生理痛・生理不順の相談

子宮外妊娠を克服して、漢方で体調が整い、無事に妊娠順調

Before

山形県東根市の土屋薬局です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

では、行ってみましょう。

今日の嬉しい漢方体験談

「妊娠19週目です。おめでとうございます」

30歳のかたです。

昨年の4月13日が初めての相談日です。

結婚されまして、その年には一人目のお子様が生まれました。

その後なかなか2人目ができません。

続発性不妊症、2人目不妊とのことです。

器質的な疾患はないようです。

少しプロラクチンが高く19くらいだそうです。

テルロンを服用しますが、吐き気などの副作用があるとのこと。

昨年には体外受精をしました。

今は、婦人科はお休みしています。

初潮は、13歳で、周期は30日。

生理は5日間です。

4月2日から生理が始まっています。

たまにレバー状の血塊がでます。

PMSなどの生理前のつらさはありませんが、排卵日が分かりにくいそうです。

たまに頭痛です。

食欲はあります。

胃もたれ、胸焼けはありません。

便通、お小水ともに正常です。

若干、寒がりです。

ご主人様は、35歳で、クレーンの運転手さんです。

before

After

当店からは子宝の漢方薬2種類をお勧めしました。

漢方薬は体全身を元気にします。

6月19日。

生理前後、とくに生理前に頭痛があります。

まだ母乳がでます。

生理前の胸の張りがあります。

プロラクチンのせいかもしれません。

体調に配慮して漢方薬は3種類にしました。



7月14日

まだ母乳がでます。

生理前にはお腹の痛みがあります。

排卵日前後にも下腹部痛があります。
(排卵痛ですね)



8月9日

母乳がでます。

生理前には、お腹が痛みます。

以前テルロンを服用していたときには、母乳は治まっていたそうです。



9月2日

妊娠反応がでました。

しかし出血があったので子宮外妊娠かもしれないとのことでした。



9月30日

残念ながら子宮外妊娠だったので、2週間入院していたそうです。

体力は回復してきたそうです。

基礎体温は、低いままです。

次の生理を待っている状況です。

早く回復して頂きたいです。



12月4日

10月と11月に生理がきました。

子宮卵管造影をしましたが、良いとのことです。

漢方薬3種類をしっかりと服用していきます。

流産後でも、体調を整えるのに漢方薬は役立ち、次の妊娠をされる前に体の建て直しをします。

「養血調経」を考え、体に合わせた漢方を服用していると体調が良く、頭痛もないし、冷え性もないそうです。

風邪を引きやすかったのですが、今年は風邪もひいていません。



1月7日

今回は生理が長いそうです。8日間。

手足も冬季のせいか、冷えます。

食欲はあります。お通じやお小水もいいです。

引き続き漢方は継続です。

「継続は力なり」です。

3月4日

今回は、生理が5日間でした。不正出血はありません。

生理痛もなく、経血量も変化はありません。

4月14日

今までの漢方薬に新しい漢方をお勧めしました。

生理後10日間、1回二分の一丸を1日2回、朝晩の服用です。

お乳は、まだ出るそうです。

~~~

6月16日

待望の、待ちに待った妊娠です。

陽性反応です!

胎嚢も見えたとのこと。

子宮外妊娠でもなかったそうです。

前回のこともありますので、慎重に経過を見ていきましょうとのことです。

母体の健康を整えるよう漢方を継続します。

9月22日

そして、今の9月22日です。

19週目です。

もうすぐ6ヶ月です。

安定期に入っています。

お腹が張っているのでウテメリンを処方されています。

しかし、かえって副作用で飲みづらいそうです。

足も最近、冷えてきているそうです。

今まで、漢方を安心してお休みしていましたが、今日から再び体調を良くするためにも服用するとのことでした。

どうもおめでとうございました。

良かった、良かったです。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

「2人目不妊」という言葉があるように、二番目の子供が欲しいと思ったときに妊娠できずに悩んでいる方は、多いようです。

理由の一つに、第一子の妊娠、出産、産後そのものに原因がある場合があります。

母体は妊娠中、胎児を養い、出産では体力を消耗します。

出血、産後の悪露(産後、子宮や膣内に残っている血液や分泌物の固まり)排出、子宮復旧と続き、さらに「授乳、育児」と母体にとっては負担の連続です。

そのために産後は、ホルモンの働きが低下したり血行が悪くなるといわれます。

つまり、第一子の出産による身体の消耗が、第二子の妊娠に影響してしまう場合もあります。

漢方ではじっくりと健康な体をつくっていくことを目標にしていきます。

ストレス対策、イライラなど二番目のお子様ご希望のママが沢山土屋薬局には相談にいらっしゃっています。

山形県東根市の土屋薬局までお気軽にご来店、ご連絡をお寄せしてください。

ストレスなどを解消して、ご自身が持っている自然なリズムを取り戻していけば体調全般も良くなりますし、何より子宝に恵まれやすくなると思います。

ご家族の健康や幸せにつながる仕事をしていて私も毎日ハッピーです。

卵巣嚢腫や二人目不妊などでお困りのかたは、親切で優しい漢方相談の土屋薬局までどうぞお寄せくださいませ。



女性本来の力を引き出すお手伝いをします。あなたの妊娠力をあげるために…

土屋薬局では体質、症状にあわせてあなたに最良な「漢方薬」をお選び致します。

妊娠を目指すあなたのお役に立ちたいと心より願っています。

Tender Loving Care 優しく愛にあふれたケアを目指します。

何でもご相談ください。

ホルモンバランスを調える

質のよい卵をつくる

赤ちゃんを育てられる体力を養う

精子の数を増やす、活発にする

生理、排卵のリズムを維持する

着床しやすい子宮内膜を準備する

食事のとり方

サプリメントへの助言

生活習慣へのアドバイス

体質にあった漢方薬を選んでホルモンバランスを整え

「元気な卵子」と「健康な子宮のベッド」を準備できる体に!!

妊娠(陽性反応)はゴールではありません。

「出産」「育児」という大仕事に立ち向かえる"体力”も同時に準備していきましょう…

※最近6ヶ月間の基礎体温表を持って、ご本人様がご来店ください。

もちろん夫婦でのご来店もお待ちしております。

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。