生理痛・生理不順の相談

無月経で悩んでいましたが、自力で生理が来るようになりました

Before

35歳 女性

30代に入ってから生理がこなくなり、病院で薬をもらって生理が来ていたが、辞めるとまた来なくなるため体質を変えていきたいと来店されました。

血液検査の結果、脳からの女性ホルモンの分泌がうまく卵巣へ伝わっていないようです。

蕁麻疹が出やすく、アレロックをもらっているそうです。

いつも下痢気味で胃腸が弱いそうです。

精神的に余裕がなくイライラしやすいそうです。

左の卵巣が腫れることが多く、生理の時の出血は黒い色で塊も多いそうです。

身体が疲れやすく、眠りが浅いそうです。

before

After

中国医学的に『気血両虚』、『肝鬱血瘀』の状態と考えられます。

その為、体力や血液を増やしていくモノ、気の巡りを良くして血の巡りをよくするモノをお渡ししました。

1ヶ月ほどして身体の疲れがマシになってこられました。

病院からもらっているホルモン剤は飲んでいないそうです。

朝は起きつらいが以前のような倦怠感はなくなってきているそうです。

2ヶ月ほどして、毎日下痢気味だった状態が、治ってこられました。

3ヶ月目に入る頃に、生理が来ましたという報告を受けました。

生理の色も黒い色から赤い色に変わって、塊もなくなったそうです。

引き続き飲んで頂いております。

漢方専門 ノムラ薬局 大久保店の先生の声

after

先生から一言

無月経の期間が長ければ長いほど、自力で生理を起こさせるのは時間がかかる方が多いです。

体力や血液が不足しすぎることで子孫繁栄の臓器にエネルギーが伝わらなくなる事が良くあります。

また、過剰のストレスや冷えなども影響しやすくなります。

比較的、すぐにいい結果に結びついて嬉しく思います。

いろいろ試してうまくいかない方は、是非、ご相談下さいね。

TEL:078-934-8499
住所:兵庫県明石市大久保町大窪299-1

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。