子宝相談

2人目不妊漢方相談。卵巣嚢腫を乗り越え、妊娠6週目です。

Before

子宝の相談、不妊症の漢方相談は山形県東根市の土屋薬局です。

最初のころは、お父さんの血行を改善してもらいたいとのことでご家族で漢方をお求めのお客様でした。

間もなくすると、今度は奥様に卵巣嚢腫があったことが分かり、もし大きくなってお腹を開くことになったら嫌ですし、何より2人目の兄弟を希望しているので何とかならないかと土屋薬局に漢方相談がありました。

そこで当店では「お父様にお勧めした漢方は応用が利くもので、若い女性にも大丈夫です。」とお勧めしたところ、漢方服用3か月ぐらいで元気になられました。

結果的に病院の検査でも卵巣嚢腫が小さくなったそうです。

そして今度は2人目がほしいとのことで、昨年の5月31日からご相談しました。

5歳の娘さんがいまして、37歳のかたです。

『最初は半信半疑だった漢方も、自分自身で漢方の効き目を理解できたので、2人目不妊の漢方相談も親切な土屋薬局の先生にお願いすることにしました。』とのことで再びお話を伺いました。

初潮は12歳。28日周期。

生理は3~4日間です。

生理前4~5日前から胸が痛くなりやすいく、生理痛は腰が重くなります。

血塊は少し生理に混ざりますが、以前ほどではありません。

不正出血はありません。

排卵日前後のおりものにも変化はありません。

肩こり。

食欲はあります。

胃もたれや胸やけはありません。

便秘気味で1~2日に一度の排便です。

お小水は正常です。

寒がりで、手足はいつも冷たい感じの様子でした。

before

After

奥様から、

『漢方的には血(けつ)が足りず、ストレスが長期間体にこもっていて、イライラなどの「熱」がからだにこもっているのではないか等の説明を受けました。

また少し浮腫みやすいかもしれませんとのことでした。

漢方は、生理のリズムを整えることとストレスを和らげてリラックスできるように調整してもらうことになりました。

漢方は甘くて飲みやすくホッと癒される感じで私は好きでした。

「漢方を楽しんで服用しているとはこのことか!」と思いました。

年明け後再度、体質を漢方的にチェックしてもらいました。

生理の1週間~10日前に、胸の張りとムカつきがありますが、生理が始まる頃になると、すっかりと治ります。

最近の生理周期は26~35日で、生理の周期は一定にはなりません。

薬局の先生と一緒にチャートで見てみたら「気滞(きたい)」タイプになる様でした。まだストレスなどのイライラの影響が取れていないようでした。子育てしながら家事も仕事もフルタイムだったことなど自分の時間があまりとれなく、休養も不十分だったと思います。

また生理期間中には「おけつ」をすっきりする方法も新たに試していくことにしました。

あとから知りましたが、漢方医学では「淤血(おけつ)」は二人目不妊の原因になりやすいと考えられているのだそうです。

翌月の7月27日には、生理は21日周期できたが、胸の張りやムカつきはありませんでした。

そして根気よく漢方ライフを楽しんでいたら9月14日に妊娠がわかりました!』

という喜びの声がありました。

そして昨日の夕方6時ごろ、再び息を弾ませたお電話があり、

『思わず土屋薬局に嬉しくて電話をしたことを昨日のように覚えています。スタッフの皆様もとても喜んでくれました。

これからは赤ちゃんも丈夫になってほしいし、私自身の体調も良く楽しい妊婦ライフにするためにも漢方を続けていきたいです。』とのことでした。

現在は妊娠6週目だそうですが、ご主人様のことも奥様のこともよく知っているだけに私もとても嬉しく思いました。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

最初はお父様の漢方薬からでしたが、ご自身の体験から漢方に興味をもって頂いて本当に良かったと思います。

ストレスなどを解消して、ご自身が持っている自然なリズムを取り戻していけば体調全般も良くなりますし、何より子宝に恵まれやすくなると思います。

ご家族の健康や幸せにつながる仕事をしていて私も毎日ハッピーです。

卵巣嚢腫や二人目不妊などでお困りのかたは、親切で優しい漢方相談の土屋薬局までどうぞお寄せくださいませ。



女性本来の力を引き出すお手伝いをします。あなたの妊娠力をあげるために…

土屋薬局では体質、症状にあわせてあなたに最良な「漢方薬」をお選び致します。

妊娠を目指すあなたのお役に立ちたいと心より願っています。

Tender Loving Care 優しく愛にあふれたケアを目指します。

何でもご相談ください。

ホルモンバランスを調える

質のよい卵をつくる

赤ちゃんを育てられる体力を養う

精子の数を増やす、活発にする

生理、排卵のリズムを維持する

着床しやすい子宮内膜を準備する

食事のとり方

サプリメントへの助言

生活習慣へのアドバイス

体質にあった漢方薬を選んでホルモンバランスを整え

「元気な卵子」と「健康な子宮のベッド」を準備できる体に!!

妊娠(陽性反応)はゴールではありません。

「出産」「育児」という大仕事に立ち向かえる"体力”も同時に準備していきましょう…

※最近6ヶ月間の基礎体温表を持って、ご本人様がご来店ください。

もちろん夫婦でのご来店もお待ちしております。

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。