「乾癬検索キーワード」での検索結果

検索結果:116件中31件から45件まで表示

長年悩まれた『尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)』の改善例

(美保薬局 福島県) MAP

長年『尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)』に悩まれていた30代後半の男性のお客様。 色々な病院に通院。 軟膏(ステロイド剤、活性型ビタミンD3軟膏)、紫外線療法、免疫抑制剤療法など各種治療をしたが効果がなく、また、東京で乾癬に有効という食事療法にも通ったがそれも効果がなくご来店されました。

漢方薬服用に関しても、これだけ色々な治療を試しても症状に変化が無いため、漢方薬も効果は疑問だが、やれることは一応やってみようと、半ばあきらめたご様子がうかがえました。 私の経験ですと、40歳以上の乾癬のお客様には、炎症を抑える漢方薬とともに、瘀血(おけつ:血液のめぐりの悪さ)を改善する薬を使用するのですが、この方の場合、30代でも瘀血(おけつ)の症状が見てとれたため、炎症を抑える漢方と、瘀血(おけつ)を改善する漢方を併用しました。 乾癬に関する漢方での治療法を丁寧にご説明し、服用して頂きました。

尋常性乾癬に悩んできた

(いずみ薬局 石川県) MAP

尋常性乾癬を患い6年が経過しました。 レミケ-ド治療をしました。 バカ高い治療代なのに、やめると再び元に戻ってしまいます。 本当に悲しくなってきます。 絶望しかないのですよ。

この病気の事をいずみ薬局さんに教わりました。 この病気に対する対応策を色々と教えてくれました。 その結果、対応できるようになりました。 この病はいろんな事が絡み合って起きるのです。 カラ揚げ食べるとすぐに悪化するし、運動して汗をかくと、意外と治ったりもする。 昔の自分ならポツポツと出だしただけで、怯えていたのに、今は何てことないです。 対処すればよくなるという事がわかってきました。 「不安が消えた」コレが大きいのですよ。 治らなくてもいいんです。 問題はこれが原因で悩んだり、落ち込んだり、精神疾患にならなければいいんだよ。 コントロ-ル力なんだよ。

尋常性乾癬もあり酷かったのですが。。痒みなど漢方薬で改善

(松仙堂薬局 福岡県) MAP

尋常性乾癬でここ数年悩んでいます。 痒みが強く、全身臭いも気になっています。 痒みががまんできずに掻いてしまい、ジュクジュクしているところも少なくはありません。 皮膚科に行くと必ずステロイドがでて、これを繰り返すうちに範囲が広くなり困っています。 皮膚の抵抗がなくなったせいか、体温がずっと上がらず風邪をよくひきやすくなりました。 漢方薬でなんとか治らないかと相談です。

初めに酷く悪化する原因の一つ。 痒みからとっていきましょうとのこと。 えっ?この痒み取れるの?って本気で心配だったので、初めは数日分をいただきました。 これがすごくいいかわからなったのですが、赤黒くなっていた皮膚が薄いピンク色に変化あれ?もしかしていいかも?って思えたから1か月分購入。 よく掻いてジュクジュクしていたのが少し改善。 2か月目、痒みもやや軽減してきて前のように体が臭わなくなってきたのです。 半年もするときれいな肌が出てきて、昔はこんな肌だったんだあってすごく気持ちが楽になりました。 今では痒みで寝れないとかなくてポロポロと皮膚が落ちていたのも最近ではよくなり、皮膚ができてくるとよほどのことがなければ悪化することもないんだなって思えるくらいまでなりました。 まだまだ継続して体質改善をしていこうと思います。

尋常性乾癬で真っ赤でガサガサ肌

(ミドリ薬品イオン北見店 北海道) MAP

10年ほど前から尋常性乾癬で悩んでました。病院から出される薬を飲んで、あとは市販の保湿クリームを塗ってましたが、良くなりません。

漢方を飲み始めて、真っ赤に隆起していたところが平らになりました。炎症の範囲も小さくなりました。後は残ってますが、真っ赤とガサガサはなくなりました。

尋常性乾癬で悩んでいましたが、漢方薬を飲んで体質が良くなり皮膚が綺麗になってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

40代 男性 12年前から尋常性乾癬で病院に行っているが良くならず、体質を変えて体の中から良くしていきたいと来店されました。 体全体がガサガサして痒みが酷いそうです。 風呂に入った後は特に痒み、赤みが酷くなるそうです。 タバコは1日1箱ほど吸うそうです。 体が疲れやすく、フワフワすることがよくあるそうです。 皮膚の色が黒く色素沈着している部分も見受けられます。

中国医学的に『血熱血瘀』『気血両虚』の状態と考えられます。 その為、体の中の熱毒素を解毒してい漢方、「血」の巡りをよくしていく漢方、体力や潤いを助けていく漢方などをお渡ししました。 1か月、3か月と続けていただき、皮膚の赤み、熱感、痒みが少しずつとれて、皮膚の色が薄いピンク色になってこられました。 体の疲れも少しマシになり体調もいいそうです。 腕、足の痒みが残るが、体の痒みはだいぶ引いているそうです。 皮膚の乾燥も減ってきているそうです。 引き続き飲んでいただいております。

2度の流産を経験後、不育症も疑ったが、漢方を飲んで体調が整い、妊娠→無事出産へ!

(廣田漢方堂薬局 大阪府) MAP

1年半前に結婚し、タイミングで2回妊娠したが、8週目と9週目でともに胎嚢の大きさが不十分で流産となった。 その後不育症の検査に行く予定だったところ、当薬局のHPを見て、漢方を飲んでみようと思ったとのこと。 この方は妊娠陽性になると、尋常性乾癬が悪化することもあり、様子を見ながら妊娠中でも飲める漢方と健康食品を飲んでいただき、鍼灸治療も受けていただきました。

↓↓以下はご本人様からのお喜びメールです↓↓ ご無沙汰しています。昨年漢方相談と鍼灸でお世話になった●●です。 連絡が遅くなっていましたが、昨年12月に無事元気な男の子を出産することができました。これも廣田先生はじめ、スタッフの皆様のサポートがあったおかげと夫とも話しています。ありがとうございました。 もっと早くにご報告できると良かったのですか、初めての育児は思ったよりもバタバタで…。こんな時期になってしまい、申し訳ありません。 先日、ようやくお宮参りを済ませることができました。もう少し落ち着いたら、こどもと一緒にご挨拶にうかがいますね。 それでは、またお目にかかれるのを楽しみにしています。この度は本当にありがとうございました。

点状乾癬(70代 女性)

(田中薬局 埼玉県) MAP

4年前から、最初はふくらはぎに赤くポツッとできてから、段々増えて痒くなってきた。 体のあちこちに赤くポツポツが出だして、頭の中から耳や鼻の中まで痒くなってしまった。 外用塗る薬を2年間つけたが変化がなかった。 これは塗り薬だけでなく、体の中から改善しないといけないと思ったので、田中薬局に漢方相談に行った。

相談に行くと、今までの経過と体の状態を細かくお話した。 漢方を内服し出したら、1週間で痒みが楽になった。 2週間目には赤みも少なくなり、赤かった所が茶色になったり、皮がむけてきた。 その後も漢方の内服を続けたら、1ヶ月後くらいからは新しいポツポツは出なくなった。 体の中から改善したかったので、その後も続けたところ5ヶ月後にはほぼ消滅した。

尋常性乾癬で悩んでいましたが、漢方薬を飲みだして痒み、紅班が良くなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

20代 男性 10年ほど前から、頭皮、肘、足に乾癬ができて、乾燥して痒みが酷いそうです。 秋口になると酷くなるそうです。 慢性の副鼻腔炎もあり、ストレスが多くイライラしやすいそうです。 頭皮のフケが多くて気になるそうです。 髪の毛が抜けやすいそうです。 油っこい物、甘い物が好きでよく食べるそうです。

中国医学的に『血熱旺盛』の状態と考えられます。 その為、体の中に溜まっている熱毒素を解毒する漢方、「血」の巡りを良くする漢方などをお渡ししました。 1か月程して、頭皮のフケの量が減ってきて、皮膚の痒みもマシになってきているという報告を受けました。 3か月程して、皮膚の色はうすピンク色になってきて乾癬の炎症の範囲も少なくなってきておられます。 皮膚の乾燥はまだ残りますが、痒みはなくなってきたそうです。 半年程して、一部乾癬は残りますが、以前と比べるとかなり良くなっておられます。 引き続き量を減らして飲んでいただいております。

腹部に楕円形の発疹が出た。乾癬?

(仙臺薬局 宮城県) MAP

首の回りに赤い発疹が出て、痒みも強かったので漢方薬を服用していました。 そちらは随分良くなってきました。 ある日、腹部に丸い形のうっすらと赤い発疹が出てきました。 あまり痒みはなかったですね。 病院では「よく判らないが多分同じ」と診断されました。

病院では「同じ皮膚病」と言われたが、首の回りは「痒く赤い」し、腹部は「色も違うし痒みもない」ので当人も違う皮膚病と感じていた様です。 そこで、漢方薬の飲み薬は同じで、更に漢方の入浴剤を使用して頂きました。 1本使い終わる頃には色が薄くなっているのが判るくらい改善しました。

頑固な尋常性乾癬が見違えるくらい綺麗になりました

(ヤマト漢方薬局 宮城県) MAP

2年前の夏の終わり頃から、右側の足の部分から赤いボツボツが出始めました。 その後、反対側の足にも広がり皮膚科を受診しました。 ステロイドの塗り薬などの治療を続けましたが、なかなか良くならず、別の皮膚科も受診しました。 尋常性乾癬と言われ、やはりこちらでも強力なステロイドの塗り薬でした。 強い薬を着けた時は少しはよくなるのですが、しばらくすると悪化して赤い部分が徐々に広がっていきました。 同僚によい漢方薬屋さんが…

私のような人が多いよ、と言われました。 皮膚の状態や改善に必要なことを詳しく、特に食生活を中心に1時間余りかけて教えてもらいました。 そして私に合う漢方薬を3種類もらい飲んでみました。 病院の治療と併用していましたが、漢方薬を飲んで1か月あたりから皮膚の赤みが白くなっていきました。 その後、病院のステロイドの塗り薬を塗る回数を徐々に減らすことに成功しました。 6か月経った今は、会社の皆からも皮膚の色が薄くなったね、と言われるようになりました。 自分でもお風呂上りに見ると、もうすっかり治ったかなと思うくらい皮膚が綺麗になりました。

えっ!これも尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) 湿疹だと思っていた皮膚病が実は・・・

(美保薬局 福島県) MAP

数カ月前から両腕、頭、身体に湿疹のような赤い小さなポツポツが増え始めました。 痒みもなくそのまま経過を見ていたのですが、気のせいか少しづつ大きくなっているような気がして病院へ。 すると先生から思いもよらぬ病名が『尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん) 』ですね。 聞いたこともないような病名でご本人もびっくりされたそうです。 病院では尋常性乾癬の基本的な治療薬、ドボネックス軟膏(活性型ビタミンD3製剤 )、ステロイド軟膏…

来店時の症状は尋常性乾癬の幹部も小さく、症状発症から数ヶ月であったため、2種類の漢方薬の服用により、比較的早く改善し喜んで頂きました。

類乾癬(るいかんせん)

(漢方サロン アクシスアン 東京都) MAP

5月頃から、体全体に赤い小さな斑点が大量に発生しました。 とても痒く、掻きむしると白い粉状になって皮膚がボロボロとはがれる状態でした。 2、3件皮膚科に通いましたが、どこへ行っても何の病気か分からず「何かにかぶれたのではないか?もしくはアレルギー反応が出たのではないか?」と言われた為、最後にすでに病院を引退され、今は週に一度だけ診察をされている先生の所へ行った所「尋常性乾癬に症状は似ているが類乾癬」と診断を受けま…

現在、病気が発生してから約十ヶ月目になりますが、新しく斑点ができる時は、疲れている時やお酒を飲んだ時などで無理をしなければ、ほとんど発生はしなくなりました。 まだ跡は残っていますが、ほとんど分からない状態なので、あともう少し飲み続けていれば全快になると思います。 本当にありがとうございます!

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の改善例!!

(美保薬局 福島県) MAP

今回は尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の改善例です。  まずは尋常性乾癬の方へアドバイス 尋常性乾癬で注意していただきたいのは『ケブネル現象』という現象です。 乾癬の皮膚症状を持っている方の正常な皮膚に刺激(物理的・温熱的・化学的)を加えるとそこに乾癬の皮膚症状が出る現象です。 従って、きつくベルトをしめすぎて腰の部分が擦れたり、肌の乾燥で掻き壊したりするとその部位に乾癬の皮膚症状がでてしまうのです。

写真のお客様は30代前半の男性。 漢方薬の服用で症状が改善され喜んでいただきました。

10年以上悩んでいた尋常性乾癬が漢方薬を飲んで赤み、痒みがよくなってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

40代 男性 10年以上前から尋常性乾癬で悩んでおり、赤く痒みが酷い状態が続くそうです。 外食が多く、甘い物、脂っこい物、肉類が多くなりがちなようです。 病院で薬を処方されているそうですが、一向に変わらないため、やめたそうです。

中国医学的に『血熱旺盛』『食積湿生』と考えられます。 その為、体に溜まっている熱毒素、水分を解毒して、消化吸収を助ける漢方をお渡ししました。 1か月、2か月と続けていく事で皮膚の赤みがとれてこられました。 3か月ほどして痒みもだいぶ良くなられました。 良くなりだして、暴飲暴食が続いて一時的に悪化されてから、引き続き食生活を改めて皮膚が落ち着いてこられました。 半年、1年と続けていく事で皮膚の状態も安定して、寝不足や食べ過ぎの時に一時的に悪化することがあるが、以前のような酷い状態にはならなくなって来られております。 引き続き飲んでいただいております。

尋常性乾癬で悩んでいましたが、漢方薬を飲んで皮膚の状態が綺麗になってきました

(漢方専門 ノムラ薬局 大久保店 兵庫県) MAP

40代 男性 尋常性乾癬で色々病院に行っていたが、よくならず体質を変えて治していきたいと来店さました。 頭皮、足、顔、肘に赤く炎症があり、痒みが酷いそうです。 お酒を良く飲まれるそうです。 病院で薬などをもらっていたそうですが、今は行っていないそうです。

中国医学的に『血熱旺盛』『湿熱停疎』の状態と考えられます。 その為、体に溜まっている不必要な血熱、湿熱を解毒していく漢方をお渡ししました。 1か月、3か月、半年と続けて頂き、皮膚の赤み、炎症が小さくなり、体調も良くなって来られました。 1年ほどして、赤み、痒みもだいぶ減ってきたが、集まりの時などにお酒をかなり飲んでしまうため、一時的に悪化することがあるそうです。 休刊日を設けながら、お酒も飲んで、漢方薬も飲んで良くなって来られております。 引き続き漢方薬も飲んでいただいております。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。