「汗検索キーワード」での検索結果

検索結果:1344件中1件から15件まで表示

特発性門脈圧亢進症(バンチ氏病)を疑う女性の漢方相談

((有)いわい薬局 埼玉県) MAP

40代 女性 パート兼主婦 数年前から顔の赤黒いクマが気になるようになり、周囲からも指摘されるようになった。 ある朝には首元に痣のような内出血があることに気がつき不安になりました。 昔から痣はできやすい体質です。疲れやストレスが溜まると眼底出血もしやすいです。 元々貧血傾向で胃腸も弱い方だが、内出血した時期から急に体重が4~5kg減りました。お腹は空くが、食べすぎると下痢をします。なかなか減った体重が戻らないのも悩…

丁寧な聞き取りの結果、頂いた情報からお体に合わせたプランをご紹介。今回は手軽に服用できる剤形の漢方薬をお勧めし服用していただきました。不調の軽減へ向けたアドバイス(砂糖や油の過剰摂取はNG,早寝早起き)も併せてご提案させていただきました。 漢方薬の服薬から1ヶ月… クマや痣に変化はないが、下痢が改善して、食事をしても下痢をしなくなってきました。眠りの質が良く、気づいたら朝!ということが増えたので、体の疲れもとれているように思います。引き続き漢方薬の服薬を希望しました。 漢方薬の服薬から2か月… 体重が2kgほど増えました。疲労倦怠感が改善し、以前よりも昼寝をしなくても動けるようになりました。家族に顔のクマが薄くなっているよ!と言われ嬉しくなりました。 漢方薬の服薬から3か月… 引き続き仕事も家事もこなせているが、漢方薬の服薬を辞めるのには体調が不安なので継続服用を希望しました。 漢方薬の服薬から2年が経過した現在は、漢方薬を調節しながら継続服用していただいています。首元の痣もほぼ気にならなくなりました。

多汗症と鼻炎の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

10代、男性 多汗症と鼻炎で困っています。 暑がりで、多汗があります。 花粉症で、鼻水、くしゃみが出ます。 皮膚が化膿しやすいです。

多汗症や皮膚が化膿しやすいことを考慮して、鼻炎を重点としたこの方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用開始から9ケ月で体調不良が改善しました。

少し動くと汗がダラダラでます。時々動悸がします。

(ドラッグたむら 群馬県) MAP

職場が高温多湿という環境で、仕事中は常に汗をかいています。仕事が終わっても少し動くと汗をダラダラとかくようになり、時々動悸がするようになってきました。 中医学的に汗をダラダラかいてしまうのはカラダの「気」の不足と関係していると考えられました。 汗をかきやすいことを考慮して動悸の改善を重点とした、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。

漢方薬を飲み続けていくうちに動悸が改善して頻度が少なくなりました。汗は出ますが、以前のようにダラダラと流れるような過剰な汗はかかなくなりました。 現在は体調体質に合わせて漢方薬を調整してお飲みいただいています。

多汗症でじっとしていても滝のように出る脇汗で悩んでいました

(健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店 神奈川県) MAP

40歳代 女性 教諭 3年前より多汗症で悩んでいます。 自身でも異常と思うほど食欲が止まらないです。 生理周期は28日周期。病院の婦人科で処方してもらった薬も服用中。 漢方相談でお話中もハンカチで汗をふきふき。 冷え症の自覚は無し。 排便は3日に1度程度。 昼食、おやつ、夜食に菓子パンを食べています。 ほぼ肉食で、野菜や魚類は積極的には食べないです。

食習慣、生活習慣を聞き養生をアドバイスしました。 食べ方の工夫、自炊、レンチンメニューの提案。 漢方薬服用3週間後 漢方薬で体調体質を整えていたら脇汗が減ったように感じました。 漢方薬服用前の汗の量を10とすると、現在の汗の量は6に感じます。 排便は、ほぼ毎日あります。 漢方薬服用3ヶ月後 体調体質が改善したら、脇汗は気にならずに過ごせています。排便は毎日あります。 お尻のニキビが改善し小さくなったと笑顔で報告もありました。 漢方薬は継続服用中です。

多汗症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

50代、女性 多汗症 多汗で少し動くと、すぐ汗が出る。肩から上にかくことが多い。 全身がだるい。寒気がすることがある。 気力がわかない。風邪をひきやすい。 ふらついたり、めまいがすることが多い。

仕事が大変で、ストレスをかかえて身体が弱っており、「気虚」タイプの不調が考えられました。 多汗を重点として「気」を補うようなこの方の体調体質を整えるような漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から1ケ月で体調体質が改善して多汗も気にならなくなりました。

全身倦怠と不眠症の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

30代、女性 疲れやすく、全身の倦怠感があり、動きたくない。 食欲がわかない。 動悸、息切れしやすい。 不眠症で眠れず、翌朝も疲れが残っている気がする。 汗をかきやすく、時々めまいがする。

元々虚弱体質で、食が細かったため、体に栄養が十分にいきわたらず、「気血」が不足しているタイプの体質の不調と考えられました。 全身倦怠と不眠症を重点として、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から2ケ月で全身倦怠と不眠症が改善しました。

自汗(汗かき)の漢方相談

(天山堂薬局 東京都) MAP

お客様 40代、女性 自汗で腋の下、背中、胸、頭によく汗をかきます。 下半身に冷えを感じます。腹部膨満感や全身倦怠があります。

この方の自汗(汗かき)などの不調は、「陽虚」と「気虚」タイプの体質と関連があると考えられました。 汗をかく状態や「血」の巡りを考慮して体調体質に合った漢方薬をお勧めし服用していただきました。 漢方薬の服用から1ケ月で全身倦怠が改善して自汗(汗かき)も気にならなくなりました。

漢方薬を服用して首回りと腕関節の皮膚炎が改善しました

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

1年前に首の皮膚の1箇所が痒くなってからどんどん痒みが広がってしまいました。 今は首と肘の内側、手首が特に痒いです 寝る前になると皮膚が痒くなって眠れなくなります。 日中働いている時は大丈夫です。 夏は汗で悪化するけど冬は比較的皮膚の痒みが落ち着きます。 原因は食事習慣だと思っています。 漢方薬で皮膚炎を改善したいと思い漢方相談に来ました。

(1週間後) 漢方薬を飲んでから肘の内側の痒みが改善し楽になりました。 首は寝るとき痒いけど、皮膚がつっぱる感じが気にならなくなりました。 (2週間後) 夜に皮膚が痒くて眠れなかったのが、皮膚炎が改善し痒みが減って眠れるようになりました。 皮膚の表面がボロボロだったけど膜ができたように感じ痒みが楽になってきました。 (1ヶ月後) 皮膚炎で厚かった皮膚が薄くなった感じがします。 首の皮膚の痒みが改善し皮膚炎の症状がやわらいできました。

疲労倦怠感についての漢方相談

(くすりの厚生会 青森店 青森県) MAP

青森市は、お風呂文化が広まっていて、早朝から銭湯は沢山の方で賑わっています。 疲労倦怠感があり、お風呂が好きなのにお風呂に入った後も疲れを感じると相談されました。 せっかくの楽しみということでしたので、漢方薬をお勧めすると同時に、漢方的な対応もお話ししました。

疲労倦怠感改善のために、この方の体調体質に合った漢方薬をお勧めしました。 そもそも疲れていたら、汗のかきすぎには注意が必要です。 漢方的には発汗すると体から潤いと一緒にエネルギーも流れ出すと考えられています。 疲労倦怠感がある時のお風呂は、軽くじんわり汗をかく程度にとどめておくのがお勧めです。 むくみなどがあり、体が重いときはしっかり汗をかくのがお勧めです。

月経前に汗だくで目が覚めていましたが、ねあせが改善してよく眠れています

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

2018年から妊活を開始し、体外受精を3回しましたが着床しませんでした。 2019年9月からアドバイザーさんのブログや書籍を読み養生生活を始めました。 2019年11月から漢方相談を空き時間対応をしていただくようになりました。 ねあせについてアドバイザーさんがブログで書いており、自分の体調と同じタイプのように感じました。月経直前の1週間は、毎晩汗をびっしょりかいて目が覚めていました。 (44歳 女性)

お勧めしていただいた漢方薬を内服してから、すぐにねあせ改善の効果を実感しました。 ねあせが改善し不快感がなくなりました。 月経前に汗だくで目が覚めて睡眠に影響がでずに過ごせています。 漢方薬を1ヶ月ほど服用しただけですが、こんなにねあせが早く改善して驚いています。

更年期障害が改善されました

((有)いわい薬局 埼玉県) MAP

50代前半 主婦兼アルバイト。 数年前から定期的に起こる頭痛や気分の浮き沈みに悩まされるようになった。 足は冷えるが上半身ほてる(ホットフラッシュ)も度々あり、汗もかきやすい。 閉経と同時に不調を感じやすくなったようなので、更年期障害による不調だと感じている。病院でホルモン治療を行っている。 元々胃腸が弱く、下痢しやすい。毎年のように胃腸炎にかかっていた。 めまい、かすみ目、浮腫み、全身倦怠感、耳鳴りなど様々…

丁寧な聞き取りの結果、お体に合わせたプランをご提案。 お勧めのお薬の服薬に加え、体のバランスを整えるツボの押し方や食事方法もアドバイス。様子を見ていただくことになりました。 服薬2週間後 チリチリするような感じがあるが、頭痛が改善し減った。胃の調子も良いように思う。ほてりは変わらず。 服薬1か月後 胃の調子が良いため、食べすぎてしまうことがあった。頭痛、浮腫み、全身倦怠感も改善し軽減されている。 服薬2か月後 調子が良いので病院でお医者様と相談しホルモン剤の服薬が中止になった。今のところ体調が安定している。 服薬3か月後 仕事が忙しくなり、体がしんどい日もあったが、憂鬱な気持ちになることが減ったので何事も前向きにこなせるようになっている。

痒みが強い子供のアトピーの皮膚炎の漢方相談

((有)いわい薬局 埼玉県) MAP

8歳 男の子  2~3歳の頃から皮膚のトラブルが始まり、病院では「アトピー性皮膚炎」と診断されている。 病院治療を続けている。皮膚炎の症状を繰り返しています。過去に漢方薬を試したこともあります。 食事には気を付けているが、好き嫌いが多くお母様も長年苦労されているとのこと。 食欲はあり、お通じも順調。 夏場の汗をかく時期は特に皮膚炎が悪化しやすいが、基本的には通年を通して肘の内側や膝裏や首に一日中痒みがある状…

丁寧な聞き取りの結果、頂いた情報からお体に合わせたプランを漢方の飲みやすさを考慮してご紹介。 1ケ月後… 季節的な要因もあるかもしれないが、これまでよりも皮膚の痒みが落ち着いているように感じる。 2か月後… 悪化はしていないが現状維持といった状況で、漢方の内容を見直して継続。 3か月後… 前回のお薬に変更してから痒みが改善し体調がとても良好で夜もぐっすり眠れるようになっている。ここ数年で一番いい状態。

流産後に更年期障害が改善したら妊娠

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

過去3度ほど流産を経験する。 2度目の時に病院を受診し検査で異常は見つからず。 身体のバランスが乱れている感覚があった。 体外受精で質の良い卵は採れず、FSHが82を超え、更年期障害が出始め、通院中のクリニックを変更。 無理を承知で栄養指導を取り入れた不妊治療を推奨しているレディースクリニックに通院したところ、タンパク質をアミノ酸に分離できる酵素不足と腸リーキガット症だとわかり、食事の改善(小麦類控える、甘いもの控え…

繋留流産を経験した後、カウンセリングを受け、次の妊活再開まで半年あけるようにアドバイスされました。 仕事も辞めるようにアドバイスを受け、疲れさせない、早く寝るを心掛け始めました。 ほてりや汗が酷く下痢が続いた時には1ヶ月以上下痢が続いて身体のしんどさを感じていましたが、勧めてい頂いた漢方で一発で下痢が止まり身体のやすらぎを感じました。 妊娠初期にまた流産してしまうかもしれないと思う不安感から眠れなくなることもありましたが、アドバイザーさんよりお電話でアドバイスを頂き、漢方などを飲み落ち着きました。 現在妊娠20週を迎え、胎動も感じ毎日を穏やかな気持ちで過ごしています。

更年期障害のほてりでバスの中も暑く感じていました

(熊澤蕃山堂薬局 秋田県) MAP

真冬の秋田県の気候ですが、私だけ汗だくです。 53才。閉経しました。 更年期障害ですよね。 自覚してますが、なんかすべてが辛く感じてしまいます。 夫と口をきくのも面倒です。 このままでは家庭崩壊です。

夫が私の更年期障害の体調について、こちらに相談しに行きました。 一緒に漢方相談に行きました。 漢方を飲み始めた3日後からほてりが改善し体が楽になり始めました。 ほてりが改善したのでバスの中でも汗だくにならずに過ごせています。 夫よ。ありがとう。

大汗がひどかった更年期障害が漢方のおかげで改善しました。

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

「50代前半の女性です。これが更年期障害というものなのでしょうか。いろいろな不調が出て辛い思いをしています。一番つらいのは、急にカーッときて顔が赤くなり、大量の汗をかくことです。 その他、寝付きはいいのに夜中に目がさめて、その後は眠れない。体が重い。疲れやすい。 血圧が急に高くなる。肌荒れがひどくなった等いろいろあります。漢方薬で更年期障害を改善できますか。」と相談しました。

相談員さんは、更年期障害で苦しんでいる方は多いが、漢方薬で更年期障害が改善している方もとても多いというお話をしてくださいました。その後、体調についてお話ししていくつかの質問に答えると、「それでは体調体質に合った漢方薬をお勧めしますね」と言って漢方薬を1週間分お勧めしてくれました。1週間分になったのは、私が飲めるかどうか1週間試してみたいと言ったからです。 1週間では大きな変化は感じなかったのですが、なんとなく体調が少し良くなってる気がして2週間続けたところ 15日目に急に更年期障害が改善し体調が楽になりました。その後お薬を1ヶ月分買って1日2~3回飲んでいますが、とっても調子のいい日が続いています。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。

よく知って、正しく使おう OTC医薬品