その他

パーキンソン病でしたが、歩けるようになってきました

Before

60代 男性

パーキンソン病で病院に行っていましたが、特に何も変わらず漢方で体質を変えていきたいと来店されました。

左足、左手の動きが悪く、歩くことも難しくなっている状態のようです。

左手は力が入りにくいそうです。

身体が硬くなり、震えがでているようです。

声が出しにくく、話がしづらいようです。

身体が疲れやすく、少し動くと動悸もでてくるそうです。

身体が浮腫やすく、代謝が悪くなっているようです。

舌軟、滑舌

before

After

中国医学的に『気血両虚』、『痰濁血瘀』の状態と考えられます。

その為、体力や血液を補っていくモノ、身体全身の血の巡りをよくしていくモノをお渡ししました。

最初の1~2ヶ月は特に変化はなかったようです。

3ヶ月ほど飲んで頂いて、身体の疲れと浮腫がとれてこられました。

半年、1年と続けて頂いて足の浮腫がとれて歩きやすくなってこられました。

以前よりも歩くスピードが速くなって、調子も良くなってこられております。

左手の握力もUPしてきたそうです。

身体の疲れも気にならなくなり元気になってこられました。

震えがなくなり調子がいいため、引き続き飲んで頂いております。

漢方専門 ノムラ薬局 大久保店の先生の声

after

先生から一言

パーキンソン病は脳からのドパミンの分泌が伝わらないため、筋肉が固くなったり、震え、動作がゆっくりになったり、転倒しやすくなります。

血流の流れが良くなることで、神経伝達物質の流れも良くなるように思います。

多くの方は良くなっていかれますが、やはり個人差があります。

いろいろ試してうまくいかない方は、是非、ご相談下さいね。

TEL:078-934-8499
住所:兵庫県明石市大久保町大窪299-1

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。