「糖尿検索キーワード」での検索結果

検索結果:280件中1件から15件まで表示

血糖値が高め!と指摘された女性の症例報告

(いわい薬局 埼玉県) MAP

50代女性 主婦 以前より“めまい”のご不調で通われていたお客様より、「血糖値」に関するご相談をいただきました。(めまいについては約半年間の服薬で症状は消失し、現在は休薬中) 先日の健康診断でヘモグロビンA1c(血糖コントロール状態の指標となる血液検査の項目)が6.4あることが判明(5.6以下は正常型、5.6~6.4は境界型、6.5以上は糖尿病型) 以前より血糖値の数値が高めの傾向はあったものの、お医者さんからは次回の検査で数値…

相談の結果、当店で血糖値の対策に漢方薬をご提案。 加えて食生活の見直し(アルカリ食品や消化しやすいのタンパク質の補給など、胃腸に負担をかけないことを前提に修正点を検討しました) また、血糖値には“ストレス”も悪影響を与えるお話を伝え、出来る限り不安や疑問を解消できるようなご説明を心がけました。(元々ストレスや不安を溜めやすい性格であった為…) 飲用開始から半年… 先月に行った血液検査の結果が手元に届いたとお電話をいただきました。 「ヘモグロビンA1cが5.8まで下がりました!まだ数値は境界型だけど、お薬の服用は回避できました。体重も少し増えました!」 と嬉しいご報告です(^_-)-☆ 体調が良いので、このまま今の生活をしばらく続けてみる。と明るいお声もいただきました。良い変化を実感していただけて本当に良かったです。

手先、足先が冷えて苦痛でしたが改善してきました

(いずみ薬局 石川県) MAP

59才の主婦です。長年手先と足先の冷えに苦しんできました。糖尿病も少しづつ悪化してきています。クリニックに通院してます。しかし、根本的に体質を変えたいし、老後が心配なので、何か自分にできる事はないかと思うのですが、何をしていいのかがわからず、今日にきています。 それほど期待はしていませんでしたが、漢方が良いと聞いて試みてみました。

漢方は飲み始めて1週間でわかりました。 寒い季節でしたが、体がホカホカし血が巡っているのを実感しました。 甘い漢方だったので、血糖値が怖かったのですが、問題ありませんでした。 半年後にヘモグロビンA1cが下がり始めました。 体調は良いです。冷えが治って気分が良いです。様子をみながらですが、続けてみようかと思ってます。

NGSP・(HbA1C)値とHOMA-R値が漢方で改善しました。

(すみれ漢方施薬院薬局 香川県) MAP

だんだん親の年に近づいて来たら親の持病だった糖尿病なのかNGSP・(HbA1C)値とHOMA-R値が基準値を外れていると主治医より注意されました。自覚症状は皆無なのですが気になるので、すみれ漢方施薬院薬局さんに相談に行きました。この薬局さんと私は処方せん利用時に「かかりつけ薬局・薬剤師」契約をしています。

今は痛風と高脂血症改善薬の薬を飲んでいる(すみれ漢方施薬院薬局さんで調剤)ので、これらの薬と併用して問題のないと漢方薬2種類を奨められました。丸薬と粒を空腹時に1日3回、服用していると、半年ほどでHOMA-R値は基準値内に、そしてNGSP・(HbA1C)値は基準値の下限まで下がっています。そして今は1種類だけ飲んでいます。すみれ漢方施薬院薬局さんのお掛けで主治医の薬は増えずにすんでいますし糖尿病に関しては主治医から問題ないとまで言われています。

悪化した糖尿病性腎症が、漢方薬を服用して改善しました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

20年以上前から糖尿病を抱えている方です。 これまで、食事や運動などを生活に取り入れて、コントロールしてきました。 しかし、最近になって血糖の数値が上昇してしまい、クリニックでは糖尿病性腎症といわれました。 このままいくと、腎不全になって人工透析をすることになるそうです。 なるべく透析は避けたいとのことで、来店されました。

尿蛋白は±ですが、血圧が高いそうです。 便通は一日一回で問題はないのですが、昼間と夜間の尿の回数が異常に多いとのことでした。 そうした症状をお聞きした上で、日常生活についてのアドバイスをさせていただき、漢方薬をお出ししました。 服用一ヵ月後、血圧が下がってきて、日中と夜間の排尿回数が減ってきました。 その後、5ヶ月経過していますが、血糖や尿たんぱくの数値は落ち着いています。 クリニックでも、状態が安定しているので、しばらくは経過観察をしていく予定だそうです。

糖尿病の網膜症による眼底出血が、当店の漢方薬によって、出血が止まって改善してきました。

(髙木漢方 神奈川県) MAP

51歳    女性 20年くらい前に、病院でⅡ型糖尿病といわれた。 そのまま、食事療法で様子をみていた。 5年くらい前から、病院から、糖尿病の薬を処方されるようになった。 2年くらい前から、両目に糖尿病からくる眼底出血を起こすようになり、病院にて、レーザー治療を繰り返すようになった。 今は、両目ともに、白内障に罹患している。 右目は、緑内障も併発している。 レーザー治療をしても、眼底出血が止まらないので、数…

何とか眼底出血を止めたくてと、ご相談にみえた。 髙木漢方(たかぎかんぽう)で漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。 「3週間分を飲み終えた頃から、両目の眼底出血が止まった。」 「両目のかすみがとれて、見やすくなった。」 さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいたたいて、1ヶ月後にご来店。 「眼底出血は止まっているので、レーザー治療は中止している。」 「両目の調子が良くなってきたので、漢方薬はつづけていきたい。」 と喜ばれた。

このままだと糖尿病の薬を飲まなければいけないと言われたが漢方のおかげで避けられました

(大慶堂漢方薬局 埼玉県) MAP

妊娠中血糖値が高くなりインスリン治療をしていました。そのおかげで出産前はコントロール出来ていましたが。出産後徐々に空腹時血糖とHbA1cが高くなり2ヵ月様子見て改善しなければ薬を始めると言われました。糖尿病の薬はなるべく飲みたくないので相談しに来ました。

血液検査で空腹時血糖とHbA1cが少し改善したので糖尿病治療薬は始めなくてもいいと言われました。とても嬉しかったです。まだ正常値ではないですが続けていきたいと思います。宜しくお願いします。

腎臓の数値の維持❗

(ドラッグおおがき東畦店 岡山県) MAP

糖尿病で腎臓の数値が悪く、医者に「そろそろ人工透析の準備をするか」と言われて、それは嫌なのでドラッグおおがきで相談してみる事に❗

私の体質に合う漢方薬を出して頂きました。服用して体調も良く、体質改善のおかげなのか、今のところ人工透析にならずにすんでいます。ありがとうございます。 ドラッグおおがきお客様の声❗

下痢と夜間の頻尿が漢方薬を服用したから、良くなりました。

(平塚漢方堂薬局 神奈川県) MAP

70代の男性です。 糖尿病と高血圧があり、病院で処方されている薬を服用中です。 夜間にトイレ(排尿)に5回~7回くらい起きること、また、下痢をしやすいことなどで来店されました。 日中の排尿は4回~6回ですが、夜中に何度も起きるので睡眠不足になっています。 また、月に3~4回下痢をするそうです。

漢方薬も、できれば1種類で改善したいとご希望でした。 そこで、ご本人の体調に合わせて、15日~30日の周期で調整することにしました。 3ヶ月ほど服用していると、下痢の回数があきらかに減ってきたそうです。 毎日形のある便が気持ちよく出るようになり、とても気持ちが良いとのことです。 夜間のトイレの回数も3回程度になり、以前よりも眠れるようになりました。

食欲もあまりなく痩せてきた、またトイレが近く夜も何回か起きてしまう

(草場漢方薬局 神奈川県) MAP

70代 男性 糖尿病など持病があり処方された薬を数種類飲んでいますが頻尿の薬は飲んでいません。 最近だんだんと痩せてきて食欲もあまりなく、尿の出が悪く回数は多いとのこと。漢方薬で何か元気になれるようなものはないかと来店されました。 お話をお伺いしたところ、腎が弱くなっていましたので腎を補う漢方薬をじっくり長く飲んでいきましょうとお伝えしました。また皮膚も乾燥しやすいとのことで体を潤して元気にする漢方薬も一緒に飲んでい…

次の来店で、食欲がでてきたことや尿の出がだいぶよくなっているとのことで喜ばれていました。体調がよくなってきた実感があるので続けてみようという気になったとのことです。継続の必要性をお話して飲んでいただきました。今も継続して飲んでいただいておりますが、元気に過ごせるようになってきたこと、尿がよく出るようになり、トイレに行く回数も減っているとのことです。

歩行にも影響がでる程の膝下のジワジワ感と痛みの漢方相談事例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

50代 男性 会社員 数カ月前から、膝下から足の裏のジワジワとした感覚が気になる。痛みもあり、就寝中など体を横に倒すことで悪化するように思う。 症状は感じない日もあり、病院でも原因不明と診断された。朝方は気にならないことが多いが、日中は足に力が入らず歩行が困難に感じることもあり不便。 まれに腕にも同じような症状を覚えることもある。 長年糖尿病の治療中(数年前に10キロ減量)ではあるが、その他は健康的である。

相談の結果、2種類の漢方薬を提案しました。 15日後… 何となく、違和感が減った気がするが、明確な変化ではない。ただし、以前は気にしていなかったが、睡眠の質が良くなりぐっすりと眠れるようになった。 1ケ月後… テレビで見た“足裏マッサージ”を取り入れてからか?違和感は当初の半分以下に軽減!引き続き眠りもよい。 2ヶ月後… その後も徐々に良くなっている印象。以前の様に力が入らないことは無く歩行も良好。ウォーキングを始めた。 3ケ月後… 症状が気になる部分はほぼ消失した。体質改善を維持するためにお薬は継続。 4ヶ月後… 気になる部分が無い為、お薬は服用を中止。無事卒業。

服用4日目にウンチドッサリ

(健康薬局 保土ヶ谷駅ビル店 神奈川県) MAP

70歳代 女性 茶褐色のオリモノが出続け、ひどい排便困難 下腹部の痛みが強く近くのクリニック受診後 大学病院紹介され、様々な検査を受ける 医者からは子宮に炎症があるとのこと しかし糖尿病がある為、手術は見送ると言われた 娘様の紹介で健康薬局に漢方健康相談のご来店

ひどい排便困難を改善すべく まずは、生活習慣、食習慣の聞き取りで選薬 漢方薬服用4日目 「 どっさりウンチが出ました びっくりしました‼️」と鼻息あらくのご報告 漢方薬10日間服用後 大学病院の再受診、検査では 前回の子宮炎症は確認されませんでした オリモノは相変わらず茶褐色ですが 下腹部痛は無くなり、体の重だるさも取れ 食欲も湧いてきた 減薬しながら、生活習慣と食習慣の見直しを 継続中です

過敏性大腸炎が漢方薬のおかげで楽になってきた。

(ノムラ薬局 兵庫県) MAP

 70歳前半。女性。  「最近、下痢が止まらなくて困っています。1日4回も行きます。もちろん病院の薬も飲んでいますがその時だけです。他に高血圧、糖尿病の薬も飲んでいます。心療内科の薬を飲むと体が重だるくなり、いやな夢を見たり、下痢をするようになりました。2週間後に友達と旅行があるのですが行くか行かないかで迷っています。漢方薬で治したいのですが。」と言われました。

 脾胃の機能を調節し、下痢を緩和にさせる漢方薬と眠りの質をよくする安神作用のある漢方食品を飲んでいただき、旅行のときは、芳香性のある胃腸の水分吸収、排泄障害を緩和にする漢方薬を飲んでいただくとだんだん、いやな夢を見なくなり、下痢はするが形のある便が出るようになり落ち着いてきました。旅行も「嫌な思いもなくちゃんと行けました。」とお礼を言われました。

糖尿病を伴う”過活動膀胱炎”に悩む女性の症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

60代 女性 専業主婦 4か月ほど前から夜中のトイレが近いことが増え、最近は夜の間に3~4回(2時間おき)行くことが増えた。 常に残尿感はあるが、昼間の尿意は正常である。病院では「過活動膀胱炎」と診断。 少し前から義母の介護ストレスが負担に感じている。眠りの質が悪い。 身体は疲れやすい。持病として糖尿病あり(インスリン使用)

相談の結果、この方は”腎”の機能低下とストレスから症状が出ていると判断しました。 検討の末、この方には腎に働きかける漢方薬とストレスを緩和する漢方薬の2種類をご提案。 始めは何となく回数が減った程度?という印象でしたが、3か月が経過し、明らかに服用前よりも調子が良いとのこと。夜に起きる回数も減り、眠りの質も良くなったそうです。 現在服用しているお薬は、糖尿病対策にもなる為、引き続き継続されることをおススメしています。 (1ヶ月のお薬代:約18,500円)

血糖値に漢方が著効した症例

(いわい薬局 埼玉県) MAP

以前よりお店をご利用いただいている60代の女性 近年は特に大きなご相談もなく、健康維持の目的でお店に通われていました。 (当店のご相談はご予約制となっておりますが、日頃のお薬をふらっとご購入に来られるお客様もたくさんいらっしゃいます) この方は数カ月前に病院の検査で、「血糖値」の数値がやや高い いわゆる「糖尿病予備軍」 との指摘を受けたとの報告があり、久しぶりにじっくりとご相談されました。

今回はこの方の体質に合わせお薬をご提案。 で、結果… 約4カ月続けられたことで、見事数値に変化が!(最近の血液検査で血糖値が正常範囲に入っていると診断されたそうです)

上半身はのぼせ、下半身は冷えて困っていました。

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

2年ほど前から上半身がのぼせ、頭から汗が出る。足首や膝から下が冷たく痛いなどの症状で困っていました。 今年の夏は暑かったので汗をよくかきました。 高血圧や糖尿病で通院しているので医師に話しても何ともならず、家族から漢方薬を試してみてはと勧められました。

半信半疑で漢方薬を飲み始めたところ、 普段からあっためまい、ふらつき感がなくなって体調がいい気がしたので続けて飲んでみました。 3か月経った頃からのぼせ、下肢の冷えが楽になって血圧も下がり家族と驚いております。 漢方薬が自分に合ったようで少し続けて様子を見たいと考えています。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。