子宝相談

中隔子宮とテストステロン高値の子宝相談

Before

31歳女性

卵巣嚢腫や左卵管水腫など既往症。
ご来局当時、テストステロン数値が高いために卵胞の発育状況が悪く、ゴナールF自己注射による卵胞発育、HCG注射による排卵を行っていらっしゃいました。
ストレスも強く受けてしまう方で、髪の毛や耳のトラブルに影響が出てしまう方でした。
外部からホルモン補充を行って作っている生理周期や、妊娠の妨げになる中隔子宮に不安を感じ、根本的な体質の改善が出来ないかといろいろ調べて、山崎薬局に行き当たったとのことでした。

before

After

テストステロンが高かったために基礎体温の卵胞期も当初非常に高目の方でしたが、漢方開始3ヶ月ほどで通常の体温域にまで落ち着き、生理前後のPMSや子宮のチクチク感も消えました。同時期より卵白状の帯下も排卵期に確認できるようになり、体調の回復を実感いただいていました。4ヶ月ほど病院の治療をお休みして、漢方のみご利用頂いておりましたが、5ヶ月目から採卵スタート。この時の検査では中隔子宮がなくなっており、子宮の中は全く問題ない状態とのことでした。その後も採卵を3度ほど行いながら漢方による体づくりも行い、漢方開始一年後、三回目の移植で無事妊娠致しました。

山崎薬局の先生の声

after

先生から一言

テストステロン値が高い方は卵子の発育が悪く、体外受精を行おうにも採卵がうまくいかないという特徴があります。
このお客様にも、まずしっかりとホルモンバランスが整うまで病院の治療をお休み頂きましたが、急ぎたいのを我慢して本当によくお付き合いいただけたと思います。
採卵再開時には良い状態の卵子ができており、凍結胚盤胞の移植で妊娠までたどり着きました。
本当に良かったですね。
胎嚢確認時にインフルエンザに罹ったと聞いた時は内心本当にドキドキしていました。
元気な赤ちゃんを出産したら、ぜひまたお店に顔を見せて下さい。

TEL:04-7167-2222
住所:千葉県柏市柏3-9-21

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。