クスリのらくだ の体験談

TEL:04-7125-3227
住所:千葉県野田市花井1-21-18

検索結果:54件中1件から15件まで表示

「乾燥肌からくる全身のかゆみ」 ― 70代男性の体験談 ―

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

全身のかゆみでお悩みでしたが、らくだにご来店後1週間後に改善傾向になられた、70代男性の体験談です。 =============================== 2年前から全身がかゆい。今は背中が特にひどく掻いて赤くなっている。お肌の乾燥感もあり季節の変わり目に悪化。 近くのクリニックで塗り薬をもらうが全然よくならず、その後皮膚科に2か所かかったが治らないとの事。 その後当店にご来店になられました。 ===============================

らくだでは生活習慣改善のアドバイスと漢方薬をお勧め。 漢方薬服用1週間後にはかゆみが減り2週間ほどで赤みが減ってきたとお喜びでした。

10年以上改善しなかった白内障・飛蚊症

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

■飛蚊症・内障 50代 女性 20年以上前から水晶体がにごり白内障の気があると診断され、15年前から通院し眼科で目薬を処方されているとのこと。 飛蚊症は、10年以上前に診断されて、半年前から悪化しているとご相談を受けました

目は細い血管の集まり。その細い血管にきれいな血液がいきいきと流れる事で健康な目が保たれます。 朝食がトースト・ヨーグルト・チーズ・果物だけ、といった様な血管を詰めてしまう食事内容を改めること、その上で目を養う漢方薬等を飲んで頂く事にしました。 すると2週間後、飛蚊症の黒点の数が半分以下に感じた、との事でした。

頭の締め付けやふらつきが良くなった!

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

頭の締め付けやふらつき 60代 男性 若いころから頭がふわふらした感じがあったのですが、昨年(平成29年)11月中旬の朝、天井がぐらぐら回り、ふらふらしながらやっとトイレへ。脂汗も出るとの事。 脳神経外科で検査異常が無かった様です。 12月8日に耳鼻科へ。前と同じベタヒスチンとセファドールを出され、飲み続けるが調子が悪いと年末にご相談にご来店されました。

漢方を服薬しはじめてから直ぐに回復傾向がみられ、1月6日で全快とのお言葉を頂きました。 「困っている人がいたら紹介するからね」 と嬉しい一言も。早期回復されてよかったですね。

下剤でスッキリしなかったお通じがスッキリ!

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

ここ最近便秘で悩んでいるとご来店。 お芋やゴボウ・カボチャを食べているのですが、下剤でようやく出る感じで、出た時もスッキリとした快便感が得られないとの事。 その上ガスが溜まるので辛いとご相談にいらっしゃいました。

らくだでは腸内環境の改善をお手伝いをさせて頂きました。 食物繊維と善玉菌の補給で、翌日には「いつもよりはいい感じでスッキリ出た」とお喜びでした。 2週間後にもお通じ順調との事でよかったねと喜び合いました。 よかったね。

【60代・女性】イネ科のアレルギーからくる咳・頭重が改善しました

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

2年前からイネ科のアレルギーと診断される。 一時押えのクスリを処方されて飲むとよくなるが、再発しないように体質改善をしたいと、らくだにご相談にお見えになりました。

食事で不足しているミネラルと、肺腎の働きを良くする漢方薬を続けていただいたところ、夜間にトイレに立つのもなくなり、頭重もおきなくなったと大変お喜びに。 食事や睡眠に気を付けながら継続されてました。

辛かった目の乾き・口の乾きが気にならなくなったよ!

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

当店のお客様で、改善された後も健康維持にと当店を定期的にご利用されていた方のお話です。 今年(平成26年)の8月頃から目が乾き、テレビを見ていると痛いので通院してらしたそうです。 ですが、病院で処方された目薬を付けてもシックリ来なかったようで・・・ 最近は口も乾いて話しにくくもなり、どうしたものかとお困りのご様子でした。

分泌線が衰えて涙や唾液が正常に出なくなる人が加齢と共に増えています。 らくだでは分泌線が元気に働くよう自然治癒力のお手伝いをさせて頂きました。 漢方薬を服用して12日後には「テレビを見ていても痛くなくなり、口も気にならない」とご報告を頂きました。 本当によかったですね♪

O脚の痛みで通院しても治らなかった

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

去年から膝が痛く、O脚になっている。今年はさらに痛みもひどくなり、通院しているがなかなか治らない。 痛くて立ちあがれない、草取りも出来ない、何しろ痛くてひざを曲げられない、とご相談にみえられました。 【70代 女性】

自然治癒力も加齢で低下しているのではないかと考えました。お身体に合った漢方などを服用。 「数日後には、私にあっていると感じました」とのことでした。

更年期かな?と思っていた肩の凝り・疲れ・扁桃腺の腫れ

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

更年期で首肩のひどいこり・疲れが抜けない。扁桃腺が腫れて痛み、抗生物質を飲むと治るがすぐ再発。5年以上繰り返しているとのこと。 通院してブレマリンなどを飲んだら薬があわず、そこで紹介された科でデバスを出されて飲んだが、仕事に影響し中止された様です。

らくだでは、お身体に合った漢方などでお手伝い。 毎日服用し、20日後には「からだに自信がついてきました。喉も大丈夫です」とのことでした。

膝が痛くて曲げられない状態でしたが漢方のおかげで改善

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

だいぶ前から股関節がカクカクして痛く、また膝も痛くて曲げられないとのことで、漢方のご相談にお見えになられました。

漢方は「血」の巡りが改善されることなどを考え、お体に合ったものをおすすめしました。 翌年に入ってしばらくのち、股関節の痛みが楽になり、その1ヶ月には痛くて曲げられない状態だった膝の痛みが改善し曲がるようになったと大変お喜びに。 さらなる改善などのため漢方を継続されています。

2~4日に1回のがんこな便秘で長い間悩んでいた

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

長い間2~4日に1回位のがんこな便秘で悩んでいる。トイレも30分ぐらいかかってしまうこともあり、その都度お尻が痛いとのこと。 便秘薬は癖になりそうで、飲んだことはほとんどないと漢方のご相談に来られました。 30代 女性

冷え性や便秘に良い漢方など飲んで体を整えることに。 服用して約1ヶ月。その後、ほとんど毎日お通じがあり、余り時間もかからなくなったとお喜びでした。

いつまでも元気で生活したいという願いが漢方でかなって

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

いつまでも元気で生活したい。 これからも楽しみなゴルフも続けたいので、何か自分のからだに合った漢方をを飲んでみたいとご相談に。 【60代 男性】

いつまでも元気で生活したいとのことで、自然治癒力アップに大切な食事のバランス、早寝早起、プラス思考などをできるだけ実行し、アルコールも休肝日があるといいねと申し上げる。 その上で、普段の食生活などのライフスタイルにあわせて、体に必要なものを補う漢方等を続けて頂く。 最近は体力もアップし、足の痛みもなくゴルフができるとお喜びに。

薬を飲まないとじん麻疹がおさまらない状態でした

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

2人目の出産後からじん麻疹が出て通院して2年余り。薬を飲むとおさまるが、飲まないと2~3日であちこちがじん麻疹でかゆくなるご様子。 医師に相談するとお薬(ジルテック)を続ければ大丈夫といわれたそうです。 「じん麻疹の出ないからだになれないだろうか」と、らくだに漢方相談してみたとのこと。 【30代 女性】

予算も限られているので、食事にも充分気をつけながら、らくだの漢方など2品飲んで頂きました。 2週間でじん麻疹が出なくなり、うれしくてらくだに電話で報告して下さいました。

かかとの痛みがありましたが、漢方でひどかった痛みが改善したよ!

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

足の裏が痛み通院している。特にかかとの痛みがつらいとのこと。 かかとの痛み止めの塗り薬やビタミン剤などを利用するが、2~3ヶ月後にはだんだんかかとの痛みがひどくなり、つかまって歩くようになる。 「一度らくだに足の裏のことを漢方相談してみよう」とご来店される。 【60代 女性】

かかとの痛みで悩んでおられましたが、内臓の働きを良くするような漢方などを飲んで頂きました。 1ヶ月後には元気になってかかとの痛みが大分良くなり、生活に困らないまでに回復されました。

左手親指の付け根の腱鞘炎

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

左手親指の付け根が痛み、腱鞘炎で2年余り通院する。注射をしたり、電気を当てたり、シップしたり、痛み止めを飲んだりいろいろやってみたが治らず、持病になって一生治らないんじゃないかと。 でも親指付け根の痛みをあきらめる前に、もしかしたららくだに左手腱鞘炎の漢方相談をすれば、と立ち寄った。 【50代 男性】

左手親指の付け根の腱鞘炎は内臓疲労もあるのではないかと言われ、漢方などを飲んでみることに。 まだ漢方を始め1ヶ月にならないが、だいぶ親指の付け根の痛みが良くなった。 そして五十肩・耳の聞こえも良くなり、漢方を継続中。

体力の衰えを感じたが仕事を続けたいと思い、漢方を

(クスリのらくだ 千葉県) MAP

若い頃は無理をして仕事した事も多かったが、40歳を過ぎた頃から体力の衰えも感じるようになる。 元来、仕事が好きな方なので、体力が衰えた今でも生涯元気で仕事を続けたいと考えていた。 そこで体力の衰えには漢方が良いのではと考え、漢方の相談に伺った。 【70代 男性】

体力の衰えを感じていたが、カラダの作りを良くする様「補腎」と「血」の巡りを良くするような漢方などを服用し続けている。 また70代でも仕事を続けたいと思っており、漢方のお蔭で今も仕事ができるカラダにも感謝している。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。