子宝相談

2回の流産を乗り越えて妊娠!間もなく出産です!

Before

不妊症の妊活相談は山形県東根市の土屋薬局です。

今日は嬉しい妊娠出産の子宝の話が合計3つあるのですが、その中から一つ紹介させて頂きます。

31歳の女性の方です。

結婚1年7ヶ月で、ご主人様は33歳です。

過去に2回の流産経験があります。

反復流産です。

昨年の秋と今年の7月で、どちらも5週目で流れているそうです。初回の相談日が、昨年の9月13日です。

月経周期は 28~30日で、婦人科のホルモンの血液検査は正常とのこと。

便秘は3日に1回です。

もう一度流産されましたら、不育症の検査をしていくそうです。

過去の流産では、流産したときにはお腹が痛くなったそうです。

やや冷たいものを食べると、下痢をするときがあります。

before

After

さて、当店からは生理を順調にすることと、胃腸を丈夫にする2つのことを妊活子宝、不妊症漢方の最大目標としました。

初相談日が9月13日。

9月30日の相談では子宝妊活漢方服用10日後に生理がきたとのこと。

以前、不妊症の漢方を服用する前は、PMSの月経前緊張症がひどかったそうです。

今回は初日と二日目に生理痛があって、鎮痛剤を1日1錠服用しました。

また生理中の血塊は少ないです。

生理前のイライラや、胸の張りはありませんでした。

更に12月2日には、以下のような感想を頂きました。

①生理痛は、鎮痛剤を服用しなくても良かった。

(いつもは 絶対に1回は、鎮痛剤は服用している)

②生理の3日前に、ものすぐお腹が張った。胃のだるさがあった。便秘がち。

③今日は高温期に入っているが、便秘がつらい。

④立っているときに手足がつらい。血行不良かもしれない。

⑤生理は5日間(以前は7日間あった)。経血量には変化ありません。

⑥生理中の血塊は減りました。

⑦排卵痛や不正出血はありませんでした。排卵期のおりものは、3日間は感じました。

漢方は、引き続き「血」を補い胃腸を丈夫にしていくことを続けて頂きました。

翌年の、つまり今年の1月に「生理痛がつらくなかった」とまた嬉しいコメントを頂いていたのですが、1月18日には待望の妊娠陽性反応がでました。!

1月30日には、心音が聞こえまして、6週3日目でした。

つわりがでてきました。

胃腸を健やかにする漢方は、元来つわり対策も兼ねている「一石三鳥」の漢方です。漢方を服用されると体調がいいので引き続き 続行して頂きます。

その後、本日の9月8日のお話では出産予定日は9月15日とのこと。漢方は妊娠中も出産のための体力作りにお役立ちになったようです。どうもどうもおめでとうございました。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

女性は、一般的に毎月生理で一定の血液を消耗しますので、慢性的に血液が不足しがちです。いざ「妊娠、出産、授乳」のときにも、大量の血液が必要とされます。妊娠中は、受精卵や胎児に絶えず十分な栄養を与えるのは「血(けつ)」の働きだと考えています。

せっかくの授かりものを流産から守りたいですよね。ですから妊娠後だけでなく、日頃から「血(けつ)」を大事にする必要があります。それに「血」がなければ、生理もこないので、妊娠できないと思います。

生理を整える作用のある漢方薬は婦人科のお悩みをサポートしてくれるだけでなく、健康な体づくりを助け「血」の巡りを改善して体調を整え、精神的に安定させる働きをすると考えられています。

また胃腸を健やかにする漢方は胃腸を丈夫にして、下痢や便秘など通じのトラブルを解消します。めでたくご懐妊されたときには、お子様が健やかに育つ事も考えながら「血(けつ)」を養う漢方をおすすめします。

薬局の店頭ではプロラクチンが高かったり、ストレスの解消がうまくいっていないお客様を数多く目にします。

どうぞ土屋薬局でリラックスしてご相談してください。

掲載許可ありがとうございました。

このほかにも普段からストレスやイライラ、PMS,高プロラクチン血症や排卵痛などの女性のお客さまの不妊症、妊活の漢方相談に応じています。

遠慮なくぜひご相談ください。

諦めないでまずご来店のうえ、ご相談ください。

一緒に頑張りましょう!



女性本来の力を引き出すお手伝いをします。

あなたの妊娠力をあげるために…

土屋薬局では体質、症状にあわせてあなたに最良な「漢方薬」をお選び致します。

妊娠を目指すあなたのお役に立ちたいと心より願っています。

Tender Loving Care 優しく愛にあふれたケアを目指します。

何でもご相談ください。

ホルモンバランスを調える

質のよい卵をつくる

赤ちゃんを育てられる体力を養う

精子の数を増やす、活発にする

生理、排卵のリズムを維持する

着床しやすい子宮内膜を準備する

食事のとり方

サプリメントへの助言

生活習慣へのアドバイス

体質にあった漢方薬を選んでホルモンバランスを整え

「元気な卵子」と「健康な子宮のベッド」を準備できる体に!!

妊娠(陽性反応)はゴールではありません。

「出産」「育児」という大仕事に立ち向かえる"体力”も同時に準備していきましょう…

※最近6ヶ月間の基礎体温表を持って、ご本人様がご来店ください。

もちろん夫婦でのご来店もお待ちしております。

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。