更年期相談

シミが美肌漢方服用で改善。肝斑が消えました!

Before

こんにちは。薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

長い漢方相談のお付き合いのお客様がいらっしゃいます。

女性のお客様40代です。

先月、9か月ぶりに来店されたときに、ちょうど土曜日でお客様で混んでいるときでだいぶ待って頂いて漢方相談をしたのですが、「春先に汗が吹き出して、ほてりもでてきます。

手足が冷たくて動悸がして頻脈がしてきて動けなくなる。

だるくて何もする気が起きない。

落ち込む。

夜は眠れています。

睡眠時間は少なめ。生理が94日目できました。

生理不順気味です。」とのこと。

なんでもお話を伺いますと、冬の間には生姜ばかり飲んでいたそうなので、間違った生活習慣は止めて頂きました。(ますます火照って悪化するばかり)

before

After

シミ(肝斑)の漢方薬は二つお勧めさせて頂きました。

一つめのシミの漢方薬は『養心安神(ようじんあんじん)』に、『補陰(ほほいん)』も兼ねて。

二つめのシミの漢方薬は『補陰』して体の潤いをつけながら邪魔なものを追い出す働きを期待して、たとえばニキビなどにも良かったりします。

それで昨日の7月17日。

まったくお顔の色が明るくなっていました。

先月はお顔の色も全般的にお肌が暗い感じで、シミも目立っていて「どうしたの?」という感じだったのです。

今月はシミはほとんど無くなってスッキリしたお肌になっていて、私もビックリしました。

恐るべし、中医学です。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

わたし、自分の目でお客様の容貌の変わりように驚いて感銘を受けましたので、これから40歳前後のお客様たちの漢方相談でも「お肌の回春」を目指します。

タイプに応じたシミ対策(肝斑対策)があります!

シミはホルモンバランスの乱れ。ストレス、生活の不摂生など関係しています。

シミの漢方対策は「肝・脾・腎」など深く内蔵に関係しています。

1)肝気鬱結(かんきうっけつ)のシミ(肝斑)漢方タイプ

ストレスは「肝」に影響を及ぼします。イライラ、ため息、日常生活の憂鬱などはお肌にも表れやすいです。

怒りっぽいときや家族の不和、仕事のストレスなど。

香りのある野菜や果物、睡眠も十分に心がけます。

気持ちの余裕も大切です。

2)肝腎不足(かんじんぶそく)のシミ(肝斑)漢方タイプ

女性は7の倍数で老化、年齢を重ねていきます。シミがでる場合には「加齢」「エイジング」の要因も否定できないです。

若い頃に生理不順気味だった人も肝腎の不足からシミができやすいです。

3)脾虚湿滞(ひきょしったい)のシミ(肝斑)の漢方タイプ

胃腸が弱く、防波堤となる胃腸のダム(脾胃の力)がしっかりとしないのでお肌にシミが染み出します。

薄いシミであることが多いです。

食欲不振や疲れやすい、お通じのトラブルの下痢や軟便、便秘気味になることもあります。

4)腎陽虚(じんようきょ)のシミの漢方タイプ

冷え性タイプのシミです。

身体を温める「火」のちからが弱いので、血流も悪くなりがちで(陽虚血淤といいます)瘀血によるシミがでやすくなります。

瘀血とは血行不良、血液の流れが淀んでドロドロしやすいときです。



シミや不妊症や生理不順でちょっと漢方のこと、身体のことが気になる方はお気軽に土屋薬局まで漢方相談でのご来店いかがでしょうか?

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

掲載許可どうもありがとうございました。

その他にも2人目不妊。生理痛や子宮内膜症の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。