子宝相談

ホルモン治療を続けていたら生理周期が乱れてきた

Before

自力では数か月に一度しか生理がこないので、ホルモン治療と人工授精をうけている20代後半女性
ホルモン治療を毎周期続けてきたせいか、このごろ低温期が高くなってほてりを感じ、けだるく、高温期との差が小さくなってきました。
今後、体外受精も考えているが、このままでは成功しないかもと不安

before

After

漢方の服用を開始してまもなく生理が来て、その周期の低温期は、ほてりもとれて体調は良好になりました。
グラフも安定していて、次の周期には採卵することに。

採卵結果はまずまずでしたが、低温期から高温期の移行もスムーズで、同じ周期にすぐ移植しましたがめでたく陽性反応がでました。

その後、妊娠中も漢方で体調をととのえ、無事出産されました

ファインエンドー薬局の先生の声

after

先生から一言

ホルモン治療を繰り返していると、徐々に基礎体温が乱れてくることがあります。体が無理をしているのだろうと思います。

ホルモンさえあれば良い卵子ができるわけではありません。卵子を作り出すのは自身の体力が必要です。
体調を整え万全の態勢で向かいましょう。そのために漢方は力になってくれますよ

これから体外受精を受けようという人も、その前に漢方で体づくりを行うとよいでしょう

TEL:043-462-3226
住所:千葉県佐倉市王子台1-24-20

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。