「花粉検索キーワード」での検索結果

検索結果:520件中1件から15件まで表示

長引いていた痔(じ、ぢ)が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治ってきました。

(髙木漢方 神奈川県) MAP

48歳 男性 3か月前から、肛門部の疼痛に悩まされている。 病院では、痔だといわれている。 病院の座薬を使用しているが、時々、激しい疼痛が襲ってくる。 花粉症もち。 血圧が高め。 仕事が、フォークリフトの運転なので、ほとほと困っている。

友人も痔で悩んでいたが、当店の漢方薬で治ったとのことで、ご相談にみえた。 髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。 「飲み始めて、1週間くらいしたら、奥からのうずくような痛みが、減って来た。」 さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。 「痛みをほとんど感じなくなった。」 「こんなに効くのなら、もっと早くに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめていたかった。」 と喜ばれた。

花粉症の体調維持に助かっています!

(一陽館薬局 奈良県) MAP

最近は、秋にも花粉症が起きるようになり、困っていました。

私の場合は、春よりも症状が軽いので、朝きちんと服用して出かければ、かなり効果が続きます。 外出時は必要に応じて、頓服で利用しています。

44歳高齢。FSH高く卵巣機能低下。不妊漢方で体調が整い、自然妊娠、出産!

(土屋薬局 山形県) MAP

こんにちは。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 本日は嬉しいお話、FSHが高くて、卵巣機能低下。 卵巣年齢が高かったお客様の不妊症の子宝の漢方相談で妊娠、ご出産のお話を掲載させて頂きます。 初めての漢方相談  ○4月25日 44歳 お子様 一人   1度流産の悲しい経験があります。 その後2008年に妊娠し、2009年1月末に元気な男の子が無事生まれました。 二人目も何とか…と、年齢のこともあり焦っ…

○6月8日  陽性反応かもしれない。FSHは2・8まで下がりました。つわりもあり、吐き気、疲れる。 ○6月16日 妊娠反応でした!血液検査で4~6週目です。漢方は妊娠中にも飲める漢方。 ○11月21日 6か月目になりました!女の子と分かり、上が男の子でしたので嬉しいです。 ○4月13日 「大変ご無沙汰いたしております。漢方相談をさせていただいたものです。報告がだいぶ遅くなってしまったのですが、2月の朝に無事に元気な女の子を出産しました。生まれてみると、あんなに小さかったのにドンドン大きくなって、赤ちゃんの生きようとする力に改めて感動しています。今はにっこり笑って、赤ちゃん語でお喋りするのが大好きです。」

めまいが漢方で改善しました!

(土屋薬局 山形県) MAP

60代、男性のお客様です。 農業、果樹です。 ちょうど初来店が6月27日で「さくらんぼ」で忙しい季節でした。 知り合いの同じ農業を生業とされている方からのご紹介でした。 「耳鳴り、めまい」が漢方相談の目的です。 「耳鳴り」は3年前から、めまいは昨年ごろから始まりました。 「耳鳴り」はとくに「きっかけ」は無かったそうです。 ブーン、ブーンという耳鳴りの音。 賑やかなところにいれば「耳鳴り」は気になりま…

その後の7月13日にめまいの漢方の再度のご来店。 「続けて漢方飲んでみる」とのことでした。 そして今日の8月2日。 「めまい」が止まりました! 目の焦点が合っていないぐらいの「めまい」でした。 運転するときの「めまい」が一番つらかったそうです。 「耳鳴り」は変わらずだそうです。 静かなときが気になります。 賑やかなところ、人と話している時には「耳鳴り」は気になりません。 いまはサクランボが終わって今度は「桃」で忙しいそうです。

後鼻漏(蓄膿)が漢方で楽になりました!

(土屋薬局 山形県) MAP

山形県東根市の土屋薬局です。 みなさまお元気ですか? 50代女性の方です。 7月1日が初めての漢方相談。 後鼻漏(蓄膿)の漢方相談でした。 今年の1月に風邪をひいてから具合が悪くなりました。 のど→鼻水 鼻水は少し粘り気がある。 鼻水は鼻から外に漏れないで、後に落ちていきます。 抗生物質では「お腹がゆるくなります」 1月に2回耳鼻科に通院、3月も通院したのですが、抗生物質でどうしてもお腹の調子がス…

今日の8月2日のご来店です。 「後鼻漏の漢方薬を服用している間は調子が良かった」そうです。 以前からの「おなかの張る感じ」は続いているそうです。 今日は、そこに前回の「後鼻漏」の漢方薬2種類にプラス、お客様にメリットとプラスすると後鼻漏が楽になる可能性が高いことをお伝えして「後鼻漏の漢方薬でスッキリさせるもの」を更に1種類追加でお勧めでした。 次回、後鼻漏がもっと良くなっているといいですね!

慢性気管支炎、痰、咳が良くなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

70歳 男性 慢性の気管支炎で痰と咳が中々治まらず、漢方で体質を変えていきたいと来店されました。 今まで色々病院に行ってこられたそうですが、良くならなかったそうです。 痰が黄色くて、喉が苦しくなって夜も眠れなくなることが多いそうです。 元々、肺が弱くすぐに風邪を引いたり花粉症が酷くなるそうです。

中国医学的に『肺脾両虚』、『痰熱鬱肺』の状態と考えられます。 その為、肺や胃腸機能を強化していく漢方、身体に溜まっている痰熱を解毒していく漢方をお渡ししました。 2週間ほどして、痰が減ってきて夜は眠れるようになってこられました。 2ヶ月ほどして、咳や痰が減ってだいぶ楽になってこられました。 夜は自然に眠れるようになってこられました。 体調が良いため、もうしばらく続けて頂いております。

50才台女性。起床後の目ヤニとドライアイが中成薬で改善。

(健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店 神奈川県) MAP

50才台女性。 通年性アレルギー性鼻炎、花粉症をお持ちで、最近、起床後、目ヤニが多く出ます。 「一日中パソコンとにらめっこなので、ドライアイがすすんできた様に思う。」とのこと。

50才というお年頃、女性ホルモンの分泌が激減し、閉経を迎える時期。これ以降は、「腎」の充実はさることながら、老化のスピードを緩めるために、あらゆる事に気を配る必要があることをお話しさせていただき、頓服としてお使いになる中成薬を含めて2種類おすすめしました。 服用1か月後の感想を伺いましたところ、「何となく良いみたい。」と続けて頂きました。現在、3か月間の服用になりますが、眼科で良くならなかった目ヤニが、出なくなりました。服用は、継続していただいています。

花粉の季節がこわくなくなりそうです

(陽花莉薬局 埼玉県) MAP

一年中鼻がムズムズして医者の処方薬が手離せませんでした。市販薬は鼻やのどの粘膜がかわいてしまい、しんどかったのですが、鼻のムズムズをほおっておくと咳ぜんそくになってしまうので、仕方なく飲んでいました。

4月からお薬を飲み始め、多少ムズムズすることもありますが、のどや鼻が渇いてしまう事もなく、おだやかに過ごせるようになりました。

漢方って正直あまり期待していませんでした。

(女性のための漢方薬局琉華 沖縄県) MAP

<40代 女性> これまでに体験したことないレベルの花粉症の症状がでました。   花粉症とは20年以上のつきあいなのですが、今までで初めてのレベルです。苦笑 そこで山本先生に相談しました。

すぐに漢方を飲み始めて、翌日には、かなり鼻が楽になりました。   翌々日には、すっかり良くなりました。   最初に山本先生から、西洋の薬に比べると効き目はおだやかです、と伺っていたので正直あまり期待はしていませんでした。   でも西洋の薬は、飲むと眠気がおそってくるし、とてものどが渇き、話をすることすら苦痛になってしまうので、効き目がおだやかでも漢方がいい、と思いました。   漢方は、眠気がおそうこともなく、口の中も乾かないので、とても楽でした。   今回また漢方のファンになりました。   やはり、体にやさしいんだな、と思います。   そして、治すのではなく、改善するのだと思っています。   山本先生にはこれからもマイドクターとして、体の不調があるときは頼りにさせていただきたいと思っています。   これからもどうぞよろしくお願いします。   いつもありがとうございます。

アレルギー性皮膚炎で困っています。

(尾崎漢方薬局 香川県) MAP

 季節の変わり目になると、目の周りや首、腕などが赤くかぶれて困っていました。  特に目の周り・頬などは、赤くかぶれてかゆみまで伴い、腫れてきます。  そこで、皮膚科にも通いましたが、年々ひどくなってきました。また、花粉症時期には、より一層ひどくなることから、漢方薬で体質改善をしてみようと思いつき、相談しに行きました。

 漢方相談は初めてでしたが、何でも話せて、疑問点や困っていたことの原因を詳しく説明してくださるので、とても安心して漢方薬を飲むことができました。  そして、赤みが落ち着いたのは1週間後で、比較的早かったと思います。  また、かぶれは外用のローションとオイルを使いながら鎮静化できました。  かゆみに関しては、食養生も必要ということで、今までになく気をつけるようになりました。その結果、肌の状態はすこぶる良くなり、喜んでいます。これから、漢方で体質改善をして、季節の変わり目のアレルギー症状を撃退したいと思っています。

朝が自然に起きられるようになってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

30代 女性 いつもからだが疲れやすく、病院に行っても検査を受けても異常がないため、どうしたらいいのかわからず、漢方で体質を変えていきたいと来店されました。 少し動くと動悸がしたり、目眩、立ちくらみが起こりやすいそうです。 寝付きが悪く、良く夢をみて目が覚めることが多いそうです。 風邪も引きやすく、花粉症も毎年酷くなるそうです。

中国医学的に『心脾両虚』の状態と考えられます。 その為、体力や血液を補っていく漢方を中心にお渡ししました。 1ヶ月ほどして、目眩、ふらつきが起こらなくなり疲れもかなりマシになってこられました。 2ヶ月、3ヶ月、半年と続けて頂いて、そういえばいつも朝が起きれない状態でしたが、自然に目が覚めるようになり体調もとてもいいそうです。

長年のアレルギー性鼻炎が漢方薬のおかげで今年は出なくなった。

(ノムラ薬局 兵庫県) MAP

 30代後半の男性  「社会人になって 毎年この春先になるとスギ花粉だと思うのですが、花が乾燥して痒くなり目も痒くなります。ちょっとした刺激でくしゃみが何回か出て あと鼻水がたらたら流れます。それの繰り返しです。神経を使う仕事でこんな状態だと何も集中できず 毎日が気だるくて困っています。市販の薬だと眠気が来て車の運転も怖いし、漢方薬で根本治療をしたいのですが良い漢方薬はないですか?」と言われました。

 くしゃみ、鼻水、目の痒みなどの症状を早く楽にしてくれる漢方薬は頓服で飲んでいただき、鼻や目、のど、口の粘膜を強化し花粉やウィルスをやっつけてくれる漢方薬を夏も冬も毎日、2年ほど飲まれました。すると今年はほとんどトラブルがありません。「根気よく飲んでよかった。」と言われました。

目眩、ふらつき、貧血が良くなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

30代 女性 半年ほど前から貧血、目眩、ふらつきがひどく体がとても疲れやすい状態のようです。 最近37~38度の微熱が続いており、体調が思わしくないそうです。

中国医学的に『気血両虚』の状態と考えられます。 その為、体力や血液を補う漢方をお渡ししました。 1ヶ月ほどして、微熱が下がり、目眩、ふらつきが良くなっているという報告を受けました。 かなり元気になり、余裕がでてきているそうです。 日中にぼーっとしたり、食事のあとの睡魔が起こらなくなり喜ばれております。 2ヶ月、3ヶ月と続けて頂いて、今年は花粉症が全然出なくて調子がいいと喜ばれております。 体調がいいため、続けて頂いております。

1年間苦しんだ気管支炎が漢方薬のお陰で改善しました!

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

昨年の2月に風邪をひき、その後咳と痰が続いています。 病院で気管支炎と診断され治療を受けていましたが、一向に良くならず、白い大量の痰が出て、咳を伴い苦しくなります。 のどが圧迫されている感じがして、息切れで苦しい。声も出しずらい状況でした。

家族が見かねて漢方薬を勧められました。 漢方薬を飲み始めて3日くらいで声が良くなり、以前の自分の声になりました。 体調も徐々によくなり、痰と咳も少なくなって行きました。 春になり花粉症もあるので現在はくしゃみ、鼻水の漢方薬に変えてもらって飲んでいますが、症状も落ち着いていてよい感じがしています。

漢方は期待を裏切りませんでした。

(いずみ薬局 石川県) MAP

子供の頃から肌が弱く、かぶれやすい体質です。 顔の湿疹が治らず漢方を始めました。スキンケア-を重視されるお店なので、早く効果がありました。点数をつけるとしたら80点はとれるのですが、85点がとれないんです。十分に満足しているのですが、より良くなりたいんです。 では、他に何か良い方法があるかというと、コレといった方法や店もなく・・・毎月3万以上かけていましたが、予算面で少しづつケチりながらも続けていました。

冬の間は乾燥が厳しくて、なかなかよくなりませんでした。温かくなってきてから、肌の調がグ-ンと良くなりました。元々花粉症があったのですが、症状が全くでなくなりました。 今まで悩んできた脂漏性湿疹、酒さが確実に治ってきています。95点つけられます。 今、改めて思える事は「続けて良かった」事です。もしあの時浮気していたら、悪化していた可能性が高いです。花粉症が治ったのもおそらく漢方のおかげだと思います。 何度も折れそうになりました。ほぼ諦めていたのですが「継続は力なり」です。皮膚のバリアってここまでやらないと、出来上がらないのだと、今になってやっとわかった次第です。 約2年かかりましたが、ほぼ完治できたと思います。有難うございました。そしてこれからも宜しくお願いします。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。