子宝相談

結婚して7年目となり4年前から妊活を開始した

Before

事務職 比較的体格はよりBMI=23程度 
生理の量は少な目 血塊がある 肩こり 便秘 下腹部~足先まで冷える 舌質:暗紅色
夕食が21時~22時頃 就寝1時以降 
産婦人科で多嚢胞性卵巣症候群と卵管狭窄ありと診断されホルモン剤を使用中である。
3~4年前に自然流産されたとの事。 冷たい物が好物であったので控える様に説明。
パートナーの精子量も少な目との事。
体を温め元気にする漢方と血の流れを改善する漢方薬、腎を強くする補腎薬を夫婦で服用される事をおススメしました。

before

After

2か月程度で体質改善ができて多嚢胞性が改善され1個の卵胞が20㎜となりDrの勧めで体外受精を行った。
来店以来5か月目で妊娠が確定しご本人はすごく喜ばれた。また妊娠中はつわりや食事のアドバイスをし無事に女児を出産され、赤ちゃんと一緒に来店し顔を見せてもらいました。

白十字薬局の先生の声

after

先生から一言

妊娠しても体の状態が不調であると妊娠の継続が難しくなる場合がると考えられます。
冷えや血の不足などは食事や生活養生によりある程度防ぐことが出来ます。しかし、すでに症状が起きてしまった時は養生などは行いながら漢方薬などで補助してあげる事で良い結果につながる様です。
また不妊のトラブルの原因は夫婦ともにあると考えられます。そのためお互い一緒に体質改善に取り組むとより良い結果となる様です。

TEL:097-536-2722
住所:大分県大分市西春日町4-1

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。