「自律神経検索キーワード」での検索結果

検索結果:509件中1件から15件まで表示

自律神経失調症からくる頭痛や肩こりが、改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

40歳の女性です。 一年前から、頭痛、肩こり、吐き気、めまい、不眠などの症状が出始めました。 近所のクリニックへ行ったところ、自律神経失調症と言われたそうです。 薬が、身体に合わなかったので服用を中止しました。 仕事のストレスもかかっていたので、一時的に仕事休んだそうです。 その後、改善したので仕事に戻りましたが、再発して同じような症状がでています。

漢方薬を服用して、元気に仕事をしたいそうです。 お話をお聞きすると、仕事では管理職についていて、毎日過剰なストレスを受けているとのこと。 この方には、ストレスを和らげて、自律神経のバランスの乱れによる症状を改善する漢方薬をお出ししました。 2ヶ月の服用で、頭痛や肩こりなどは改善してきました。 さらに、服用を続けることで、吐き気やめまいなども落ち着いてきたとのことです。

動悸・不安感・吐き気…ストレス性疾患の漢方用例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

40代女性 会社員 2年ほど前から、動悸、胸の苦しさ、不安感、下痢、手足の痺れ、吐き気などに悩まされるようになった。 原因は不明だが、仕事が多忙であり、お休みを十分にとれない時期が続いていたこと。職場の人間関係にストレスを感じていたことなどが考えられる。 その他、子宮筋腫や内膜症もあり、月経過多、生理痛も重いため婦人科には長年通っている。 これまで西洋医学での治療を続けてきたが、なかなか体調が安定しない為、他…

相談の結果、気血の巡りを整える漢方薬を中心に自律神経の乱れからくる症状の改善を目指すプランをご提案。まずは二週間お試しいただきました。 また、日頃の食生活の改善やストレスの発散法もアドバイスさせていただき、全面的に体質を修正する方法を検討しました。 2週間後… 症状はあまり変わらないが、生活習慣を見直し、今までよりも気持ちは穏やかに過ごせている。 1ヶ月後… なんとなく?以前より各症状が軽減されている?ハッキリとした変化ではない。→薬を少し見直しご提案。 2が月後… お薬を変更してから症状に変化が出てきた。動悸や不安感が無くなった訳ではないが、以前よりも軽減されている。 3ケ月後… 体調は徐々に安定していたが、ここ数日は目眩や腹痛が続いている。→お薬を変更。 4ヶ月後… 調子の良い日もあるが、気候の影響などもあり、不良な日も多い。

皮膚の痒みと口唇炎の漢方症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

30代 女性 会社員 数カ月前より、肌の痒みが続いている。原因はおそらく、新しい化粧品を使ったことがきっかけ。(元々、肌は弱い方) また、ここ最近は口唇炎を繰り返しておりステロイドを使用。(ピリピリ感が強く唇が腫れてしまうことも) この他、ストレスに弱く動悸がして寝付けない、手足の痺れ感、心因性頻尿、下痢などの症状も気になるとのこと。 お仕事は問題なく出来るが、皮膚の炎症や口唇炎は人目も気になり、何とかした…

相談の結果、皮膚の炎症を抑える漢方薬、自律神経の症状を和らげる漢方をご提案。また、皮膚炎やアレルギー症状を悪化させない為の食養生などもアドバイスさせていただきました。 2週間後… 皮膚の痒みはまだあるが、唇の症状は落ち着いている印象。動悸はしなくなった。 4週間後… 皮膚症状は一進一退の状態。連休中に旅行に行ったこともあり食生活は乱れ気味。ただし、気持ちは安定している 2カ月経過… 口唇炎はその後、出なくなっている。夜の眠りも以前より良い。頻尿の回数も減った。 現在3カ月目…皮膚の痒みはまだゼロになっていませんが、服薬前と比べると調子が良いとのこと。唇も腫れなくなったので、人目も気にならないとのご感想を頂きました。

安心して通勤できます

(誠心堂薬局 津田沼店 千葉県) MAP

以前電車の中で急に体調が悪くなり、その後電車に乗ると体調が悪くなったことを思い出しておなかが痛くなり、酷い時には下痢してしまうようになってしまいました。 下痢止めや整腸剤でその場しのぎでなく、この症状を根本的に解決できないかと思い漢方を試しました。

自律神経のバランスの乱れからくる症状を改善する漢方を選んでくれました。 徐々に下痢で下車する回数も減ってきて、今ではまったく問題なく電車に乗れています。 会社に遅刻するとか仕事にも支障が出ていたのでとても助かりました。

3回の流産を乗り越えて無事出産

(誠心堂薬局 津田沼店 千葉県) MAP

結婚してから流産を2回経験。不妊専門の病院に通いましたが、焦りなどストレスを感じていました。年齢のこともあり、これでダメならあきらめようという気持ちで誠心堂に相談しました。

漢方を飲み始め1ヶ月後に妊娠しましたが、まだ体が整っていなかったのか流産してしまいました。その後も漢方を飲み続けると、自律神経の乱れからくる症状やひどい生理痛も徐々に改善し、肩こりも軽くなりました。 妊娠後に切迫流産の危機もありましたが、入院中も電話でアドバイスをもらったり、漢方を飲み続けていたのが良かったのか、どうにか乗り切れました。3回の流産を乗り越え、ようやく授かった赤ちゃんなので、楽しみながら子育てをしようと思います。

ストレス性蕁麻疹の漢方相談

(いわい薬局 埼玉県) MAP

60代 男性 自営業 一カ月半程前から、1日2回程、蕁麻疹による痒みに悩まされる。 主にはお腹、二の腕やモモ裏など、柔らかい部分に赤みを伴うミミズ腫れのような痒みが出現し、時間が経つと自然と消える。 原因はハッキリとしないが、半年前に奥様を亡くされ、食生活は不規則(お酒の量も増えた)。ストレスも絡んでいる可能性が高い。 現在は抗アレルギー剤に加え、血圧のお薬も使用中。血液検査では肝機能の低下と血糖値がやや高めで…

相談の結果、自律神経の乱れによる症状、アレルギー症状を改善する漢方薬をご提案。 また、毎晩のお酒を少しでも減らすことと食生活の改善策を実行できる範囲で一緒に考えてみました。 2週間後… 変化は少しではあるが、お腹に症状が出づらくなった印象。お酒の量も幾分減らしている。 1ヶ月後… 症状はまだ出るが、痒みが気にならない日が増えてきている。 現在は漢方服薬2カ月目です。今回の体質改善をきっかけに、健康的な食生活や体に良い習慣を身につけ、痒みだけでなく、血圧や肝機能の修正につなげていただくことを願っています。

まさか私が1か月で-4キロ!恐るべし漢方!

(悠伸堂薬局 愛知県) MAP

結婚後生活が変わり徐々に太っていき、48キロだった体重がなんと66キロまで増加してしまいました。更に30歳を超えて色々挑戦するも痩せず、体質から変えなければと近くの新しくできた近く漢方薬局の悠伸堂さんにお世話になりました。 更にストレスも多く2日に1日は寝付けずの日々を過ごしていました。

生田先生は熱心に私の状況を伺ってくれ、説明もわかりやすかったです。先生からは「冷えていて、代謝するためのボイラーの力が弱いこと」「ストレスから自律神経が乱れバランスの乱れが睡眠や食欲に影響している」などいろいろ教えていただけ痩せない現状が変わる希望が持てました。睡眠が悪かったのもホルモン的に太るといわれたのは衝撃でした。今では寝れないのも1週間で1日ほどに! 食生活や簡単な運動も教わり、全然辛くないダイエットなのに1か月で4キロも体重が落ちました!! 現在62キロ目標の50キロまで生田先生のもとで頑張ります!

全身の冷えがひどく、気温の変化に体がついていかなかったのが漢方で楽になりました。

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

ストレスを感じやすく些細な事でイライラしたり、うじうじ悩んでしまいます。生理前になるとイライラ、異常な眠気、だるさにおそわれます。ずっと寒い所で働いていたので自律神経失調症になり異常に寒がりで全身が冷えています。気温の変化に体がついていきません。漢方で体質改善したいと思い相談しに来ました。

漢方を飲んだら冷えがとても楽になりました。生理前のイライラも無くなりました。些細な事でイライラしたり、うじうじ悩んでいたのがイライラする事もうじうじ悩むことも無くなりました。

自律神経の乱れ 頭のふらふら 寝つきが悪い 食欲がない 全部半年で良くなりました

(ウエマツ薬局 埼玉県) MAP

71歳 女性  140㎝ 40kg 8か月前に膝を痛め、仕事に行かなければ、というジレンマで頭痛が起こり、食欲がなくなり、心療内科にかかった。次第に薬が強くなって食べられなくなった。入院を勧められた。 眼の奥が重くはっきりみえない。頭がふらふらする。みぞおちが盛り上がってくる。睡眠導入剤を飲んでも眠れない。 舌:少し赤い 乾燥している 白い苔

この方は小柄で胃腸が弱く、くよくよしやすく、まじめです。また年齢による心の弱りがあり、膝が痛むなど「腎」の弱りもあります。「腎」とは老化に関係があります。 心と腎と胃腸を丈夫にして気の巡りを良くする漢方薬を3週間ごとに調節していきました。 始めは胃腸の調子が治らず、効き目ははっきりしなかったのですが、半年たつ頃、急に元気になってきました。 今では嘘のように明るく生き生きしておしゃべりに来店されています。

ストレスが原因と思われる不調が改善した漢方相談事例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

40代 女性 会社員 一年半ほど前から職場での不安感、気分の浮き沈み、眉間や頬の赤み(赤面症…会話をするだけでも顏の赤みが強まる体質は元々あった)が気になる。 仕事ではプレッシャーを感じる場面が多く、ストレスを感じている自覚がある。 職場は立ち仕事で、頭がボーっとすることや熱感、クラっとすることが多い。しゃがんで会話をすると息切れと顏が圧迫されたようなうっ血感がある。 20代の頃にはパニック障害や不安障害を経験し…

相談の結果、自律神経の乱れが原因の症状に対応する漢方薬(煎じ薬)をご提案。半月様子を見ていただきました。また、念のため、症状を悪化させる可能性のあるカフェインを含む飲み物なども控えて頂くなど、食生活の改善も含めアドバイスさせていただきました。 2週間後… 1日中立ち仕事が続くことが多かったが、顔の赤みや圧迫感が軽減。立ちくらみなども半分以下に減った気がする。 1ヶ月後… 熱感や上半身の張りは残るものの、意味なく不安を感じることがなくなった。 疲れが溜まると頭痛を感じることはあるが概ね良好。

狭心症?パニック障害?!突然始まるドキドキに不安を感じる方の相談事例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

50代 男性 会社員 10年程前から、何もしていないのに動悸が始まり、息が吸えない状況になることがある。2~3回救急車で運ばれた経験もあり、病院では“狭心症”と診断された。 自身は死ぬかと思うほどの恐怖を経験する度、「また同じ症状がでるのでは?」と不安を気にするようになった。 最近は特に不安感が強く疲れやすい。やる気も出ない。運動をしても直ぐに息が切れて続かない。元々緊張しやすい性格で、外出時にはトイレに行きやすい。…

相談の結果、自律神経の乱れの症状を調整する漢方薬と補助剤をご提案させていただき、少し様子を見ることになりました。 2週間後… 明確な変化ではないが、何となく調子が良い気がする。不安感はまだ強いが、毎日を前向きに生きる意欲が湧いている。 1ヶ月後… 今のところ発作は出ていない。動悸を感じる回数も減っているように思う。 2ケ月後… 少し動悸を感じる時期もあったが、それ以上の心配にはつながらなかった。疲労の回復が遅い。 3ケ月後… 以前よりも発作に対する不安も減り、運動時間も長くなってきた。当初は3ケ月でお薬を止める予定であったが、もうしばらく続けてみたい…。

歩けないほどツラい! 良性発作性めまい頭位症の漢方相談事例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

60代 主婦 良性発作性めまい頭位症・パニック障害・双極性障害 10年程前からパニック障害の発作を度々発症。現在でも電車は乗れない。 2カ月ほど前から眩暈と足の浮腫みがひどく、外出が出来ない状態。病院では「良性発作性めまい頭位症」と診断され在宅で治療している。 長年パニック障害や双極性障害のお薬をもらっているが、現在は眩暈のお薬も加わり、5種類を服薬中。 ここ1カ月は特にやる気が出なく疲れ気味。動悸も多い。め…

相談の結果、めまいの改善に頻用される自律神経の症状を改善するお薬と補助薬をご提案。 2週間後… 服薬開始から徐々に体調が良くなり、3日目からは歩けるまでに回復。まだめまいは感じるが、以前の半分以下に軽減された。 更に1ヶ月分のお薬を調合…様子を見るようご提案。 その後、ご連絡がないため正確な状況は不明ですが、再発のご連絡はないようです。元気にお過ごしになられていることを願っております。

気分の落ち込みと不眠で悩んでいましたが、漢方薬を服用してから改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

42歳の女性ですが、3ヶ月くらい前から気持ちが落ち込んで、夜も眠れないとのことで相談にみえました。 特に原因があるわけではありません。 しかし、布団に入るといろいろと考え込んでしまい、眠れなくなるそうです。 午前3時くらいまでそんな状態が続き、5時、6時には目が覚めてしまい、その後は眠れなくなるそうです。 昼間も、眠くはならないとのことでした。

この方は、寝る時になっても脳が興奮状態にあるようです。 そこで、自律神経のバランスからくる症状や神経が落ち着くような漢方薬をお出ししました。 半月ほど服用していると、徐々に寝付けるようになってきたとのこと。 悪かった顔色も、大分良くなってきました。 2ヶ月後には、ほぼ毎日、リラックスした状態で眠れるようになったそうです。 気持ちの落ち込みもなくなり、とても調子が良いとのことです。

突然の動悸と息切れ…パニック障害の漢方症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

20代 女性 薬剤師 大学を卒業後、ドラックストアに勤務。元々体は丈夫な方ではなかったが、何とか日々の業務をこなすことはできていた。ただし、長時間の立ち仕事や力仕事もある業務に疲労を感じていた。 ある日の勤務中、前触れもなく動悸と息切れ(過呼吸)を感じ座り込む。症状は20~30分で治まった。 その後はいつも通りの体調であったが、1ヶ月ほど後にまた同じように動悸と息切れを感じる。今度は電車に乗っている最中であった為、途…

相談の結果、自律神経の乱れからくる症状を調整する漢方薬などをご提案。日常の養生として、適度な汗をかくこと、カフェインを控えることをオススメしました。 2週間後… まだあまり大きな変化を感じない。この間に2回ほど発作を感じる。→お薬を再検討しご提案。 1ヶ月後… 初めのお薬よりも体に合う気がする。以前感じていた不安感が和らいでいる。発作の症状も治まっている。電車は今も乗れない。 2ヶ月後… 以前に感じていた不調は三分の一程度に軽減。仕事も続けることができている。 現在3カ月目に入りお薬を継続中。

ホルモン剤に頼らない“更年期症状”対策とは?

(いわい薬局 埼玉県) MAP

40代 女性 会社員(子供二人) 45歳を過ぎた辺りから、体の調子を崩すことが増えた。特に気分の上がり下がり、生理前のイライラ、音に敏感、耳鳴り、体が重いなど…。 特に人間関係の悩みや雑務などが増えると、夜中でも目が冴えてしまい、朝まで眠れないこともしばしば。普段も比較的、夜中に目が覚めやすい。 その他、爪がわれやすい、足のむくみ、便秘気味、アレルギー症状でアレグラ服用中…など不調あり。 過去にうつ病で心療内科に…

相談の結果、元々の自律神経の乱れやすさに加え、ホルモンバランスの変化が体に影響を与えていると判断。両社の原因からくる症状に対応する漢方薬をご提案させていただきました。 2週間後… 飲み始めから気分が良い。夜中も目は覚めるが、そのままベッドの中に入っていられる。(以前はどうしても活動したくなっていた)気分が良いので体も軽く感じる。 1ヶ月後… 生理前に加え、家族が相次いで風邪を引き、大変な生活を送っていたが、何とか乗り越えることが出来た。全ての症状がゼロではないが、半分以下に減ったことで、何事にも前向きに捉えることができる“余裕”がある。 2ケ月後… 調子がよいのでこのままお薬を続けていたい。 その後、お薬の微調整をしながら服薬半年が経過…現在は健康の維持を目的にお薬を続けて下さっています。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。