子宝相談

子宮内膜症をのり越えて、妊娠することができました。

Before

お客様からの

初回相談の予約メール

「結婚3年で、妊娠希望です。

子宮内膜症、チョコレート嚢腫(6センチ)があり、

手術しましたが、3月にまた再発しているとのことです(左右とも)。

普段は平熱も低く、高温期も高くて10日ほどで

終わってしまいます。

人工授精よりは体外受精をすすめられていますが

体外受精するにしても

その前に体質改善できることがあればと思い

相談させて頂きたいです。」

初回相談時に状態を体調などを伺ったところ

チョコレート嚢胞の手術後から

月経周期が短くなり

卵巣と思われる場所がチクチクしたり

大きい方の右側が腫れている感じがするとのこと。

右卵管は癒着、左は通っている。

before

After

<<漢方1>>

卵巣腫瘍を手術されていて

月経周期も短く

卵巣機能低下が考えられることから

補腎剤、

卵管閉塞、卵巣嚢腫、子宮内膜症などから

瘀血症が考えられ

活血剤、水蛭製剤を服用頂いた。

<<経過1>>

一ヶ月服用で下腹部のチクチクや

腫れた感じがなくなりとても

身体がすっきりした。

月経周期も28日と正常になった。

漢方薬が効いている感じがするとのこと。

<<漢方2>>

体調がいいことからすべて同じ組み合わせ。

<<経過2>>

2か月経過で体調もいい事から

体外受精を視野に入れて

おすすめした不妊治療専門の婦人科に転院し

説明会に行かれた。

<<漢方3>>

体外受精の

採卵に向けて

補腎剤、活血剤、に加えて

牡蛎製剤も一緒に服用頂いた。

<<経過4>>

10個採卵でき

8個授精、5個凍結

新鮮胚移植を1個移植予定。

<<漢方4>>

移植にむけて組み合わせ変更。

気血双補剤、

骨盤内炎症の緩和のため

漢方を服用頂いた。

<<経過5>>

妊娠判定プラス

<<経過5>>

無事心拍確認でき

現在12週

<<考察>>

漢方薬服用前は

チョコレート嚢胞を手術後され

再発していたこともあり

卵巣機能低下が予想されました。

また子宮内膜症などの

骨盤内癒着や炎症があったため

着床障害となる可能性もあった

症例です。

漢方薬を3か月服用し

一度目の体外受精で

妊娠され、

凍結胚もまだ5個あります。

体外受精前に漢方薬を服用し

体質改善された事で

良い結果につながったと思われます。

漢方薬 なごみ堂の先生の声

after

TEL:092-554-8770
住所:福岡県福岡市南区向野1-20-22

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。