皮ふ病・スキンケア相談

アトピー性皮膚炎が悪化して免疫抑制剤を服用しましたが、その後は漢方薬を服用してコントロールできています。

Before

大人になってからのアトピー性皮膚炎で、主に顔が赤くなり、乾燥して、痒くなります。
こちらの薬局の漢方薬を20年前くらいから服用しています。季節の変わり目やストレスの多いときなどは悪化して大変でしたが、この10年くらいは漢方薬も服用しなくてもよいくらいに症状が落ち着いていました。

2年前から心身ともに疲れるような状態にあったため、急激に顔の症状が悪化しました。
顔全体が赤く腫れあがり、ものすごく熱を持ち、痒みや痛みがありました。
どうしようもなかったため、皮膚科で免疫抑制剤の内服剤を処方してもらい症状は治まりました。
ただ一時的に炎症を抑えただけなので、漢方薬でもう一度体調をととのえよう、とお願いしました。
50歳代女性

before

After

皮膚科の先生から聞いたことですが、免疫抑制剤を服用するほどのひどい症状の場合、何週間かするとまた症状が重くなり、何度も繰り返し服用しなければならない患者さんが多いそうです。

私は体質と症状に合わせて漢方薬を調合していただいて服用を続けたので、その後大きく悪くなることはありませんでした。

季節の変わり目などに少し外用薬を使用するくらいでした。
漢方薬は私の場合、胃の中と血液の中に熱がこもりやすいので、その熱を取り除く薬を中心に調合してもらいました。

アトピー性皮膚炎は漢方薬でもすぐに完全に症状が出なくなることはむつかしいですが、それでもあきらめずに服用続けていれば症状を抑えることはできるそうです。
継続が大切ですね。

幸栄堂漢方薬局のお客様の声

after

TEL:06-6303-1157
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル5F

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。