皮ふ病・スキンケア相談

思春期のにきびと日光皮膚炎。

Before

18才女性。顔のみニキビ、皮膚科にて4歳ごろの幼少期に「アトピー性皮膚炎」の診断。数年後改善。現在部活動にて「日焼け」の機会あり、にきびが顔全体にひどく、また、顔面発赤となる。
生理前に酷くなり、部活動のストレスがあると過食がすすみ酷くなる。扁桃腺がはれやすい。耳の中のかゆみ、手足の冷え、月経痛あり。まずは七日間服用。
7日後来店。服用後排便スムーズ。夜間のかゆみ改善。
その後継続して特に月経周期ごとに漢方薬を微妙に変化させ、その周期に応じて服用頂く。

before

After

就職活動にてファンデーションが塗れるようになった。ニキビのぼこぼこ感改善。
日光に気を付けるようにUⅴケアは欠かさない。
生理前の過食はあるが、ある一定の時間にて我慢できるようになった。

あさひ薬局の先生の声

after

先生から一言

思春期のホルモンの過剰な部分が災いとなったほか、飲食の過食の部分は「下宿暮らし」にてどうしても避けられない「皮膚の悪影響」であったと思う。約一年半を費やしたが、就職に間に合って幸いだった。
皮膚は内臓の鏡という言葉を思い出させる貴重な症例であった。

TEL:0195-75-2227
住所:岩手県八幡平市大更25-118-1

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。