子宝相談

子宮内膜症で2人目不妊。、めでたく2人のお子様が!

Before

山形県東根市の土屋薬局です。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

掲載許可を頂きましたので、嬉しいお話を紹介させて頂きます。

8月31日が初めての相談でした。

1年前から生理痛がひどくなり、先日、婦人科で子宮内膜症と診断されました。

「生理を半年止めて治療しましょう」と言われたが、副作用が心配。子宮内膜症が不妊の原因になることを知って、とてもショックだったとのこと。

生理は1週間で生理周期28~30日。生理直前になるとイライラ。

生理痛は初日がつらくてレバー状の塊があり、一日中鎮痛剤を服用してやっと過ごせます。肩こり。

また不正出血の時期は、生理周期13~20日目の間に3日間続く。

「体の『熱』を解消して『血』の巡りを改善するような漢方」と「生理のリズムを整えるような漢方」の2つをお勧めしました。

毎日全周期の服用です。

before

After

9月30日のときには「漢方を服用してからは毎日のだるさが無くなって、とても快適になった気がする。手足はまだ冷えている感じだが、なるべく体を冷やさないように気を使っている。漢方を飲み始めてから排便の回数が増えた」

その後もずっと真面目に漢方を継続されました。

その翌年の8月19日に妊娠されたとのことでした。実は5月末に妊娠が判明したが、それからすぐに少量の出血があり、切迫流産とのことで入院していました。

なかなか出血が止まらず、塊も出たりしたが、赤ちゃんは無事に育っていました。

つわりも治まったので、漢方をまた服用し始めました。そして翌年の1月12日に、元気なお子様を出産されました。

当店からは、アルバム進呈です。

さて、その後も「生理を整える漢方」を継続されていました。そして、昨年11月に2人目も妊娠され、29歳でこのたび7月に、元気な2人目男の子をご出産です。1人目のお子様のときもご相談していましたので、感慨深いです。

そのときの報告を紹介させて頂きます。

「7月11日に無事男の子を出産しました。39週での出産で3180グラムありました。とても元気で真っ赤な赤ちゃんです。切迫早産でずっと安静だったり入院したりしたけど、ここまで大きくお腹の中で育ってくれてました。一ヶ月たって、体重は2㎏も増えていました。

母乳だけなんですが、日中は一時間おきくらいに飲んでいます。長く寝てくれないし、長男の世話もあるので結構疲れています。夏バテもあるのかもしれません。とりあえず、しっかり食べて、漢方飲んで、頑張りたいと思っています。」

どうもおめでとうございました。

家族末永く、お元気で健康に過ごして頂きたいです。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

漢方相談のときには個人の体質を見極める事が大切だといわれます。

基礎体温をおつけでない方でも「冷えのタイプ」「熱のタイプ」とどちらかに分かれますので、漢方相談が可能です。

お客様の場合には「熱のタイプ」のご様子でしたので体の「熱」を冷ましながら、同時に「血」の巡りをスムーズにして「淤血(おけつ)」を解消するような方法をおすすめし、功を奏したのではないかと思います。

子宮内膜症はなかなか難しいことが多いですが、体が整って2人もお子様に恵まれたとのことで、漢方相談を仕事としていて良かったなあと思いました。

子宮内膜症でお困り、お悩みのかたは漢方で「冷え」または「熱」の体質を分けて考えていきますので、お気軽に土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいませ。

掲載許可どうもありがとうございました。

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。