「花粉検索キーワード」での検索結果

検索結果:654件中1件から15件まで表示

腰から上、首までの発疹が、漢方薬で大きく改善しました。

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

「腰から上、首までの発疹で、赤くなって痒い。2年半ぐらい前から始まった。 夕方から痒みがひどくなる。掻き始めるとさらに痒みが増す。飲んでいるの は血圧の薬だけ。杉の花粉に反応する。 今はまず体の赤みと痒みを治したい」というご相談でした。

この方は背中とお腹が真っ赤で痒みもあったので、清熱解毒作用のある漢方 薬と、腸の状態を改善する漢方薬を一緒に飲んでいただくことにしました。 初めのころ、皮膚が乾燥してポロポロ剥けましたが、20日以後は赤みも引 き、痒みも無くなりました。その後数日経って少しだけ痒みが出ましたが、 すぐ消え、それ以後は赤みも、痒みも全く出なくなりました。

辛い日光アレルギーによる皮膚の症状が漢方のおかげで改善しました!

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

「40代前半の女性です。かなり重い日光アレルギーで悩んでいます。一度は良くなったのですが、2年前に再発。最近はすぐに赤くなり、ブツブツと出て痒くなる。出てから2~3時間経てば治ってくるがそれまでがけっこう辛い。花粉アレルギー、金属アレルギー、そばアレルギーなどもある。日焼け止めを塗っても、2~3分で真っ赤になりアレルギー反応が出てくる。」と言うご相談でした。

この方は日光アレルギーを始め多くのアレルギーをお持ちの方でしたので、胃腸の機能を正す漢方薬などをお飲みいただくことにしました。 3週間後、6週間後のご来店時には変化らしきものはありませんでしたが、3ヶ月後にご来店いただいた時には「肩に日光が当たると少し痒くなるが、腕には当たっても症状が軽くなった。」とおっしゃっていました。その後3ヶ月間漢方薬をお続けいただき、休薬となりました。

頑固なヒザの痛みが、当店の漢方薬をつづけたら、痛みが減って改善してきました。

(髙木漢方 神奈川県) MAP

66歳     女性 ヒザの痛みが半年前から続いている。 痛みが疼く。 正座はできない。 ヒザを折り曲げるのがつらい。 かかとをつまむとひどく痛む。 歩くことはできるが、長くはもたない。 病院のレントゲンやMRI検査によると、半月板が少し損傷していて、炎症が広がっているとのこと。 頭痛もち。 寒がり。 花粉症あり。 既往症として、心房細動があった。

何とかならないかと、ご相談にみえた。 当店の漢方薬を飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。 「ヒザの痛みが、引いてきたので、びっくりした。」 「漢方薬がここまでいいとは、思わなかった。」 当店の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。 「ヒザの痛みが引いてきたので、正座が出来るように戻った。」 「足腰に力が入るようになった。」 「当店の漢方薬は、良く効いたので、しばらくは続けたい。」 と喜ばれた。

花粉症の症状が改善❗

(ドラッグおおがき東畦店 岡山県) MAP

60代女性 春と秋の2回、花粉症に悩まされます。鼻炎薬を飲むと眠くなるなど副作用に悩まされるので、ドラッグおおがきに相談する事に。

飲み薬を出して下さいました。飲むと花粉症の症状が改善❗ しかも眠気等の副作用がありません。 秋の花粉症の時期も服用しようと思います。 ありがとうございました。 ドラッグおおがきお客様の声❗

「漢方とスキンケアで、ステロイドとプロトピックをやめられました。」

(ウエマツ薬局 埼玉県) MAP

61歳の秋から、唇がひどく荒れて、手、足、首、足に湿疹ができ始めました。 3年間、手などにはステロイド、顔は半年後からプロトピックを塗っていましたが、顔はかゆくてなかなか寝つけず困っていたところ、知人から漢方で体質改善して楽になった話を聞いて、ネットでウエマツ薬局を知りました。

漢方薬を飲み始め、スキンケアや食事の指導のおかげで半年後にはステロイドとプロトピックをやめる事が出来ました。また、秋にゆで落花生を毎日食べていたところ、手と足に湿疹が出てしまいましたが、漢方の塗り薬で痒みをおさえることが出来ました。 その後、花粉症で顔に湿疹が出たりしますが、漢方でおさまります。ウエマツ薬局に来て1年3ヶ月ですが、今は耳たぶと手の指の間が少し痒いのと、汗かぶれが出たりしますが、とても体が楽になりました。

10日前から一日中止まらない咳。漢方薬を3日間飲んでピタリと止まりました。

(幸栄堂漢方薬局 大阪府) MAP

10日前から咳が出始め一日中止まらない、と来店されました。 咳とともに黄色い鼻水も出て、鼻づまりもある。鼻水が喉に回るのか咽がイガイガとして機関に痰が詰まる感じがする。という症状です。 病院の薬をできれば飲みたくない、ということなので、漢方薬をお勧めしました。 40歳代女性

この女性はアレルギー体質があり、花粉の時期に時々このような症状が出るそうです。 アレルギー反応によって肺に熱がこもり、それによって咳や黄色い鼻水、鼻詰まりを起こしています。 肺の熱を取る漢方薬や熱と水分を代謝させる漢方薬などをお勧めしました。 「3日ほど服用しただけで症状がスッと消えた!」ととても喜んでいただきました。

顏の赤みも漢方で治まりました!

(いわい薬局 埼玉県) MAP

30代女性 元々皮膚が弱く、アトピー体質を持つ女性。 大人になってからも化粧品を変えたときに赤みが出たり、花粉の時期には痒みが出たり、と肌トラブルは日常茶飯事だったようです。 今回はレジャーに出た際に日光の紫外線を浴びたことで、顔の赤みが強く出てしまいました。

元々の肌質と現在の症状を考慮し、炎症を鎮めるタイプの漢方薬をご提案。 まずは2週間程様子を見ていただきました。 2回目のご来店では赤みはだいぶ落ち着き、ご本人も納得されているご様子。 ただ、まだ完全に赤みが治まったわけではないこと、また、元々の皮膚の弱さを改善することを目的に少しの間お薬を継続いただくご提案をしました。

辛かった日光アレルギーが漢方で改善しました。

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

41歳女性。 「日光アレルギーを治したい。日に当たるとすぐに真っ赤になり、ぶつぶつとしてかゆくなる。2~3時間経てばだんだん痒みも治まってくるが、それまでが辛い。 日焼け止めを塗っても2~3分で痒くなる。アレルギーは日光だけでなく、花粉、金属、蕎麦などもある。果物を食べても喉が痒くなる。最近とても忙しく、眠る時間も少ない。疲れと共に悪化している気がする。漢方で治せますか。」と言うお話でした。

この方はお仕事が忙しく、眠る時間も1日4~5時間しかありません。子供も3人いるのでそちらにも手がかかり、それもストレスになっています。血圧も低く、体力もあるとは言えません。この方にお出ししたのは、健脾薬などです。すぐに効果が出るとは思っていませんでしたが、15日目、30日目と変化はありません。45日目になりまず変ったのは、疲れをあまり感じなくなったことでした。3ヶ月たったころ日光に当たってもほとんどアレルギーが出なくなりました。

花粉時期の酷い皮膚の痒みが改善されました。

(一陽館薬局 奈良県) MAP

花粉症でご相談に来られた30代の女性のお悩みは、この時期の皮膚の痒みが酷いということでした。 特に目の周りの痒みが酷くて、掻きすぎて、タダレてくるぐらいとのこと。 皮膚のバリア力を高めることが大事とお話して、漢方薬と痒みを鎮める生薬が配合されたクリームをご案内しました。

1週間後、再びご来店されて、漢方薬とクリームで痒みがかなりマシになったと喜んでおられました。 漢方薬を飲むと、すぐに痒みが引いていくのがわかるとおっしゃっていました。 花粉の時期は、しばらく続けるということです。

花粉症シーズンに入ってから突然全身にブツブツが出て痒くてつらい。

(漢方の和歌ノ浦薬局 大阪府) MAP

元々アレルギー体質で花粉症シーズンに入って、突然全身にブツブツが広がってとても痒い。加えて花粉症の症状である透明な鼻水が出て目が痒いということで、7日分漢方薬をお出ししました。

半月後、ブツブツが減って痒みも軽くなった気がするのでまた同じお薬をくださいと来店されました。もう少し伺うとお薬が切れてからまた症状が出だしたとのことでした。これは効果が出ている可能性が高いので続けていただくことにしました。GW明けまでは飲んだ方が良いかも知れないですね。

今年の花粉症は薬いらずでした

(ファインエンドー薬局 千葉県) MAP

毎年花粉症による症状がひどいが、妊娠を希望しているので、今年は化学的な薬を飲まずになんとかしたい 漢方でよいものはないか?という30代女性

その時すでに花粉シーズンに突入していたのですが、試しにと1週間分を購入され 飲んでみると、すぐにも鼻の具合が良いのがわかり、さらに1か月分をご購入 結局今シーズンは、漢方薬のおかげで病院薬は使わずにすみました。

病院の薬が効かない喘息が漢方薬で改善されてとても楽になりました。

(幸栄堂漢方薬局 大阪府) MAP

大人になってから喘息の症状が出始め、病院で「アレルギー性の喘息」と診断されていらっしゃいます。 普段から当店の漢方薬を服用いただいているので、時々咳をするくらいでゼイゼイ喘鳴や息苦しさはあまり感じません。 ただ毎年4月~5月頃になると花粉なのか黄砂なのかに反応して喘息の発作を起こされます。 一日中咳が止まらず息苦しい。 今年も発作が起きそうになったため、早いうちに症状を治めようと来店されました。 40歳代男性

普段から、肺の熱を取って咳を止める漢方薬、喉の辛さを緩和させる漢方薬などを服用していただいています。 喘息発作が起きた時には、咳を止めて肺の熱を取る漢方薬、便を出やすくして身体の熱を取りやすくする漢方薬などを加えて服用していただきます。 今回も発作の症状が出かかった時点でそれらの漢方薬を服用したために、大きな発作は起こさずに1週間ほどでいつもの状態に戻りました。

3ヶ月目にはじんましんが改善し、じんましんが出ない体になりました。

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

花粉等の影響もあったのだと思いますが、ある日突然じんましんが出る様になり、その日から毎日必ずじんましんが出る様になりました。 耐え難い痒みと、全身に大きなみみず腫れが出来てしまい、皮膚科に行き抗ヒスタミン剤をもらい毎日飲みましたが、インターネットで検索すると10年以上抗ヒスタミン剤を飲み続けても良くならない方もいて、とても不安な毎日でした。 とにかくじんましんを治したいという事と、子宝相談についてと同時に検索した…

何を食べてもじんましんが出る様になり、布団に入って眠ろうとしてもじんましんが出て、とにかく耐え難い痒みと一生続くかもしれない不安が大きい中、アドバイザーの方からすすめられた漢方を飲みました。 それと同時に甘いものを食べる事をやめました。 2週間目くらいから症状が徐々に楽になり、3ヶ月目にはじんましんが改善し、じんましんが出ない体になりました。 私にアドバイスをしてくださった方は、ただ漢方をすすめるだけでなく、その他にも何をすれば更に改善出来るかをきちんと説明してくださる方でしたので、本当に助かりました。 アドバイザーさんに出会えていなければきっと今でも抗ヒスタミン剤を飲んで不安な毎日を送っていたと思います。 今迄お世話になった漢方アドバイザーの方とも異なる素晴らしいアドバイザー様に心から感謝いたします。 ありがとうございました。

春先になると水鼻で悩んでいた花粉症が漢方薬のおかげで楽になりました

(健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店 神奈川県) MAP

30代の女性 春先になるとティッシュ箱が手放せなくなるので つらいと漢方相談を受けました お正月気分がやっと抜けた頃、 水鼻と鼻閉の両方が出現するので、 とても憂鬱になるそうです 鼻の通りを良くするもの、体を元気に強くするもの、 そして鼻のムズムズ感が楽になる漢方薬を1週間分ご購入頂きました

1週間後 「鼻汁が少し減って頭がすっきりした」とご報告を頂きました 楽になったのでゴールデンウィークの頃まで、続けたいと1ヶ月分ご購入 今までの食生活を変えること (冷たい飲食、コーヒー、アイスクリーム、フルーツ大好き)を合わせてお伝えしました 扶正する漢方と袪邪する漢方薬が身体のバランスを整えつつあると思います 楽しいゴールデンウィークが過ごせるように見守りたいと思います

花粉症に伴う鼻づまりと鼻水と目のまわりのカユミが、当店の漢方薬のおかげで改善してきました。

(髙木漢方 神奈川県) MAP

56歳     女性 毎年、花粉症になる。 鼻水、鼻づまりが酷い。 目のまわりが赤くなり、すごくカユイ。 スギとヒノキとハウスダストに反応する。 市販の鼻炎薬などを試しているが、胃腸が弱いために、吐き気やダルさが出てしまう。

花粉症の症状に良く効き、眠くならず、胃腸に優しい漢方薬はないかと、ご相談にみえた。 当店の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。 「鼻水が減ってきて、目の周りのカユミが半減した。」 「胃腸には負担が出ていないし、眠くもならない。」 さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。 「鼻づまりが取れてきて、目の周りの赤みがほとんどなくなって、カユミも落ち着いている。」 「髙木漢方(たかぎかんぽう)でおすすめした漢方薬は良く効いたので、体質改善のために、しばらくは続けたい。」と喜ばれた。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。