あさひ薬局の体験談

TEL:0195-75-2227
住所:岩手県八幡平市大更25-118-1

検索結果:59件中1件から15件まで表示

68歳男性、更年期の相談。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

68歳男性。更年期の相談。持病、高血圧、高脂血症。仕事の疲れが抜けない。仕事は農業。気力も少々わかない。その他は特に異常なし。 食欲減退、起床不調、最近、r-gptが境界値まで上昇。体重増加。 肝臓機能と脂質代謝向上の漢方生薬製剤と補気健脾の漢方を2週間服用いただく事に。 なお、市内ではあるが、遠隔地60km以上離れているので、今回は2週間で服用。

体調良好、夜にすごく眠気が起こるようになり、起床もよくなった。 体重1kg減。 本当は精力剤がでると思ったが、この生薬と補気健脾製剤で効果がでるとは?と今回も2週間購入。

54歳女性、のぼせ、ほてり、睡眠中途覚醒

(あさひ薬局 岩手県) MAP

54歳女性、20年近く、睡眠の持続時間が短い、 中途覚醒する頻度が多くなっているとのこと。 48歳頃から、のぼせ、ほてりあり。多夢あり、特に仕事の夢が多い。 コーヒーを良く飲むが、量はそれ程のまない。仕事が忙しい、自営業、飲酒なし、肌荒れのアレルギー剤皮膚科から処方あり。 のぼせ、ほてりには滋陰降火の漢方と安神薬配合の漢方を、また、滋陰強壮、補腎陰を兼ねた漢方を服用いただいた。

夢はまだ見るが、睡眠の持続時間がよくなった。 のぼせ、ほてり改善している。

耳鳴り、聴力低下。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

69歳男性。以前から聴力低下はオージオグラム検査実施にてDRより指摘を受ける。原因老化。 加齢。ビタミンB12製剤、循環改善剤服用。 耳鳴り改善ならず。 検査は半年に一度、右耳の聴力低下を何とかしたいとのこと。 漢方薬15日間服用頂く。

15日後来店。耳鳴りは少し薄らぎ、聞こえもなんとなく戻り、奥様に音量の件で文句が出なくなったとのこと。

62歳女性、中性脂肪高値、大腸にポリープの相談。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

62歳女性、中性脂肪高値、コレステロール値は若干境界線を越えた程度。大腸にポリープ組織検査良性、要経過観察。 次回、検診時にポリープ肥大時には摘出を検討してくださいとのこと。 漢方で何とかならないか?とのとで、活血化於を中心とした漢方生薬と食事を3か月間服用実施。

検診時、ポリープ見当たらず。DRより「なにか?やったのですか?」と尋ねられたとのこと。検査数値正常範囲。 お喜びいただきました。 現在は朝一包のみ服用頂き、継続を希望とのこと。

腰痛の持病もちで、急に痛くなった症例

(あさひ薬局 岩手県) MAP

60歳女性。接客業、持病に五十肩(右)腰痛、ひざ痛をお持ちの方で、2~3日前から左背部から、左臀部にかけてと膝の鈍痛、重痛、痛み当日排便不調、当日便秘。昨日まで、35℃越えの気温から25℃雨天の天候へ急激に低下、身体の冷えもあり。 その場で、風湿活血、風湿除筋の漢方と、腹圧を治める叙肝解鬱の漢方薬を服用。 その後、7日間服用。

その日の2時間後くらいに「ガス」が相当量出て、排便があり、腹圧が取れたら、かなり楽になったとのこと。 天候が暑くなったら更によくなったとのこと。 また、仕事のストレスでイライラしてお腹が張るような症状も緩和されたとのこと。

めまいの相談

(あさひ薬局 岩手県) MAP

82歳女性。眩暈の相談。血圧薬服用。MRI検査異常なし。稀に、耳鳴り。天候が急に変わると眩暈の症状発症。 漢方薬7日間服用頂く。

年齢による「ふらつき」はあるが、眩暈は改善。 現在、症状が起こったときに集中して服用している。

更年期ののぼせ、火照り。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

45歳女性、。昼夜問わず、のぼせ火照り、発汗が多い。体重の変化はここ5~6年変化なし。中肉。まずは、婦人科を受診いただいた。その後、再来店、ホルモン値年齢相応、しかしながら、この数値では?ここまでの症状が出るかな?とDRに首を傾げられる?要経過観察。 で?再度、相談の中で、職場の人間関係の変化や部署の変化もあるのかな?とのこと。 滋陰降火、肝腎益精、疏肝、あと、睡眠の前、二時間前に服用の漢方を七日間服用頂く。

のぼせ、火照り、睡眠改善。 もう、飲まなくてもいいですか?と聞かれ? どうぞとお話しする。

耳鳴りのご相談

(あさひ薬局 岩手県) MAP

現在67歳女性、当薬局にて、関節痛、リウマチの漢方薬服用中、その症状や数値は改善傾向、元々、不整脈の治療もしている、農作業の仕事にて疲労したためか?夜間に血圧上昇、その後、受診して回転性の眩暈発症、検査の実施、異常なし、DR、要経過観察、その後、2日経過耳鳴り、聴力低下、耳鼻咽喉科にて受診検査、突発性難聴と診断、老化も絡んでいるとのこと。 で、耳鳴りのご相談。

夕方のみ「柴胡」「磁石」の配合となった漢方薬を現在服用中の、補腎、活血、去風、強骨の漢方と併用して1週間」服用。 全く気にならなくなった。 その後も継続。

妊娠後3か月目のつわり

(あさひ薬局 岩手県) MAP

妊娠後、三か月目のつわりのご相談。食事前に空腹時に気持ちがわるくなるとのこと。 で、なにか方法がないか?ご相談。

胃腸の水分代謝を良くする漢方と補気をメインとする漢方を服用、3日目にはある程度改善。

長年の膝関節痛。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

78歳女性。肥満気味。DRより、体重が膝に負担をかけていると診断され、変形性膝関節症と言われて、10年経過するとのこと。仕事柄農作業をするので、夏場は今よりも3kg~5kgは痩せるとのこと。手術の適応範囲ではないが、膝関節に関節腔内注射を週1回程度施術。 温めると楽。正座ができない。特に今年は、寒いので、身体が温まるまでの時間が長いので、歩くのが非常に大変。歩き始めると問題ないとのこと。 7日間漢方薬をお試しいただく。

痛みが和らぎ、歩くのが楽。下半身の痛みが楽とのこと。

潜在性プロラクチン血漿の方の子宝そうだん。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

32歳女性。潜在性プロラクチン血漿による子宝そうだん。左側卵巣嚢腫手術歴あり、その後、月経周期28日安定。だが、高温期への移行が少々ジグザグ波形。婦人科に抗プロラクチン薬処方され、排卵は見られるようになったが、内膜が薄く月経量が少ない。月経痛あり、塊あり、疲れやすいとのことで、漢方薬をお試しいただく。

半年かかったが、体調が整い、妊娠し、女子を出産。

月経前の動悸、頭痛、吐き気、食欲不振

(あさひ薬局 岩手県) MAP

38歳女性。2か月前に酷い動悸、その際に頭痛、吐き気、食欲不振、意欲低下に見舞われる。その際に内科を受診、普段よりは血圧が上昇していたが、正常範囲内。DRより漢方薬を処方2週間処方される。あまり、症状が緩和されなければ、「心療内科」の受診も薦められる。 なにか?良い症状はないか?ちなみに、今年の冬の気温が例年になく寒く、そのことも同期の原因のひとつでは?とご本人。 ここ半年程、体重減少、3kg程度、月経量減少。とのこと…

7日後来店。下腹部の冷え、動悸は治まったとのこと。 月経周期のことを尋ねると、ご本人も以前に月経前にこの症状があったことを思いまだしていた。 今後も継続してゆくとのこと。

月経前のイライラと月経中、月経後の肩こり頭痛

(あさひ薬局 岩手県) MAP

43歳女性、月経前に酷くイライラする。介護の仕事にて、夜勤、月に4回あり、月経前に過食、まれに怒鳴ってしまう。夜間に頭が冴える。不規則な飲食、月経到来直前に頭痛、到来後2~3日経過して頭痛。排便不調あり、少々肥満気味だが、固太りの体質、血圧、他異常なし。 疏肝理気の漢方と、於血、便秘、頭痛に効果のある、桃の種由来の生薬配合の漢方を7日間服用いただいた。

便秘が改善と同時に睡眠も改善。睡眠が十分摂れたおかげでイライラも良くなり、現在も継続中。

思春期のにきびと日光皮膚炎。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

18才女性。顔のみニキビ、皮膚科にて4歳ごろの幼少期に「アトピー性皮膚炎」の診断。数年後改善。現在部活動にて「日焼け」の機会あり、にきびが顔全体にひどく、また、顔面発赤となる。 生理前に酷くなり、部活動のストレスがあると過食がすすみ酷くなる。扁桃腺がはれやすい。耳の中のかゆみ、手足の冷え、月経痛あり。まずは七日間服用。 7日後来店。服用後排便スムーズ。夜間のかゆみ改善。 その後継続して特に月経周期ごとに漢方薬を微妙に変…

就職活動にてファンデーションが塗れるようになった。ニキビのぼこぼこ感改善。 日光に気を付けるようにUⅴケアは欠かさない。 生理前の過食はあるが、ある一定の時間にて我慢できるようになった。

更年期による不眠。

(あさひ薬局 岩手県) MAP

57歳女性。50代初めのころから、不眠傾向が続いており、サプリメントを試すが効果なく、イライラ感や体のだるさ、疲れやすいなどの症状。寝つき悪く、一睡もできない状態が続く事もある。通院歴は花粉症と鼻炎のため、耳鼻科通院、鼻炎が酷いと余計に睡眠不調。 その他異常なし。 ストレスと会社の経営の悩みはあり。 飲酒なし。少し「動悸」はあるが、循環器に異常なし。心因性か? 肩こり、まれに頭痛あり、また、「頭痛の種」あり。苦笑してお…

前よりも安眠傾向。排便が良好。市販の風邪薬の併用は良いかという質問に「併用可能」。しかしながら「漢方は食前」にと話す。痰が酷いとのことで、安眠の漢方を「胆熱化痰」の漢方へ変更。7日後来店。改善。また、「疏肝養血安神」の漢方薬へ戻し、更に頭痛に「活血理気」の漢方を服用いただいた。 改善し、良好15日分にて継続。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。