘀血(血流の悪さ)も気にはなった。  しかし、希望する眼科周辺症状の改善には、質の良い血(けつ)を生むことが先決である。そこで栄養吸収の源である脾(元気な胃腸)の立て直しを優先した。  これまで2種類の漢方薬をご案内してきた。朝に晩に真面目に服用を重ね、間もなく4ヶ月が過ぎようとしている。  開始1~2週間あたりから、次第に食欲が増し始め、まずは一安心。1人前をほぼ残さず完食出来るようになった。今の所、緑内障の検査(眼圧、眼底、視野検査、他)、数値上では大きな変化なし。  ただ、視力は0.2ほど、僅かながら回復がみられ、先月の運転免許の更新も、何とか無事パスできたそうである。  そして何より、今回の主訴「目の奥の痛み」が随分と薄れ、その点が一番感謝されました。 ( 開始1ヶ月半で、ほぼ気にならない程度まで、回復がみられたそうです。)

萎縮性膣炎による、辛いむず痒さが スッキリ!( 61才・女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 都内在住、61才・専業主婦の方のご相談です。52才の閉経後、数年が経つ頃から、デリケートゾーン(膣部)の乾燥感と、むず痒さで悩み始める。  体質そのものを改善できる漢方で何とかならないものかと、遠方から問い合わせを頂き、今年始め頃に相談に訪れた。  初回相談時は口数が少なく、詳しい症状までは把握できなかったが、膣の洗浄や女性ホルモン剤(膣錠)なども行ってきた。抗生物質の服用指示などもあったとのこと。投薬中は症状を抑え…

 萎縮性腟炎は、卵巣機能が低下する閉経前後~更年期の女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、腟粘膜が萎縮して発症する。  また腟内のpHが上昇して、酸性からアルカリ性に傾き、自浄作用が低下するため炎症が頻発する。  ご婦人の場合、不正出血はなかったが、腟や外陰部の痒み、乾燥の他、不定期で臭気を伴う淡黄色のおりものがあった。  一部で報じられる女性ホルモンの発癌性などを懸念し、一昨年前から漢方に興味を持ち始める。  漢方的に炎症の背後には、「血(けつ)」による滋養低下と、「津液(しんえき)」による潤い不足が隠れているケースも多い。  膣の乾燥(ドライバジャイナ)他、ドライシンドローム(ドライアイ、ドライマウス、ドライスキンなど)に対し、漢方・中医学の力が発揮される場面も少なくありません。  ご婦人の場合、主訴以外に、日常的に目の乾燥感(ドライアイ)でもお悩みでした。漢方で、質の良い血分を増やす「補血」及び、炎症防止と潤い対策の「補陰」の以上2種類の漢方薬を組み合わせ、ご案内致しました。  ある漢方医の言葉に、気の改善は3週間、血の改善は3ヶ月、体質改善は3年とある。  「血の道」に通じる骨盤内の症状ゆえ、まずは近い目標で、3ヶ月は頑張ってみましょうとお伝しました。  ご婦人にとって今回の漢方服用の結果、更年期対策も兼ねた、一石二鳥となったようご様子です。  既に漢方服用開始8か月が過ぎますが、以前よりも疲れにくく、ご本人曰く「お陰様で、近頃おばちゃんパワーを発揮できてますヨ!」との嬉しいご報告。  飲みやすく漢方の服用が朝晩楽しみで、習慣として定着しつつあるようです。

下肢静脈瘤の改善。足取りも軽快に!( 59才・男性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 30年以上鉄道関連の会社に勤務し、間もなく還暦を迎える、50代・男性のご相談です。  約8年前、会社の健康診断で、糖尿が見つかり現在も通院、服薬中である。これまで好物の塩辛い物も極力控え、本人なりに食事には気を付けてきた。  近頃、以前にも増して足腰が重だるく、近所の用事でも歩くのが億劫で、車頼みの生活を続けている。  会社仲間から趣味のゴルフに誘われるも、パスしがちで、ここ数年旅行他、外出の機会もめっきり…

 主に下半身の血の巡りの改善薬と、水分代謝を促す漢方薬を2種類、朝・晩の服用で、まずは2週間分ご案内致しました。  3週間を過ぎた頃、再度ご連絡を頂き、胃腸など特別トラブルもなかった模様である。  その後、ちょいちょい飲み忘れながらも、同漢方をトータルで、約4ヶ月分服用頂いた。  その間来店の際は、毎度自覚症状と足の様子を確認し、薄紙を剥ぐように、毎回1~2割位ずつ軽減していったように思う。  間もなく、開始6か月が過ぎようとしている現在。体重は1.5キロ程しか減っていないそうだが、以前と比べ随分と下肢のだぶつき感が薄れ、足首周辺のくびれが、はっきりとしてきた。  そして気になる静脈瘤は、まだ一部残る箇所はあるものの、当初程の隆起はなく、青黒さもほとんど目立たぬ所まで、薄れてきている。

目の下のクマが薄れ、スッキリと表情も明るく! ( 37才・男性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 空港周辺ホテルの、フロントスタッフとして勤務する30代・男性。伸長は約180センチ、中肉の方。  接客業ゆえ、男性ながらも長年当症状には悩まされ、これまでメンズコスメや様々なサプリも試してきたそうです。  なりた安心堂のホームページをご覧になり、5月初旬に初来店されました。  仕事が多忙で睡眠や食事他、生活は不規則。食欲は旺盛でプライベートは、仲間と飲み歩くこともある。  繁忙期などストレスのたまった時は、つい暴…

 頭痛、肩こりの自覚は特別なし。とは言え、目の下のクマは、やはり色素沈着(漢方の瘀血)の一表現です。  その他美食を好むこと、職場内での緊張、ストレスも多いこと等から、まずは気(き)と血(けつ)の巡りをスムーズに整える漢方薬をご紹介しました。  人生初の漢方薬。効果を期待し早速4週間、朝・晩まじめに服用頂きました。しかし結果は、多少便通が良くなっただけ。残念ながら(その時点では)目元にはほとんど変化が見られませんでした。  そこで再度、生活リズムや職場環境など、体質の背景を改めて見直し、体内を循環する血液の「量と質」にも問題を抱えているのでは?と考え直しました。   ご本人の了解を得て、漢方で血(けつ)を補う漢方を新たに追加し、2漢方を同時並行で、服用頂きました。  更に5週間が経過し、夏も目前。溜まった老廃物がようやく動き始めたか、今回は目元がスッキリ、初対面とはだいぶ印象が変わりました。  別途、睡眠に変化があった報告も頂き、表情筋の緊張が薄れたのも、根底に「血虚」があったことに気付かされました。  ホテルマンらしい、きりっとした表情と目力も戻りつつある段階で、理想の高そうなご本人も、今回はまずまず納得のご様子です。

リウマチによる、足首の腫れと痛みが改善!( 58才・男性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 「痛みに漢方」ののぼりを見て、来店された50代・男性のご相談です。40代始めに発症したリウマチにより、長年関節の腫れと痛みでお困りでした。  発症当時から通院を重ね、その間ステロイド剤、抗リウマチ薬、及び生物学的製剤(注射薬)、などを試してこられました。  病院の標準治療以外にも、ご自身でキャッツクローなどの健食、サプリメント等を数種類、併用するも経過はこれまで一進一退でした。特にここ2~3年は左足首の腫れ、痛みが悪化傾向に…

 もともと冷房が苦手で方で、腹巻を常用し、夜間尿も夏場1回、冬は2回程度あるそうです。  漢方においては、免疫調整に不可欠な肝腎を強め、筋骨の働きを支える痛みの漢方を1つ。   加えて、下半身の血の巡りの改善と老廃物の除去を目的とした漢方を1つ。それぞれ服用をご提案致しました。  服用開始から約7か月が過ぎた現在、痛み腫れの程度は天候にも左右されますが、来店前10とした時、およそ3か4位でコントロール出来ている状況です。

稽留流産を乗り越え妊娠、安定期へ!( 39歳・女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 県内で看護師として勤務している39歳の女性です。第2子を希望するも、流産癖がついており、なりた安心堂へは約1年前、ご家族の紹介で子宝相談に訪れました。  もともと冷え症で生理の量も少ない上、軽い生理痛もあります。第1子を出産後、約2年の間、第2子の妊娠確認が2回程ありましたが、いずれも6週~7週の妊娠初期で、稽留流産となってしまいました。

 この方は病院の婦人科に定期的に通院しています。  仕事柄、生活リズムも不規則で、ストレスも多く、気(き)と血(けつ)の巡りを促す漢方を2種類程、服用頂きました。服用開始1、2ヶ月頃から、徐々に月経量も増え、PMS及び生理前の痛みが、だいぶ改善されてきたといいます。  その後、服用7か月目で妊娠判定が陽性となりました。その時点で、一旦血の巡りの漢方薬はひとまずお休みし、妊娠中も体調を維持できるように漢方薬をおすすめしました。

めまいと耳鳴りが、半減しました!( 70才・女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 今年、古稀を迎えたご婦人の相談です。7月上旬に、めまい、耳鳴り、手足の浮腫みの改善を目的に、ご家族と一緒になりた安心堂を訪れました。  日頃、血圧が140台とやや高めで、他メニエールや糖尿病の既往歴がありました。  全身に痛みや炎症はないようで、ご年齢的にもそろそろ漢方の「腎虚」が進み始めているご様子でした。  めまいは、気圧の変わり目などに起こりやすく、また耳の奥で水が滴り落ちるような感覚は絶えず、昼夜続いてい…

 食欲や便通などを伺うかぎりでは、胃腸も然程ご丈夫ではないようでした。  そこでまずは、胃腸の消化・吸収力の回復、および水分代謝の改善を優先し、漢方で「脾」を元気にする漢方を2種類(各々10日分×2クール)服用頂きました。    ご本人曰く食欲の回復と共に、めまいと耳鳴りは、日に日に改善してゆき、最初に訪れた時の半分位にまで、落ち着いてきたと仰っています。    

薄毛と髪のパサつきが改善! ( 46才・女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 40代前半の頃から髪質がだんだん悪化し、近頃では季節の変わり目などは特に、洗髪時の抜け毛やパサツキがひどく気になります。

 ご友人の紹介で来店され、体質に合わせ2種類の漢方薬を服用頂きました。  約半年が過ぎた頃に、行きつけの美容院のスタッフから突然「何か始められました?」と声をかけられたとか。頭頂部の薄毛が少しずつ目立たなく「元気な髪の毛が増えてきていますね」と言われたそうです。ご本人から先日お電話で喜びの報告♪を頂きました。  始めて10か月になるこの頃では、『血』の質と巡りが良くなった影響か、毎月の「生理痛 」や「冷え」までも、ずいぶん楽になってきたと言います。

胃癌手術後の体重減少が改善! ( 63才・女性 )

(漢方専門なりた安心堂薬局 千葉県) MAP

 服飾を仕事とする女性が、知人の紹介で訪れました。1年半程前に胃癌の手術で、胃の2/3を摘出されています。  元々細身の体型でしたが、術後 体重は更に減り続け、還暦の頃と比べて11kgも減り、この度漢方相談に乗らせて頂きました。

 ご婦人の場合は主に、漢方の脾(ひ)→ 胃腸・消化器(及び免疫系)の立て直しに重点を置きました。  約10か月間、2種類の漢方薬の服用頂き、それと並行して漢方の食養生を実践頂きました。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。