「運動率検索キーワード」での検索結果

検索結果:187件中1件から15件まで表示

漢方薬で体調を整えていたら、二人の子宝に恵まれました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

初来店はご主人が37歳、奥様が36歳の時でした。 結婚して3年経過しましたが、妊娠できていません。 病院での検査では、ご主人は精子の運動率が基準値より低く、奥様は子宮筋腫が数ヶ所にあり生理痛が強く経血量が多いとのことです。 相談の結果、ご夫婦で漢方薬を服用していただくことになりました。 ご夫婦の希望は、なるべく自然妊娠を目指したいとのことです。

服用後は、お二人とも体調が良いとのことです。 ご主人は以前より疲労倦怠感が改善し、奥様も生理痛が軽くなって経血の量も徐々に適量になっているとのこと。 7ヶ月後に自然妊娠。 その後も、漢方薬は体調管理のために継続していただき、元気な男の子を授かりました。 出産してからも、体調を整えるために、体調に合わせて漢方薬を服用していただきました。 そして、2年後に再び妊娠。 今度は、可愛い女の子を授かりました。

体調を整えていたら精子の運動率も上がりました

(天明堂薬局 栃木県) MAP

現在、不妊治療中です。 病院の検査では、精子の運動率と量に問題があり、人工授精を行っていますが、まだ結果が出ていません。 自分で色々試しましたがあまり効果を感じなかったので、漢方で体調を整えることにしました。

漢方を試して体調を整えだしてから体調不良も気にならず、精子の量も運動率も数値がかなり上がりました。 それ以外は特に生活習慣を変えたりもしていないので、ビックリしています。 安心して服用できています。

寒河江市から子宝相談。漢方で体調を整えていたら妊娠出産され二人目のご希望も。

(土屋薬局 山形県) MAP

今日は午前中に寒河江市より3年ぶりに不妊漢方相談後に妊娠出産で子宝に恵まれたお客様が来店されました。 1番最初のご来店は平成27年の2月5日の時でした。当時お客様は32歳。 地元の婦人科で不妊症の検査、子宮卵管造影検査をしてきましたとの事でした。 生理の2日前にイライラする。ニキビや吹き出物は生理前には出ません。 初潮12歳 月経周期28日 月経期間7日間 生理痛は初日、2日目にあります。 月経期間中に…

漢方薬は2種類お勧めしました。 養血調経と体を整えるような漢方薬です。 2月25日にその後生理が来ましたが生理中も体が冷えずに体がポカポカして調子が良いとの事でした。 もう少し漢方続けていきたいとのこと。子宮卵管造影検査は病院に通っていました。 主人の精子検査は少し精子の数と運動率が悪かったけども大丈夫だと言われました。 その後は漢方を続けてちょうど平成27年、その年の6月に妊娠が分かったそうです。 女のお子様で大きく生まれて3,500グラムを超えていて体がしっかりして丈夫で助かっているそうです。お子様は2歳を過ぎました。今は元気に保育園にいっています。 今回先週に残念ながらその後いちど流産があったと言うことで体作りをしっかりしていきたいと言うことでした。 そこでやはり以前にお世話なった土屋薬局で子宝漢方相談を再開して漢方の服用を始めていきたいとのことでした。 その客様のお姉様も、土屋薬局で子宝漢方相談で体調を整えていたら妊娠出産されたそうです。 お客様は現在食欲もあり、通じもいい、とのことで、じっくりと体作りをして2人めを目指せるようなゆとりのある体調へ整えていきます。 最近は寒河江市や大江町、朝日町からの客様も増えています。 お客様の今後の二人目の妊娠を願ってこの話終りにします。

男性不妊の悩み 20代 顕微授精に備えて

(さつま薬局鹿児島本店 鹿児島県) MAP

精液量・精子濃度・精子運動率が基準値を大きく下回る数値であるため、顕微授精をする予定。不妊治療前に少しでも良い状態になるように、漢方薬で体調を整えたい。

漢方薬3ヶ月服用後、体調が整い良好な状態が続いていた。顕微授精をしたところ精液検査の数値も好転しており、、成熟卵5個採卵→受精5個→1個新鮮胚移植、2個胚盤胞凍結。新鮮胚移植は陰性だったが、1回目の凍結胚移植で陽性反応。その後、胎嚢確認。

pcosと診断されましたが、病院治療と漢方併用で赤ちゃんを授かることができました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

ご主人は30代、奥様は20代です。 結婚6年目です。 奥様は、不妊クリニックでPCOSと診断されました。 生理周期は35日~40日です。 一度妊娠しましたが、9周で流産した経験があります。 今まで不妊治療をしてきましたが、漢方薬も併用したいと思い来店したとのこと。 また、ご主人も検査をうけたところ、精子の運動率が悪いとのことでした。

来店当初から、ご夫婦で漢方薬を服用したいとのことでした。 漢方薬を服用し始めてから、ご主人は疲れにくくなってきたそうです。 検査では、精子の運動率も好転してきました。 奥様も生理痛が楽になり、生理前のイライラなどもなくなってきました。 しばらく、クリニックでの不妊治療は休んでいたのですが、別の病院で治療を再開、受けることにしたそうです。 その後に、二度目の体外受精で妊娠、女の子を授かったとの連絡をいただきました。

病院治療と併用で夫婦で漢方を飲み、体質体調改善に成功して妊娠も

(誠心堂薬局 津田沼店 千葉県) MAP

婦人科でタイミング療法と人工授精を行いましたがうまくいかず、体外受精を勧められました。 せっかく体外受精をするなら、その前に体を整えておこうと誠心堂で漢方を飲むことにしました。

漢方で体を整えて体外受精に臨んだところ、一度目は着床がうまくいかず失敗。 二度目は病院で質の良い卵が採れましたと言われ、移植したら成功!体調のちがいによる妊活への影響を実感しました。 焦る気持ちもありましたが、担当の先生のアドバイスや励ましから気長に続けてみようという気持ちになれました。 精子の運動率が悪かった夫にも漢方を選んでもらって夫婦で体調を整えたのも妊娠に結びついた要因のひとつかなと思いました。 何より夫婦一緒だったので心強かったです。 今まで何度も検査薬の陰性反応を見てきたから、陽性反応が出た時は夫と泣きながら喜びました。

40歳を目前にして不妊治療。病院治療に漢方併用で2か月半で妊娠しました。

(幸栄堂漢方薬局 大阪府) MAP

2年近く不妊治療をおこなってきた女性です。人工授精を何回か実施してもなかなか妊娠しません。 もうすぐ40歳、ということで漢方薬も試したい、と来店されました。 39歳 女性

生理の周期が45日前後と長く、ホルモン剤を使っても排卵がうまくできない状態でした。 3種類の漢方薬を服用をしていただきました。 ご主人も精子の数や運動率がやや少ない状態でしたので、漢方薬をいっしょに服用していただくことにしました。 1か月服用したところ、生理周期が35日ほどに整いはじめ、人工授精を行う目的で婦人科で排卵誘発剤も併用しました。 その周期は15日目あたりで体温も上昇し、うまく排卵したようで、人工授精ではなく自然妊娠を試みたところ、見事に妊娠成功。 ご本人も「こんなに早く、自然に妊娠できるなんて」と喜んでいらっしぃました。 安定期に入るまでは気を付けて、なるべく安静に、とお伝えしています。

精子の運動率が悪いことでお悩み、体調が整い妊娠につながりました!

(いわい薬局 埼玉県) MAP

ご主人の精子状態が悪い 結婚後7年35歳 ご主人35歳 何回か検査しても精子の運動率が10%前後、タバコも1日20本位吸っていました。

妊娠してすぐに感謝の気持ちを伝えなければと思ったのが岩井先生でした。 妊活は、決して優等生ではありませんでしたが、岩井先生の一言一言にとても励まされ、もう少し頑張ってみようと、いつも勇気づけられました。 結果、病院では自然妊娠は厳しいと言われていた私たちですが、無事に自然妊娠することができ、今年の2月に元気な男の子を出産することができました。 今は慣れない育児に奮闘中ですが、それまでの思いを糧に前向きに頑張っていこうと思っています。 岩井先生には、体だけでなくメンタルな部分も支えていただき、それが自分の中で大きな力になりました。 本当にありがとうございました。

二人で妊活に取り組みました

(誠心堂薬局 津田沼店 千葉県) MAP

人工授精をしてもうまくいかず、主人も運動率や濃度が良くないと言われていたので、病院治療に併用して2人で漢方を飲んでみることにしました。

最初は体質を整える漢方と言われ、体に余分なものが溜まっている傾向があったので、体内をきれいにすることを目的にしました。 漢方を始めて4か月くらいすると生理周期によって漢方を調整してくれるようになりました。 漢方を始めて1年くらいしたところで久しぶりに受けた人工授精で妊娠することができました。 ちゃんと体質は良くなっていたのかなと思います。 たまたまかもしれませんが、その時の主人の結果も良かったので漢方のおかげかな、と思っています。

漢方薬で体調を整えていたら、二人の子宝に恵まれました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

始めて来店されたときは、ご主人が36歳、奥様が29歳でした。 結婚して7年になりますが、妊娠したことはありません。 不妊クリニックで検査を受けたところ、ご主人の精液量と運動率が、基準値よりも低いとのこと。 奥様はプロラクチンの値が高いとのことでした。 体調面ではご主人は疲労が、奥様は生理前の胸のハリやイライラがきになるとのことです。 ご夫婦の希望は自然妊娠ですが、先々妊娠できなければ、人工授精や体外受精もやむを得ないと考…

漢方薬で体調を整えたいとのことです。 相談の結果、ご夫婦ともに漢方薬を服用していただくことになりました。 漢方薬を服用し始めて、ご主人は以前より疲れにくくなって、元気になってきたそうです。 奥様は、生理前のイライラや胸の張りが以前に比べて軽くなってきました。 4ヵ月後に自然妊娠。 その後も漢方薬で体調を整えていただき、かわいい女の子を授かりました。 また、嬢さまが2歳になったころから、再度漢方薬で体調を整えたいたところ、二人目のお子様も授かりました。

妊娠がわかった時には驚きでした

(誠心堂薬局 津田沼店 千葉県) MAP

子宝に恵まれず何か悪いところがあるのではと思い、主人と一緒に婦人科で検査を受けました。 私は生理周期は整っていたのですが生理痛が酷かったので、私に何か原因があるのかと思っていたのですが、検査で病気は見つかりませんでした。 ただ主人の方が精液検査で濃度が極端に低く、運動率も良くはない状態。 自然妊娠不可ではないが、体外受精や顕微授精が推奨されるような状態。 主人はまさか自分に原因があると思っていなかったようで、その時…

漢方は体調が良くなるまでに少し時間がかか方が多こと、 漢方で体を整えて、それから病院治療の力を借りる方も多いこと、 担当の先生から伺いました。 ご相談したところ、夫婦で取り組むことをオススメ頂き、一緒に漢方を飲みました。 漢方を飲んで良くなったと思うのは生理痛が改善したことと、生理の血に混じる塊のような物が減った気がします。 主人はあまり体調の変化は感じなかったようでしたが、漢方を始めて半年したくらいのところで精液検査に改善がみられました。 精液検査の改善により人工授精から始めても良いかもと医師からお話があり、人工授精を行おうかと思っていたところで、私の妊娠が判明しました。

漢方薬を服用して、二人の子宝に恵まれました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

最初に来店した時は、ご主人が40歳、奥様が35歳でした。 結婚して5年経つそうですが、妊娠したことはありません。 不妊クリニックで検査を受けたところ、奥様は問題なかったのですが、ご主人の精液量や運動率の数値が悪かったそうです。 人工授精を5回受けましたが、妊娠したことはありません。 クリニックで体外授精を勧められていますが、その前に、漢方薬で体調を整えたいとのことです。

症状をお聞きしたところ、ご主人は疲れやすく精力減退気味、奥様は冷え性で生理前になるとイライラするとのことでした。 相談の結果、お二人で漢方薬を服用していただくことになりました。 3ヶ月の服用で、ご主人は元気になり精力も回復してきました。 奥様も、冷え性や生理前のイライラが改善してきたとのこと。 その後、一回目の体外授精で妊娠、無事に元気な男の子を授かりました。 出産後も、漢方薬を服用していただきましたが、翌々年にかわいい女の子を授かりました。

41歳初来店後体質改善を頑張って3か月半で、妊娠判明

(漢方のオリーブ堂 いづろ電停前 鹿児島県) MAP

精子の運動率少なく、肥満ぎみで、冷え性。ポリープの手術後で、不安。顕微授精予定でした。41歳という年齢も心配。

漢方薬を2月からしっかりのんでいたら、体が温まってきて、温灸も併用して、いい感じになり、顕微授精して成功。インスタント食品もやめて、充実した食事になりました。冷たいものも控えています。

高プロラクチン血症が改善して、赤ちゃんを授かりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

ご主人は37歳、奥様は35歳です。 結婚してからなかなか妊娠できず、ご夫婦で検査を受けたそうです。 ご主人は、総精子数と運動率が基準値よりも低いことが分かりました。 奥様は、高プロラクチン血症と言われたそうです。 奥様はテルロンを処方されましたが、吐き気などの副作用があり、服用は止めています。 ご夫婦で話し合った結果、漢方薬を服用して体調を整えようということになりました。

初めから、お二人で漢方薬を服用したいとのことでした。 ご主人は標準的な体形ですが、やや疲れやすいそうです。 奥様はイライラしやすく、生理前になると胸が張って痛いとのことでした。 食事や日常生活について、いくつかアドバイスをさせていただきました。 その3ヶ月後に、妊娠したことがわかりました。 妊娠してからも、奥様は漢方薬を服用して、体調を整えていただき、無事に元気な赤ちゃんを授かりました。

漢方薬を服用してご主人の精子の状態が改善。体外受精が成功して妊娠しました。

(幸栄堂漢方薬局 大阪府) MAP

2年前から不妊に悩んでいらしたご夫婦。 病院でご主人の精子の検査を行ったところ、精子の量や運動率がかなり悪い状態でした。 体外受精を行うにしてもご主人の体の状態を改善することで妊娠率を上げたい、と漢方薬を希望して来店されました。 43歳男性

生殖機能は「腎」が司っています。 精子の量や運動率が低いということは腎を補うことが必要です。 この方は40歳代であることや血圧もやや低め。身体も冷えやすいことなどから腎を温めて補う漢方薬をお勧めして、しばらく続けていただきました。 4か月ほど服用を続けた後体外受精を試みたところ、奥様が妊娠されました。 10か月後に無事女の子を出産されました。 もう一人お子さんをご希望のため、再度ご主人は漢方薬の服用を始められました。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。