天山堂薬局の体験談

TEL:03-5333-1590
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-31ー3

検索結果:148件中16件から30件まで表示

舌の腫大などの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、30代、女性 舌の腫大が気になります。 倦怠感、無力感があります。 お腹が冷え、脹って苦しく、あまり食事が食べられません。 軟便気味です。

胃腸虚弱と冷えが不調につながっていると考えられました。 胃腸虚弱と冷えの状態を考慮して、この方の体調体質に合う漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から3ヶ月で体調不良に変化がありました。

耳鳴りの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、80代、男性 耳鳴りがあります。 今までに、色々と病気をしてきました。 耳鳴りは、セミが鳴くような音でかすかに聞こえます。 耳鳴りが何年も続いています。 頭のふらつきやめまいがあります。 イライラしがちで、なかなか眠れません。 腰や膝がだるく、痛みます。 口が乾き、手足がほてります。

既往歴があり、高齢にもなられ、腎陰虚タイプの体質の不調が出ていると考えられました。 「腎」の状態を考慮して、耳鳴りの改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から3ヶ月で耳鳴りが改善してきましたが、更に良くなるように服薬を続けています。

不眠症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、女性 不眠症です。寝付きは普通ですが、寝てから夢を頻繁に見てしまい、2~3回は夜中に目が覚めます。 眠れないので、朝までウトウトしていることもあります。 脂っこいものや、甘い物を多く食べます。 胸が苦しく、痰が多いです。 吐き気がしたり、実際に吐いたりすることもあります。

脂っこいものや甘いものを多く食べる習慣が体質に影響して、不眠症の主な原因となっていると考えられました。 不眠症の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ヶ月で不眠症が改善しました。

ニキビの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、30代、男性 ニキビがあります。 ニキビは口の周りに、多くできているが、背中や胸のあたりにもあります。 ニキビの頂点が黒くなっています。 脂っこいものや味の濃いものを多く食べています。 熱感があり、口が渇いて冷たいものを多く飲んでいます。 便秘気味です。

食習慣による「胃熱」がニキビの主な原因と考えられました。 食事の内容を少しづつ変えていただきながら、「胃熱」の状態を考慮して、便秘とニキビ改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から4ヶ月で、ニキビが改善し減ってきました。 にきび跡や肌のキメを整えるため、漢方薬の服用を継続しています。

肩の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、男性 肩が上がりません。 元々息切れ、動悸、胸の苦しさで、何年も悩んでいました。 肩の痛みもあり、夜になると痛みが強くなり、眠れません。 手も腫れて痛みます。

「血脈」と「通絡」を考慮して、痛みの改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 徐々に体調が良くなり、痛みが改善して肩が上がるようになりましたが、動悸や息切れが少し残っているため、現在も漢方薬の服薬を続けています。

疲労倦怠感の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、男性 疲労倦怠感があります。 体が重く感じ、力が入りません。 腹が脹って苦しいです。 食欲がわかず、あまり食べていません。 いつも軟便気味です。 尿量が少なく、排尿回数は1日に3回くらいです。

疲労によって「脾」が衰える「脾虚」の状態となり、体内に「湿」が停滞したことが主な原因と考えられました。 「脾胃」の働きと「湿」の状態を考慮して、疲労倦怠感の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ヶ月で疲労倦怠感が改善しました。

全身の皮膚の痒みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、60代、男性 全身の皮膚の痒み 皮膚が乾燥しています。 皮膚が痒いので、寝ている時などいつの間にか皮膚を搔きむしって、血が出てかさぶたになっています。 動悸がして、よく眠れません。 頭がふらつき、目がかすんでいます。

「血」が皮膚を栄養できていない、血虚タイプの体質の不調が考えられました。 「血」の状態を考慮して、皮膚の痒みの改善を重点とする、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月で皮膚の痒みが改善しました。

足の浮腫みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、男性 足の浮腫みがあります。 浮腫みは、腰から下が酷いです。 足を押すと、なかなか形が元に戻りません。 尿は、量が少なく、排尿回数は日中に2回、夜間に1回くらいです。 みぞおちの下がはっています。 食欲がなくなり、軟便気味です。 手足が冷たく、体の全体がだるいです。 数年前に倒れて、大きな手術を受けたことがあります。

大きな病気をして入院生活をしていた頃から、特に「脾」の働きが衰えと考えられました。 「脾」の状態を考慮して、むくみの改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ヶ月でむくみが改善しました。

手のふるえの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、女性 手のふるえがあります。 右手がふるえ、力が入らず、調理器具を持てません。 お腹が脹って、軟便気味です。 体の全体が疲れているように感じ、食欲がわかないです。 ほとんど食べていません。

「脾胃」の働きと手の震えを考慮して、この方の体調体質を整えるような漢方薬をお勧めし服用していただきました。 また、必要な栄養が摂取できるように、消化が良い食材選び、簡単な調理方法、食事内容を工夫していただきました。 漢方薬を服用して6ヶ月でふるえが気にならなくなりました。

みぞおちの痛みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、男性 風邪を引いた後に、風邪の症状は良くなったてきたが、微熱が続いています。 みぞおちが脹って痛みます。 吐き気がして、下痢と便秘を繰り返しています。 胸脇部が脹っていて苦しいです。

「気」の巡りの不調が主な原因だと考えられました。 みぞおちの痛みや吐き気、下痢と便秘の改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から4ヶ月で痛みが改善しました。

肥満の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、男性 肥満があります。 食事量が多いです。 甘い物や脂っぽいものを多く食べます。 痰がよく出ます。 お腹が苦しくなります。 体が重く、だるいです。

長年の食習慣により、「脾」の働きが衰え、「痰湿」が体内に溜まってしまったことが主な原因と考えられました。 食事内容に気をつけていただきながら、肥満改善を重点とした漢方薬を服用していただきました。 漢方薬の服用から5ヶ月で肥満が改善しました。

糖尿病の方の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、女性 糖尿病があります。不眠症です。 尿の量が多く、濁っていて、排尿回数が多いです。 手足がほてります。腰がだるく、力が入らないです。 耳鳴り、めまいがして、夜はあまり眠れません。

腎陰虚タイプの体質の不調が考えられました。 糖尿病の状態を考慮して、不眠症改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 不眠症は改善してきています。 漢方薬の服用は、続けています。

冷え症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、30代、女性 冷え症があります。 手足が冷えて、冷たいです。 体が痛み、寒く感じます。 お腹が冷えて痛みます。 めまいや動悸がして、眠れないことが多いです。 生理の経血の量が少ないです。

元々の血虚タイプの体質と寒さが主な不調の原因と考えられました。 冷え症の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から6ケ月で冷え症が改善しました。

鼻の痒みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、20代、女性 鼻が痒いです。くしゃみが出ます。 黄色で粘りがある鼻水が出ます。 咽が痛み、頭痛もあります。 咳が出ます。

「肺」と鼻の状態を考慮して、鼻の調子を整えることを重点とした、この方の体調体質に合う漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から4ヶ月で鼻の痒みが気にならなくなりました。

糖尿病の方の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、60代、女性 糖尿病があります。 体重が43kgくらいで、痩せています。 食欲があり、たくさん食べます。 口が乾き、冷たい飲み物を多く飲みます。 排便は3日に1回です。便秘で薬を服用しています。 みぞおちのあたりが痛み、げっぷが出ます。 歯ぐきが腫れて痛みます。 辛い物や甘い物を食べます。 イライラしがちです。

胃腸の不調と体液の不足が影響して、不調につながっていると考えられました。 胃腸の不調と体液の不足を考慮して、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用を始めてから7ヶ月で体調が整ってきたと感じています。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品