「更年期 めまい検索キーワード」での検索結果

検索結果:107件中1件から15件まで表示

50歳過ぎてから肩こり、のぼせ、発汗が酷くなりました

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

50歳を過ぎてから肩こりが酷くなり、顔や首から上ののぼせ、急な発汗が起こるようになりました。 めまいや立ちくらみも出てきて婦人科を受診しました。 しばらく通院していましたが、全く変化がなく友人に話したところヤマト漢方さんを紹介してくれました。

漢方薬は初めてででしたが、飲みやすく続けるのが苦になりませんでした。 飲んでから肩こりがよくなって、なんとなく効いているなと感じていました。 3カ月経った現在はのぼせも気にならなくなり、急な発汗が見られなくなり体調もよくなりました。 こんなに気分がよくなったのも久しぶりです。

動悸やめまいが起こらなくなりました。(60代女性)

(中村漢方 中村漢方薬局 熊本県) MAP

以前から頻繁に動悸やめまいが起こっていました。 胃腸もあまり丈夫でなく、食欲はほとんどなく、ビールなどを少し飲んだだけでもめまいが悪化し、ひどいときは胸痛や腰痛も起こっていました。 風邪も引きやすく、のどの痛みから始まり、いつも激しい咳に変わり、長引いていました。

友人の紹介で中村漢方を紹介され、漢方薬を服用してみようと思いました。 時間をかけて体質改善し、今では胃腸のリズムも調い、ずいぶんと食欲も出てきました。 それと共に、めまいも起こらなくなり、胸の痛みや腰痛が出てくることもなくなりました。 風邪も引かなくなり、のども丈夫になりました。 主人も漢方薬を気に入って、2人で健康維持のために続けています。 おかげで夫婦共々とても元気で過ごさせていただいています。感謝です。

更年期障害・診断を受けてから長くイライラで悩んでいましたが、漢方薬でようやく改善

(松仙堂薬局 福岡県) MAP

私の更年期障害はとくにひどいイライラでした。 子供にもあたり散らかすほどで、なんでもないことで怒ったり、恐ろしいほど怒鳴ったりしてしまいました。 これがだんだん自分自身でもどうすることもできなくなり、診療内科を受診するもあまり改善せず、薬ばかりが増えています。 こんな日々のなか昔の友人に会うことがあり、いろいろ話をしているとき、漢方で良かった方の例を知ることとなりました。 漢方薬は高そうだし、面倒なイメージがありま…

漢方を飲むようになってすぐに家族のものが「ちょっと違うんじゃん」って言ってくれたりしたので、味がいまいちだし、どうしようかとも思っていたのですが、なんとか続けることができました。 子供に強く当たりちらかすのはもうやめにしたくて、漢方薬だとそうなれるのか心配でしたが、しばらくするとあまりイライラしなくていい日々もでてきたので、これまでとは違って不安感が少しずつですが、少なくなってくるのを感じることができました。 また、すぐに下痢便秘を繰り返したり、吐き気やめまいも多かったのですが、これも徐々に改善することができました。 漢方薬を飲むことで家族に迷惑を掛けなくなり、大変助かっています。 更年期って自分だけがつらいのかと思っていたのですが、実際には家族もつらいものだと改めて今思っています。 この地獄から抜け出せてよかったと思っております。

めまい・立ちくらみ・鼻血はのぼせが原因でした。

(尾崎漢方薬局 香川県) MAP

夏が終わり秋に変わる頃より、めまいと立ちくらみが頻繁に起こるようになりました。 また、急激に気温が下がった頃から鼻血まで出る様になってきました。 脳の異常かも!と思い、脳外科でCTもとりましたが、まったく異常なく、様子を見ましょうということでした。 ひと月半が過ぎましたが、益々症状はひどくなり、鼻血も頻繁に出る様になりました。 不安に思いながらも、ふた月が過ぎたのですが、ある日「漢方はどうかなぁ~」と家内が言うので、…

私の症状や自覚症状、生活習慣や体質などをお話して、現状を見極めてくれました。 どうやら、足元が冷えて、のぼせがひどくなり、日ごろのPC業務や夜遅くまでの残業が追い打ちをかけていたようです。 さらには、激辛食品や脂っこいもの、焼酎やビールなどのアルコールも飲む量が増えていたことも原因のひとつだったようです。 そこで、家族の協力の元、食養生を実践し、漢方薬を飲み始めました。 すると、どうでしょう。 10日ほどで、今まであっためまいが減り、立ちくらみも1回ほどしかありませんでした。 続けてひと月飲みましたが、この間鼻血も1~2回ほど少量でした。 漢方の力に脱帽です。 不安だった日々も嘘のようで、家族ともども感謝しています。 今も、体質を調整するために漢方薬を続けています。家内も更年期の予防にと一緒に漢方生活を始めました。

更年期障害と診断。汗やめまい、頭痛に吐き気など様々な症状で悩んでいたのですが漢方薬で改善

(松仙堂薬局 福岡県) MAP

更年期障害と診断されたのは47歳の事です。 頭痛、吐き気、まめい、肩こり、首コリ、のどの異物感、汗が止まらない、動悸、息切れ 不眠、食欲減退、やる気ゼロ、イライラ。。。などなど一度にたくさんの症状に悩んでいます。 更年期自分には関係ないかと思っていたので、対して準備もないまま治し方もわからないまま日々過ごしています。 漢方薬を出してとお願いしたのですが、病院では特別なことはなく困るばかりの生活です。 保険外で良い…

たくさんの症状に一つ一つ丁寧に話を聞いていただくことができ、また自分なりになんとなくですが、理解ができるようになったと記憶しています。 とにかくつらいのが、吐き気でした。 食べたいのに吐き気が強く、つわりも経験がない私は、この吐き気、頭痛、めまいを何とか してほしかったので、吐き気が治まって食げべれるようになると、めまいが次第に治ってきたと記憶しています。 また、その後も徐々に症状が減り、一番最後まで肩こりや首コリがあったものの寝れないほどではなく、漢方を調整していただきながら今では元気になれたと思います。 更年期障害でつらい日常を送られている方は多いと知り、これからは無理はせず自分なりにガンバっていけたらと思えるようになりました。

耳鳴り、めまいが改善しました。

(漢方薬 なごみ堂 福岡県) MAP

<<お悩みの症状>> 数か月前より、耳鳴り、めまい、頭痛、肩こり、などの症状がひどくなっている。 いつも、下痢っぽく、出るとおさまる。 眠りも浅く、起きた時スッキリしない。 生理がとびとびになってきていて、 更年期障害のはじまりと思う。

<<漢方>> 補気健脾剤、疏肝理気剤を服用頂いた。 <<経過>> 1か月服用で、耳鳴り、めまいはほとんどなくなった。 下痢は全くなくなった。 眠りも以前よりぐっすり眠れるようになった。 頭痛、肩こりも前よりもずいぶんと楽になった。 <<考察>> もともと、脾胃気虚からの水滞に、更年期をともない、肝気鬱血が重なり、症状が悪化したと思われます。 それぞれの証に適応した漢方を服用することで、1か月でかなり改善が見られました。 体調がいいことから、継続して服用いただいています。

全身倦怠感など

(スター漢方薬局 三宮店 兵庫県) MAP

50代 女性 全身倦怠感、不眠、便秘、めまい、寝つきが悪く夢が多い、腰痛、全身の凝り。

漢方薬の服用で諸症状が楽になり、数か月間服用しました。

2年間繰り返し続いた舌の痛みが漢方薬で改善しました!

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

更年期の年齢になり肩こりやめまい、動悸などが現れるようになりました。 子宮筋腫も3つあり生理も不順になっていました。 車通勤も片道1時間半かかり、仕事のストレスが強くなったころから舌の痛みを感じるようになりました。 舌の両側が赤くなって痛みます。 数か所の病院で診てもらいましたが、特に異常は見つからず、安定剤など処方されるようになりました。

家族に漢方薬を試したら?と言われ相談に行きました。 じっくり私の話を聞いてもらい、強いストレスやホルモンバランスが原因かもということで私に合う漢方薬を出していただきました。 漢方薬を飲んで行くうちに肩こりやめまい、動悸がほぼなくなりました。  その後生理もまた順調にくるようになり舌の痛みも前ほどでもない状態に。 現在半年経ちますが気にならない程度まで改善しました。

パニック症候群と言われましたが漢方薬で不安なく過ごせています!

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

数年前、ストレスの多い仕事で忙しかったある日に突然動悸がして胸が痛く苦しくなりました。 その1年後、同じく突然動悸、めまい、胸がくるしくなり病院で見てもらったところ不整脈はあるものの原因は不明でした。  その後頻度が増し度々同じような事が起こるので別の病院で診てもらうとパニック症候群と診断されました。 しばらく通院しましたが、改善されずいつ起こるかわからない不安感で押しつぶされそうな毎日を過ごしていました。 10…

漢方薬を飲んで最初はなんとなくいいような気がしていました。 夜眠れない状態が10年くらい続いていたのが良く眠れるようになりました。 気が付くとあれから以前のような突然動悸やめまい、胸が苦しくなる症状は現れていません。 ここ1年、今は不安感も薄れ、安心して仕事に集中することができるまでになりました。

更年期に入って、めまいやむくみがひどいです。

(一陽館薬局 奈良県) MAP

50代女性。 更年期に入ってから、頻繁にめまいが起こるようになりました。 体もだるく、足もむくみます。 気になっていた漢方薬局があり、相談に行きました。

血の巡りをよくする漢方と血を増やす漢方を出していただき飲んでいきました。 すると3ヶ月ぐらいで、めまいがマシになり、むくみもあまり気にならなくなってきました。 漢方を始めて本当に良かったです。

頭がザワーとすることが治まりました。不安障害、脅迫神経症

(漢方薬局 綾心 愛知県) MAP

50歳頃より疲れやめまいがあり、フラーとします。 40代より耳鳴り、不眠、ホットフラッシュがあり、舌の痛みも感じるようになったそうです。 頭の中がザワーとして、鳴るのが辛いので、ガムを噛むなどして、少しでも気にならない方法を見つけていました。 病院では不安障害、脅迫神経症と診断されました。 漢方薬と安定剤を飲んでいますが、変化が分からないので、綾心にご相談にいらっしゃいました。 55歳女性

更年期から色々な症状が出ていらして、神経内科にて診断を受けて、漢方薬を含め色々なお薬を飲まれたそうです。 とにかく集中力がなく、頭がざわーとして困るとおっしゃいました。 まずは、更年期のホルモン低下は腎と関係が深く、精神面は心と関係がありますから、心腎の調整をして、睡眠の質を上げていただきます。 そのうちよく眠れるようになってきたので、睡眠導入剤を半量で大丈夫になりました。 ただ、神経の高ぶりがあるときに、下痢もあり、自律神経を整える漢方薬を始められると、下痢はほとんどなくなりました。 睡眠導入剤を減らしていくことで頭のざわーとすることがなくなってきたとのこと。 まだ舌の痛みはありますが、精神的に落ち着いてきたとおっしゃっていただき、ホッとしました。

めまいのご相談

(三ッ星薬局 京都府) MAP

63の女性 主訴:めまいと軽いむかつきがあり、疲れると酷くなるように感じる。 既歴:7年前の朝、突然激しいめまいで入院したことがある。 更年期障害が酷く50歳から11年間ホルモン治療を続けていた。 舌を見ると暗紫色で苔は少ない。

漢方薬を二剤、朝夕に分けて服用をお勧めした。 2週間後よりめまいはずいぶん軽くなった。 デパート歩きをすると疲れて少し悪くなるが。 3か月服用されてすっかり目まいは良くなった。 一剤は老化予防の為にと現在も服用されている。

更年期でめまい、ふらつきがしんどいです。

(一陽館薬局 奈良県) MAP

50代女性。 50歳を過ぎてから、めまいとふらつきが続いています。 足もむくみます。 もしかして更年期障害かもと不安になり、何とかならないかと思って、一陽館薬局さんに相談することにしました。

症状に合わせてもらった漢方薬を飲んで、1か月もすると、まず足のむくみが気にならなくなり、気がつくとめまいの回数も減っていました。 3ヶ月経つ頃には、ふらつくこともなくなりました。

更年期障害 49歳女性

(KAN薬舗 岩手県) MAP

来店された時、表情は暗く、不安いっぱいのお顔でした。 症状は…3年前から、頭を動かしたときにめまいがおこります。 足もとがフラつきます。 咽に不快感、咽つかえがあり、飲み込みがつらい。 動悸がたまにあり、胸がチクチクします。 頭が上からおさえられる圧迫感、咽にも圧迫感を感じる。 1日3回ホットフラッシュ。首、肩のこり。腰痛。朝手指の関節のこわばり。 寝つき悪い。日々ストレス多い、でした。 始めは更年期の症状と思ったけ…

1ヶ月後、晴々したお顔で来店されました。 おかげでホットフラッシュ、めまいがなくなり、胸の痛みも減りました。 朝おきもスッキリです!と教えてくれました。 以前、訴えていた症状をひとつずつ確認しましたら、アラそれもない!これもない!と気がつかれて嬉しそうでした。

更年期と子宮筋腫による症状が改善しました

(草貫堂薬局 愛知県) MAP

数年前から回転性のめまいがあり、疲れてくると立ちくらみがひどくなる。 更年期のせいか、最近は寝ても疲れが取れなくて、日中に眠気がある。 また筋腫があるため生理痛がひどく、出血量が多い。 生理前のイライラや肩こり、腰痛、膝の痛みなどもある。

まずは症状の改善を目的として、脳の疲労を取りリラックスさせる漢方薬と「血」の巡りを良くする漢方薬をお飲み頂きました。 2週間後には昼間の眠気、疲労感、だるさ、めまい、腰痛、肩こりなどが少し軽くなってきました。 そこから根本的な体質改善を目的に「腎」を補う漢方薬を加えていき、始めにお飲み頂いた漢方薬を少なくしていきました。 それから1ヵ月後には、めまいや疲れなどのほとんどの症状が改善しました。 その後4ヵ月程は調子が良かったのですが、ある生理期の時に筋腫の影響で経血量が多かったため貧血になり顔面蒼白で、息切れが起こりました。 「血」を補う漢方薬を中心に体調を整えながら過ごして頂く事で、その後は特に貧血症状は現れませんでした。 その後は、体調は安定したまま2年程経ち、徐々に生理が遅れるようになって無事に閉経を迎えられそうです。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。