「自律神経検索キーワード」での検索結果

検索結果:475件中1件から15件まで表示

慢性前立腺炎の漢方相談例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

40代の男性より、「慢性前立腺炎」のご相談をうけました。 主な症状は ・頻繁な尿意と排尿後の残尿感 ・下腹部の違和感 ・会陰部の痛み などあり、約一ヶ月程前から症状が悪化したとのこと。最近は排尿時に膿のような粘液が出てくることも気になります。 夜中は尿意は無く、症状は日中に集中している。抗生物質では特に改善はせずにどんどんと症状が悪化している様に感じ、当店の漢方相談を受けに来られたそうです。 また、以…

相談の結果、炎症を鎮める漢方薬と排尿など気になりすぎないように、安神の漢方薬をご提案。 一ケ月経過し、徐々に症状の改善を実感されたようです。日中の尿意が軽減されたことで、仕事への集中力は元に戻りつつあります。 現在二カ月目…その後の変化を期待しつつ次回のご来店を待っています。

酷い脇腹の痛み、つっぱり感が改善しました!

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

元々真面目で責任感が強く神経質な性格でした。 会社で嫌がらせされ、上司からパワハラを受けて体調を崩しました。 複数の病院ではホルモンバランスが乱れている、自律神経失調症、うつ症と診断されました。 朝から嫌な気分で気持ちの浮き沈みが激しい、気持ちが不安定、めまい、頭痛、不安感などの症状が現れます。病院を変えて治療するも改善は見られず、症状は悪化する一方でした。 頭痛、吐き気、胃痛が出てきてその後酷い酷い脇腹の…

相談では長時間に渡り、話を聞いてもらったのでそれだけでも気持ちが楽になりました。 漢方薬をのんで間もなく元気が出て食べられるようになりました。 続けていくうちに夜中に目が覚めることがなくなり、気持ちからくる体がふわふわする、足に力が入らないような症状も消えてなくなっていきました。 漢方薬をのんで4ヶ月、体調が随分と整い、以前とは比較にならないくらいよくなっています。 苦しんでいた症状がほぼなくなって楽しい毎日を過ごせるようになっています。 漢方薬を選んで正解だったと思っています。

うつ病と生理痛に悩む女性の漢方症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

30代後半女性 事務職 10年程前からうつ病を患い一時休職。その後は徐々に回復し、仕事にも復帰できたが、昨年再発(職場で倒れた)通院を続けながら職場での業務をこなしていた。 体調面では気分の浮き沈み、胃腸が弱く下痢しやすい、浮腫み、生理前のだるさ、めまい、過食など様々な症状が気になるとのこと。 また、数年前より子宮筋腫も指摘されており、学生の頃から重い生理痛にも悩まされてきました。

問診の結果 ①うつ症状は自律神経の乱れ ②生理痛は血流の流れに問題があることをご説明させていただき 漢方の対応をご提案させていただきました。 特にこの方はお仕事上でのストレスが体調不良に大きな影響を与えているようで、その回避方法なども一緒に検討させていただきました。 2週間後… いつもより体が動けている気がする。気分も前向き。食生活も変わりつつある。(朝のカフェオレを止め、お味噌汁を心掛けるなど) 1ケ月後… 今回はいつも使用する痛み止めを使わずに生理期を過ごすことができ驚いている。生理前の不調も少なかった。ただし、お腹の調子は変わらず下痢しやすい。 2ヶ月後… 徐々に安定感で出てきているが、胃腸面の改善が見られない。胃腸にスポットを当てた内容に変更し様子を見る 3ケ月後 以前よりもお腹の調子は良い。ただし、職場でのストレスから?気持ちの浮き沈みが出ている (この頃ちょうど春先の為、季節性の影響もあったものと思われます)ただし、以前ほどストレスを引きずらないメンタルを維持できている。

43才 女性 二度の流産後、自律神経が乱れてしまい当店へ。

(漢方の和歌ノ浦薬局 大阪府) MAP

結婚3年目に不妊とは別のことで婦人科にかかり、プロゲステロンが低く、プロラクチンが高かったので、そのままタイミング療法をすることに(1年間)。それから不妊専門のクリニックへ行き、1回目の人工授精で妊娠するも流産されました。その後も計6回人工授精されたのですが、妊娠には至らず。計8回目の人工授精で妊娠するも心拍が聞こえず2回目の流産。心身共に不調をきたすようになり漢方の和歌ノ浦薬局にお越しになりました。

漢方薬は、3月からのスタートでした。3ヵ月後になると漢方的な栄養状態が改善したことから、自律神経が乱れてから蒸し暑い季節になると息苦しくなっていた症状が起きなくなり、不安感も軽減。電車で居眠りできるまで改善していただいた。その他、冷え、頭痛、のぼせ、PMSも改善。服用開始から1年後に再び人工授精をされ妊娠。今回は流産することなく、無事3000gに近い男の子を出産していただきました。

漢方と先生が心の支え

(漢方のスギヤマ薬局 神奈川県) MAP

40歳 女性 悩みがあるとすぐに胃を壊したりずっと下痢が続いたりという明らかに自律神経を病んでしまうような体質に悩み続けて漢方という対策にたどり着いたのが去年の暮れ。 その頃にご縁をいただきました杉山先生のところにずっと通わさせていただいております。

漢方薬をはじめてからというもの、体の内部がクリーニングされているような感覚が続いており、調子はかなり良いです。 内臓の調子は明らかに良く、睡眠も深くなり体と心の支えに間違いなくなっている感覚があります。

めまい・吐き気・立ちくらみなどの症状が良くなりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

50代の女性です。 めまいや頭痛・吐き気に悩まされているとのことで来店されました。 また、立ち上がったり振り向いたりすると、立ちくらみがするそうです。 数年前にも同じような症状になったことがありますが、その時も漢方薬で改善しました。 その時と症状が似ていることから、また来店したそうです。

この方は、病院では自律神経失調症と言われていて、ストレスが重なるとめまいや吐き気などの症状があったそうです。 しかし、しばらくすると自然に良くなっていたました。 ただ、今までよりも今回の方が症状が重く、いつまでも改善しないとのことです。 症状が以前と似ていたこともあり、同じ漢方薬をお出ししました。 一ヶ月後には、めまいや吐き気がかなり軽くなってきました。 2ヶ月の服用で、立ちくらみもしなくなったそうです。 しかし、再発が心配なので、漢方薬はもう少し続けたいとのことでした。

黙認できない生活に癒しをもらえて

(漢方のスギヤマ薬局 神奈川県) MAP

36歳 女性 何事にも黙っていられず口を突っ込んでは後悔するという性格で自律神経をおかしくしてしまい、会社にいけなくなりました。自業自得と思いますますふさぎ込んでいたので母が良い先生を紹介してくれました。

漢方薬で改善するようなものじゃないと諦めていましたが予想していたよりもずっと効果があってびっくりしています。 考え過ぎたり口を挟みたくなる性格は変わりませんが心の重さが全然軽いです。

気分の浮き沈みが激しい自律神経失調症と酷い生理痛が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで改善してきました。

(髙木漢方 神奈川県) MAP

33歳    女性 高校生の頃より、月経前になると、精神が不安定になっており、現在も続いている。 気持ちの浮き沈みがはげしい。 なかなか寝付けない。 何度も目が覚める。 イライラしやすい。 酷い生理痛のために、寝込む。 肩こり、首こり。

半年後に結婚予定なので、その前に何とかしたくてと、ご相談にみえた。 体質改善のために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)ですすめた漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。 「寝つきが良くなり、朝まで眠れるようになった。」 さらに、漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。 「生理痛の痛みが減って楽になってきた。」 「肩こりと首こりも無くなって来た さらに1ヶ月後にご来店。 「気持ちの浮き沈みも落ち着いてきた。ストレスが強いと少しだけイライラする。」 「いままで何をしても良くならなかったのが、本当に良くなってきたので、改善をめざして、髙木漢方(たかぎかんぽう)で漢方薬は続けたい。」 と喜ばれた。

舌の痛み(舌痛症)を伴う自律神経失調症

(いわい薬局 埼玉県) MAP

60代 女性 学校教師 2~3カ月前から舌の痛みが続いている。(味は分かる) 元々ストレスには弱い性格だったが、職場の人間関係の悪化が原因となり、自律神経の乱れを感じるようにもなった。(動悸・不眠・胸の詰まり感など) いつも緊張している感覚があり、集中力も保てない状態。耳鳴りや肩こりも気になる。

初回はご家族に付き添われてのご来店でした。 相談の結果、動機や不眠、心身をリラックスさせる漢方薬をご提案。 服薬一ケ月…まだ舌の痛みはありますが、気持ちに余裕が出てきているとのこと。 焦らずサポートさせて頂こうと思います。

過度なダイエットで体調を崩した症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

40代女性 数カ月前に健康診断の結果が思わしくなくダイエットを決意…。 ご自身の努力で3カ月で20キロの減量に成功されました。 その後、体は軽くなったものの、唾液が多く出る、耳鳴り、高血圧、動悸、夕方のふらつきなど、様々な不調が気になるようになり、色々治療を試みたものの改善が見られずご相談に来られました。

真面目で素直な性格で、とても努力家な印象を受ける女性のお客様でした。 3カ月で20キロの減量ですから、相当な努力をされたことでしょう。 ただし、少しペースが早すぎることで、心と体が追いつかない部分があったのかもしれません。 この方には”自律神経やホルモンバランスの乱れ”また、東洋医学的には「腎の消耗」という可能性もご説明させていただきました。 今回のケースでは急なダイエットによる影響が腎の消耗にもつながり、体の各所に影響が出てしまった…。という考えが当てはまるのではないかと考えました。 結論として、現在のお体の状況をご理解いただき、少しの間漢方薬と食事の改善により、体調を整える方法をご紹介させてもらいました。 3ケ月が経過するころには、唾液の量が落ちつき、血圧や動悸も安定したようです。 ただし、唾液の量は日により変化すること。耳鳴りは未だに続いているようです。 時間は少しかかりますが、地道に体質改善を進めて頂ければと思います。

朝に弱い、起きられない…起立性調節障害の男の子

(いわい薬局 埼玉県) MAP

小学1年生の男の子 幼稚園の頃から元々朝に弱く、起きるのが苦手 (お母さんが起こし布団を出てからもソファーでモゾモゾ) 朝はあまり食欲もなく、登校ギリギリになってやっと家を出る毎日が続いていた。 日中は元気だが、寒がりで体温も低め。 性格はまじめで、緊張しやすい。 小学校に上がってからも毎朝同じような状況が続いていたため、お母さんも心配になりご相談に来られました。

問診の結果 ①胃腸を温めチカラをつける漢方薬 ②緊張しやすいなど自律神経のコントロールをサポートする漢方薬 を使うことで、2週間様子を見ていきました。朝食は無理の無い範囲でお味噌汁をオススメしました。 2回目のご来店の前にお母さまよりお電話があり 「今朝自分から起きてきました!こんなこと久しぶりです」とのご連絡をいただきました。 まだまだ安定するには時間は必要だと思いますが、おそらく徐々に食欲も出るようになり、体温も上がると思われます。 本人も楽になることに加え、ご家族のご負担も少なくなることは嬉しい変化ですね!

ストレスによる動悸・息切れが楽になった症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

20代女性(会社員) 元々人とのコミュニケーションが苦手な性格ではあったが、就職をきっかけに仕事中のストレスが増加… 日中は気持ちが張っているのか?大きな症状は出ないものの、半年ほど前から自宅に帰ると動悸や息切れに悩まされる日々が始まったそうです。 特に布団に入ると気持ちがざわつき、なかなか眠りに就けないことが多く、病院にて睡眠導入薬と安定剤を処方されています。 お話をしているととても落ち着いており、特にお辛い…

問診の結果 ①自律神経を調節する漢方薬 ②気血の巡りを良くする漢方薬 をまずは二週間お出ししました。 始めの3日間はあまり漢方の効き目は実感できなかったようですが、4日目あたりから帰宅後の症状が減っていることを実感 その後はスッキリと症状はとれないものの、以前に比べると格段に過ごしやすくなったという感想を頂きました。 現在お薬を飲み始め1ヶ月半が経過しましたが、 状態はさらに良くなり、どちらかというと症状を予防するために漢方をご活用いただいています。

物事に神経過敏になっていましたが、漢方薬を服用してから落ち着いてきました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

55歳の男性です。 会社で管理職になってから、仕事上とても気を使うことが多く、神経の休まる時がなかったそうです。 数ヶ月前から、寝つきが悪くなったり、些細な物音でもビクッとして驚くようになりました。 急に汗をかいたと思ったら動悸がしたりして、いつも不安感があります。 まだ、病院へはかかっていませんが、できれば漢方薬で改善していきたいとのことでした。

この方は数年前にも、当店で漢方薬を服用していただきました。 そうした経緯もあって、ご来店いただいたそうです。 症状をお聞きすると、過剰なストレスから自律神経のバランスが悪くなっているようでした。 そこで、ストレスを和らげ、自律神経の働きを整えるような漢方薬をお勧めしました。 一ヶ月の服用で、気持ちが大分落ち着いてきたそうです。 寝つきも良くなってきました。 その後は、動悸も良くなり些細なことで驚くようなこともなくなったそうです。 仕事にも、余裕をもって取り組めるようになってきたとのことです。

(40代女性)顕微授精で第二子を授かりました

(漢方 侑備堂 兵庫県) MAP

不妊症で第一子を授かり、そろそろ第二子をと思っていらっしゃいましたが、ホルモンバランスの乱れからPMSがだんだんひどくなり、妊活に前向きになれず悩んでいたため、このままでは年齢的に難しくなるのではと焦りはじめ漢方相談に来られました。

まずはPMSを緩和しホルモンバランスを整えて自律神経を安定するように体質改善の為、漢方をお出ししました。 その後無事に不妊専門病院に通院できるまで回復し、3回目の採卵を移植した所ようやく妊娠反応陽性に。今ではつわりも落ち着き、ご家族全員で第二子の出産を心待ちされています。

漢方に助けてもらいながら、更年期とうまく付き合っています。

(一陽館薬局 奈良県) MAP

50歳代 女性 1年くらい前から、急に汗が出たり、暑くもないのに自分だけ暑く感じたり、眠れない日が増えて、最近はイライラしたり落ち込んだりするのが激しくなって、全くやる気が起きません。

ホルモンバランスや自律神経を整える目的で漢方薬を飲み始めてから、とても体が楽になり、気分も落ち着きました。 一人で考えていると不安になりますが、いつでも相談できるので安心です。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。