天山堂薬局の体験談

TEL:03-5333-1590
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-31ー3

検索結果:148件中1件から15件まで表示

腹痛の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、20代、男性 腹痛が続いています。 疲れていたり、空腹になると痛みが増します。 お腹を温めると、少し痛みが落ちつき楽になります。 手足がだるく、体に力が入りません。 下痢気味のことが多いです。

胃腸の働きが弱く、お腹が冷えてしまっていることが不調の原因と考えられました。 お腹の冷えを考慮して、腹痛の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から3ヶ月で腹痛が改善しました。

げっぷの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、50代、女性 げっぷが出ます。 食事は好き嫌いがあります。 仕事の都合で、食事の時間が不規則になりがちです。 外食が多いです。 げっぷが頻繁に出ます。 胸が痞えて苦しいです。 食欲がわかないです。 尿は色が濃く、便秘が続いています。

食習慣が原因で、胃腸の消化吸収の働きが衰え、食物が胃腸に留まってしまっている「食滞」による不調と考えられました。 胃腸の状態を考慮して、便秘とげっぷの改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から3ヶ月でげっぷが改善しました。

のどの痛みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、男性 のどの痛みがあります。 のどに強い痛みがあり、のどがつまります。 嚥下がしづらいです。 お薬の剤形によっては、呑み込みづらさを感じる場合があります。 のどの粘膜は赤くなり、腫れています。 熱が頻繁に出て、頭痛がします。

体の熱の状態を考慮して、喉の痛みの改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から4ヶ月でのどの痛みが改善しました。

疲労倦怠感の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、50代、男性 疲労倦怠感があります。 全身がだるく、力が入りません。 元気が出ないです。 体が重いです。 胸や腹が脹って苦しいです。 食欲がわかないです。 軟便気味で、尿量が少ないです。 仕事がきつく、食事が不規則になりがちです。

仕事での疲れや長年の食習慣から、胃腸の働きが衰えている「脾虚」の状態となり、蓄積した「水湿」が全身倦怠感をもたらしていると考えられました。 「脾虚」と「水湿」の状態を考慮して、全身倦怠の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から5ヶ月で全身倦怠が改善しました。

生理痛と冷え症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、20代、女性 冷え症で生理痛があります。 生理中や生理後に下腹部が冷えて痛みます。 手足や背中も冷えます。 腰がだるく痛みます。 生理の出血量は少なく、生理周期は遅れることが多いです。 尿量は多いです。

「腎陽虚」タイプの体質の不調が考えられました。 お腹を温めることを考慮して、生理痛と冷え症の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から5ヶ月で生理痛と冷え症が改善しました。

めまいと頭痛の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、女性 めまいと頭痛があります。 ぐるぐる回る感じの回転性のめまいがします。 頭が張るような感じがして痛み、重いです。 吐き気がして気持ちが悪く、食欲がありません。 手足や体がだるいです。

「脾胃」の働きの衰えによる「痰湿」などが体調不良につながっていると考えられました。 「脾胃」や「痰湿」などの状態を考慮して、めまいと頭痛の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月でめまいと頭痛が改善しました。

頻尿の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、女性 頻尿です。 尿の色は薄くて、量が多いです。 手足が冷えます。 頭がふらつきます。 腰や膝がだるく、力が入らないです。

高齢となり、「腎虚」タイプの体質の不調が考えられました。 「腎」の状態を考慮した頻尿改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月で頻尿が改善しました。

疲労倦怠感の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、50代、女性 疲労倦怠感があります。 元気が出ないです。疲れやすいです。 少し動くと息切れがします。 体がだるく、力が入りません。 めまいや立ちくらみがします。 脱肛で長く悩んでいます。

消化機能を含めた胃腸の働きが弱くなっている「脾気虚」の状態で、全身が養われないために、元気が出ないなどの不調や疲労倦怠感につながっていると考えられました。 また、「気虚下陥」と言って臓器を支える力が弱くなっていることも、脱肛の症状が長く続いていることにつながっていると考えられました。 胃腸の働きを考慮して疲労倦怠感の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から4ヶ月で疲労倦怠感が改善しましたが、この状態を維持できるように、漢方薬の服用を続けていただいています。

不眠症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、30代、男性 不眠症です。 寝付きが悪く、眠れても眠りが浅く、目が覚めます。 酒をたくさん飲みます。 疲れやすいです。 イライラします。 胸脇部が脹って苦しいです。

飲酒量が多いことが体調不良につながっていると考えられました。 飲食の習慣を見直していただきながら、不眠症の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めして服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月で不眠症が改善しました。

頭重や頭痛の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、60代、男性 頭重や頭痛があります。 頭が重くて痛み、締めつけられている感じがします。 手足がしびれます。 体全体が重く、だるいです。 雨が降ったり曇ったりしていると、頭が一層重く感じます。 食欲がわかないです。 排尿の回数が少なく、尿量も少ないです。 便は軟便気味です。

頭重や頭痛の原因と考えられる体調体質を考慮して、頭痛の改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から4ヶ月で頭痛が改善しました。

皮膚の痒みの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、70代、女性 皮膚が乾燥して痒く、掻いてしまって血が出ます。 動悸がして、頭がふらつきます。 夜はよく眠れません。 目がかすみます。

「気」と「血」が不足した状態で、「血」が皮膚を十分に栄養できていないことが不調につながっていると考えられました。 「血」の状態と潤いを考慮して、皮膚の痒みの改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から6ヶ月で皮膚の痒みが改善しました。

アレルギー性鼻炎の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、女性 アレルギー性鼻炎があります。 何年も鼻炎が続いています。 薄い鼻水が出ます。 くしゃみが頻繁に出ます。 風邪を引きやすいです。 足腰がだるく、力が入りません。

「肺」と「腎」の働きの衰えが体調不良の主な原因と考えられました。 「肺」と「腎」の状態を考慮して、アレルギー性鼻炎の改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月でアレルギー性鼻炎が改善しました。

生理不順の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、20代、女性 生理不順があります。 仕事が大変で、疲れています。 しかし、疲れていても、眠れないことが多いです。 生理の出血量が多く、経血の色は淡いです。 頭がふらつき、動悸がします。 体がだるく、力が入りません。 便は軟便気味。食欲がわかないです。

過労が体質に影響して、不調が出ている状態と考えられました。 そして、月経血の出血量が多くなり、「血」の不足状態になっているとも考えられました。 「脾」と「心」と「血」の状態を考慮して生理不順改善を重点とした漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から6ヶ月で生理不順が改善しました。

むくみの漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、40代、女性 むくみがあり、何年も続いています。 お酒を飲んだ後に、特にむくみます。 お腹と下肢の皮膚のむくみが酷いです。 全身が重だるく、頭が締めつけられているように重く感じます。 胸が苦しく、吐き気がすることが多いです。 尿量は少ないです。

元々「脾胃」の働きが弱い脾気虚タイプの体質があり、飲酒や食習慣の影響で「水湿」が体内に停滞し排泄されず、不調につながっていると考えられました。 「脾胃」と「水湿」の状態を考慮した、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から4ヶ月でむくみが改善しました。

不眠症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様、60代、男性 不眠症です。 仕事や家庭内に心配事があり、夢を見て目が覚めやすく、眠れません。 動悸がして、胸があつ苦しいです。 頻繁に口内炎ができます。 尿量が少なく、排尿痛があります。

心労が不調の主な原因になっていると考えられました。 心労の状態と尿量が少ないこと考慮して、不眠症と排尿痛の改善を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から5ヶ月で不眠症が改善しました。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品