平塚漢方堂薬局の体験談

TEL:0463-32-2286
住所:神奈川県平塚市平塚2-1-9

検索結果:378件中1件から15件まで表示

妊娠してからイライラや不安感など、精神的に不安定になり悩んでいました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

42歳の女性です。 今まで人工授精や体外受精を何回か受けてきましたが、妊娠することはありませんでした。 そこで漢方薬を服用して、体調を整えながら体外受精を受けて妊娠を確認することができました。 待望の妊娠でしたが、双子であることを聞いてから不安になってしまいました。 先のことを考えるとイライラすることもあり、ご主人にも当たってしまうそうです。

妊娠中でも安心して服用できて、自然に気持ちが安定するような漢方薬をお出ししました。 漢方薬を服用してからは、不思議と気持ちが落ち着いてきたそうです。 イライラしたり、不安になることも少なくなって、ご主人に当たることもなくなりました。 今までは、不安で夜も眠れないことがあったそうですが、毎日熟睡できるようになったそうです。 その後は、無事に元気な双子の女の子を出産されました。

子供のアトピー性皮膚炎が、漢方の飲み薬と塗り薬で改善してきました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

6歳の男の子です。 アトピー性皮膚炎で悩んでいるとのことで来店されました。 ひじやひざの裏、首の周り、そして背中に赤い発疹と掻き壊した後のカサブタがあります。 お風呂上りや汗をかいた後に痒みがひどくなって、とてもつらいとのことでした。 病院へは一度いったそうですが、ステロイド軟膏を処方されたので、それ以来行くのをやめたそうです。 現在は、痒い時にワセリンを塗っていますが、あまり効果はないようです。

漢方薬でも味がよく、お子さんでも比較的飲みやすい組み合わせと、安心して使える塗り薬をお出ししました。 漢方薬を使い始めて、初めの半月は何も変化が見られませんでした。 ところが、1カ月後に来店された時にはひじやひざ、首の周りがかなりきれいになってきました。 はっきりとした赤みやカサブタはまだかなりありますが、痒みが楽になったのが何よりもうれしいとのことです。 しばらく、漢方薬は継続していきたいとのことです。

妊娠後に悪化したアトピー性皮膚炎が、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代前半の女性です。 子供の頃からアトピー体質でした。 それほどひどくはなかったのですが、妊娠してから悪化し始めて、出産後は特にひどくなってしまいました。 顔や身体が赤く火照ったようになります。 痒みが強く、掻き壊すとジュクジュクしてその後にカサブタができます。 授乳中なので、病院で処方されるような薬は使いたくありません。 漢方薬で少しでも症状を抑えたいとのことでした。

この方の場合、妊娠、出産、子育てで体力や免疫力が落ちてしまい、そのためアトピーが悪化したと考えられます。 そこで、体力を補いながらアトピー性皮膚炎が改善できるような漢方薬をお出ししました。 半月後には、身体中の火照った感じが少なくなり痒みも減ってきました。 その後も、症状に合わせて組み合わせを変更しながら漢方薬を服用していただきました。 3~4カ月で痒みもなくなり、赤みはあるもののアトピー性皮膚炎の症状がほぼ改善しています。 漢方薬は継続中ですが、体調はとても良いそうです。

一日中身体がだるくて動けなかったのですが、漢方薬のおかげで元気になりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

ご年配の女性です。 数年前から身体のだるさを感じるようになりました。 あまりにつらいので、数カ所の病院で検査を受けたのですが、どこでも異常はないとのことです。 ビタミン剤やその他の薬も処方されたのですが、効果がないだけでなく、服用後に下痢をすることもあります。 漢方薬で少しでも元気になりたいとのことです。

この方は基本的に胃がもたれたり、下痢をしやすいなどの症状があったので、胃腸の働きを整えながら元気の出るような漢方薬をお出ししました。 15日分を服用したところで症状をお聞きしたところ、朝起きるのがつらくなくなってきたとのことです。 2カ月後には、以前の元気な自分に戻ってきたとのことでした。 胃腸も良くなったので、日々の食事がおいしいそうです。 朝から夜までだるくてつらかったのが、今ではとても元気に過ごせて調子が良いとのことでした。

二人目の赤ちゃんを望んでいましたが、漢方薬を服用して体調が整い、元気な男の子を授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

32歳の女性です。 5歳の女の子がいますが、二人目のお子さんを希望しています。 病院では多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)気味かもしれないと言われています。 漢方薬で妊娠しやすい身体作りをしたいとのことでした。 生理周期は35日~40日、基礎体温は低温期も高温期もガタガタと上下の変動が激しく不安定です。

基礎体温表を参考にしたり、症状をお聞きしながら2~3カ月ごとに、その時の体調に合わせた漢方薬をお出ししました。 6カ月後には生理周期が28日~30日になり、基礎体温も低温期と高温期がはっきり二相に分かれてきました。 上下の変動も少なくなっています。 10カ月後に妊娠しました。 その後は、妊娠中でも安心して服用できる漢方薬をお出しして体調を整え、元気な男の子を授かりました。

春先はいつもひどい花粉症でしたが、漢方薬を服用してからは楽になりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

55歳の男性です。 毎年、春先になると花粉症で悩まされています。 ひどい時は朝から10回以上クシャミが続き、鼻水が滝のように出てきます。 目がショボショボして痒くなるそうです。 今まで市販薬を服用してきましたが、最近は胃がもたれるようになってしまい、合わないとのことでした。 たまたま、知り合いが漢方薬で花粉症が改善したことを聞いて、来店されました。

症状をお聞きした上で、胃にも負担がかからずに、花粉症が改善できるような漢方薬をお出ししました。 10日分を服用して来店されました。 症状をお聞きしたところ、漢方薬を服用した翌日から、クシャミや鼻水が信じららないくらい楽になったそうです。 花粉症の時期が落ち着くまでは、漢方薬を続けたいとのことですが、花粉症を忘れるくらい改善しているとのことでした。

ひどい生理痛とイライラ、ニキビで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

20歳の女性です。 ひどい生理痛と生理前のイライラで悩んでいるとのことでした。 また、生理前になるとニキビが悪化するそうです。 仕事が不規則でハードな為、日ごろからイライラすることは多いそうですが、生理前になると抑えられないくらいひどくなります。 生理痛は鎮痛剤を服用してもあまり効果がなく、胃があれるのであまり服用できないそうです。

仕事中は、生理前に限らずイライラすることが多いとのことでした。 そこで、ストレスを和らげてホルモンバランスを整えるような漢方薬をお出ししました。 4~5日服用したら、自分でも不思議なくらい気持ちが落ち着いてきたそうです。 仕事上の忙しさは変らなくても、様々なことに落ち着いて対応できるようになったとのことでした。 生理痛や生理前のニキビも、月を重ねるごとに改善してきました。 漢方薬は、しばらくの間服用したいとのことです。

頻繁に起きていた、動悸や不整脈が漢方薬を服用してから落ち着いてきました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

60代の男性です。 数カ月前から、動悸や不整脈が起きるようになりました。 最初の頃は、そのうち治るだろうと思っていたのですが、だんだん回数が増えてきました。 病院で詳しく検査をしても、特に異常はみられないとのことです。 最近では、夜中の就寝時に動悸や不整脈が起きて目が覚めることがあるそうです。

症状をお聞きしたところ、仕事やプライベートでストレスを受けているようでした。 そこで、とりあえずストレスを和らげて精神的にリラックスできるような漢方薬をお出ししました。 1カ月後に来店した際には、かなり落ち着いてきたとのことでした。 服用してすぐに、動悸や不整脈が少なくなったそうです。 精神的にも安定した日々が送れて、とても調子が良いとのことです。

子宮内膜症(チョコレート嚢腫)があり生理が不調でしたが、漢方薬を服用して体調が整い、元気な男の子を授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

30代後半の女性です。 結婚して6年になりますが、子宝に恵まれません。 病院では子宮内膜症(チョコレート嚢腫)と診断されています。 人工授精を一度受けたことがありますが、うまくいきませんでした。 今後のことを考えて、漢方薬で妊娠しやすい身体作りをしたいとのことでした。 生理周期が短く、生理痛が強くてつらいとのことです。 また、生理時の血塊や不正出血もあります。

詳しく症状をお聞きしたところ、この方は「於血」と言って、血の汚れが原因で血流が悪くなり、子宮内膜症を悪化させていると考えられました。 そこで、血をきれいにして血の巡りを良くする漢方薬を中心に考えました。 漢方薬を服用してからすぐに体調が良くなったことを実感できたそうです。 身体が温まり、疲れにくくなりました。 生理も28日で来るようになり、生理痛も楽になったとのことです。 不正出血もなくなり、生理時の血塊もきれいになってきました。 漢方薬の服用を始めて、体調が整い、8カ月後に妊娠したとのことでした。 その後は、妊娠中でも安心して服用できる漢方薬に切り替えて、無事に元気な男の子を授かりました。

8年前から悩んでいた耳鳴りが、漢方薬を服用して早期に改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

70歳の女性です。 62歳のときに、耳鳴りが始まりました。 それ以来、耳鼻科や総合病院などを何カ所も受診しましたがよくなりません。 右の耳は、一日中低い音がなっています。 左の耳は夜寝る時になると、キーンという金属音のような音がするとのことです。 こうした症状が絶えず続いています。 何か用事などをしているときは気にならないそうですが、じっとしているととても気になります。

この方は、老化からくる耳鳴りと考えられたので体調維持をふくめて耳鳴りが改善できるような漢方薬をお出ししました。 1カ月後に来店されたときには、とても調子が良いとのことでした。 服用して3日目から両方の耳鳴りが軽くなったそうです。 最近は、耳鳴りを忘れてしまう日も多くなってきたとのことです。 調子がよいので、漢方薬はしばらく続けたいそうです。

動悸、息苦しさなどで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

40代の女性です。 2~3カ月前から、理由もないのに急に動悸やめまい、息苦しさに襲われるようになりました。 病院で検査を受けましたが、原因はわかりません。 ただ、自律神経のバランスが悪いかもしれないとのことでした。 処方された薬も効果がないそうです。 最近では不安感も強くなり、とても悩んでいるそうです。

症状をお聞きしたところ、数カ月前から日常生活で強いストレスを受けているようでした。 そこで、ストレスを和らげ自律神経のバランスを調えるような漢方薬をお出ししました。 1カ月分を服用して、動悸や息苦しさが楽になったとのことです。 2カ月目には、めまいや不安感もかなり改善してきました。 漢方薬はその後も継続されていますが、症状はほとんど改善しているとのことです。

肩、首のこり、動悸、めまい、胃もたれなどで悩んでいましたが、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の女性です。 長いこと、肩、首のこり、動悸、めまい、胃もたれなどで悩んでいました。 この方の知り合いに同じような症状の方がいました、その方が漢方薬で良くなったと聞いて来店されました。

15日分の漢方薬を服用して、症状をお聞きしたところ、肩、首のこり、動悸、めまいなどの症状は改善してきました。 まだ、胃は変わらないとのことです。 さらに15日分をお出ししましたが、その漢方を服用し終わる頃には、胃の具合も良くなったとのことです。 漢方薬はその後も服用していますが、日ごとに体調は良くなっているそうです。

バセドウ病で不妊治療を受けていましたが、漢方薬を服用して体調が良くなり、妊娠、出産することができました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

31歳の女性です。 結婚して3年になりますが、妊娠したことはありません。 病院ではバセドウ病と診断されています。 生理周期は28日~29日ですが、病院では排卵しにくいと言われました。 普段から動悸、息切れ、イライラ、便秘などの症状があります。 漢方薬を併用して、妊娠しやすい身体作りがしたいとのことでした。

症状を詳しくお聞きした上で、甲状腺の働きを調え、妊娠しやすい身体作りができるような漢方薬をお出ししました。 漢方薬の服用を始めてから、ご来店のたびに動悸や息切れ、イライラなどが明らかに改善してきました。 3カ月目からはご主人も服用を希望されたので、強壮効果が期待できて、精子の状態が改善できるような漢方薬をお出ししました。 その後、5カ月後に妊娠、そして元気な男の子を出産されました。

慢性中耳炎からくる耳だれ、耳出血などの症状が漢方で改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

70代の女性です。 昔から中耳炎を繰り返していました。 耳だれがいつもジクジクと出たり、耳からの出血があります。 また、耳が痛くなることもあります。 長いこと耳鼻科へ通院していますが、良くなってもしばらくすると再発を繰り返します。 漢方薬で体質を改善して、再発しないようにしたいとのことでした。

この方には、症状をお聞きした上で身体の免疫力を高め、中耳炎の症状が和らぐような漢方薬をお出ししました。 1カ月の服用で、耳だれが少なくなってきました。 耳からの出血もおさまっています。 漢方薬の服用を始めて3カ月、耳だれ、出血、耳の痛みなどの症状が全くなくなったとのことでしたので、漢方薬の服用を中止しました。 その後は、中耳炎の症状もなくなり体調もとても良いそうです。

逆流性食道炎からくる胃痛、むかつきが漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の女性です。 夜中から明け方にかけて、胃の痛みとむかつきで目が覚めるようになりました。 市販薬を買って服用しましたが良くなりません。 病院で検査をした結果、逆流性食道炎と診断されました。 処方された薬を服用しましたが、胃痛もむかつきも続いています。 また、最近は下痢や軟便が続くようになって、悩んでいるとのことでした。

症状をお聞きしたところ、日ごろからかなりストレスをためているようでした。 そこで、ストレスを和らげ胃腸の機能を調えて、逆流性食道炎が改善できるような漢方薬をお出ししました。 1カ月の服用で、胃痛はなくなり楽になったそうですが、むかつきや下痢が変らないとのことです。 処方を変えてさらに1カ月分をお出ししたところ、身体が温まりむかつきや下痢、軟便などの症状も落ち着いてきました。 その後は、逆流性食道炎の症状はほぼ改善しましたが、体調が良いので漢方薬は継続していきたいとのことです。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。