皮ふ病・スキンケア相談

天童市からのあごのきびの漢方相談。高プロラクチン血症あり。

Before

あごにきび10年間の悩み、検査したら高プロラクチン血症だった。

おはようございます。

山形県東根市の土屋薬局。

薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。

今日は「にきびと漢方」という話題ですが、私は北京中医医院で皮膚科の研修を受けた経験があります。

最近は、にきびの相談が増えてきました。

当店のお客様の層が若返ったのでしょうか、20~30代のお肌の相談が多いです。



<お肌の症状>

30代の方で、にきびがあごの下に10年間。

天童市からのご来店でした。

生理前はひどくなりやすい。

首にもでやすい。

なかなかよくならないので、皮膚科にも通院していない。



<婦人科のこと>

婦人科でカバサールを服用しています。

脳下垂体からのプロラクチンの分泌が多いそうです。(高プロラクチン血症)

既婚者ですが、婦人科には「不妊」で通ったでのはなくて、にきびがあまりよくならないので、化粧品屋さんで「婦人科で女性ホルモンの検査をしてみたら?」と言われたからだそうです。

お化粧品屋さんて、凄いんですね。

ビックリです。

その化粧品屋さんの助言どおりに、婦人科でホルモン検査をしたら、プロラクチンが高い高プロラクチン血症が分かったそうでカバサールを週に1度服用しています。

初潮は12歳

生理周期30日、生理7日間

生理痛は初日がつらく、鎮痛剤も服用します。

生理前にイライラ、胸の張り。



<体全身のこと>

寝ても疲れがとれない。

夜は24時に寝て、朝は6時に起きます。

食欲ある。便秘気味で3日に1回。小水は不調なし。

冷え性で、手足が冷える。

コーヒー、タバコ、アルコールなどの習慣はありません。

<土屋薬局の漢方の考え方>

にきびは、熱(ねつ)、淤血(おけつ)、痰湿(たんしつ)など、さまざまなタイプがありますが、10年間慢性的なにきびで、あまり赤みは感じません。

お肌の色とほとんど同じようなにきびです。

お話の内容や唇の色が紫色で、顔色も少し白っぽい感じから、「血」(けつ)の不足の「血虚(けっきょ)タイプ」の可能性がありました。

同時に、生理前にあごの下のにきびがひどくなりやすい、生理前にイライラしやすい、胸が張りやすいという情報から「気滞(きたい)」も体調に影響を与えている可能性がありました。

before

After

<あごにきびにお勧めした漢方薬>

1)養血調経(ようけつちょうけい)で「血」を補い巡りをよくする漢方薬

お肌も生理も、共通するテーマは「28日」です。

お肌のターンオーバーは「28日」

生理のリズムも「28日」

ですから、生理痛など生理に関連する体調を整えつつ、にきびも同時に考慮する組み合わせでお勧めしました。

2)疏肝理気(そかんりき)で「気」の流れをよくする漢方薬

既婚者で、まだお子様がいらっしゃらない不妊とのことですから、高プロラクチン、生理前のイライラ、胸の張りなどの症状を考慮に入れて、疏肝理気(そかんりき)の漢方をお勧めしました。

ストレスの多さ、高プロラクチン、にきびの両面の体調不良を考慮した組み合わせです。

生理前の「あごの下のにきび」ですと、過去の相談のお客様では、これら周期調節法のような方法で、ニキビが改善したかたが多く当店には実績があります。

そのような考えのもと、「養血調経」と「疏肝理気」の漢方薬の2つでお肌のリズムと生理のリズムを整えていく計画です。

顔色が良くなったり、朝から元気に活動できるよう健康になってもらいたいです。

「肌は内臓の鏡」です。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

<土屋薬局の漢方の考え方>

にきびは、熱(ねつ)、淤血(おけつ)、痰湿(たんしつ)など、さまざまなタイプがありますが、10年間慢性的なにきびで、あまり赤みは感じません。

お肌の色とほとんど同じようなにきびです。

お話の内容や唇の色が紫色で、顔色も少し白っぽい感じから、「血」(けつ)の不足の「血虚(けっきょ)タイプ」の可能性がありました。

同時に、生理前にあごの下のにきびがひどくなりやすい、生理前にイライラしやすい、胸が張りやすいという情報から「気滞(きたい)」も体調に影響を与えている可能性がありました。





「こころ」の健康アドバイザー 土屋薬局!


「山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。

農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。


頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。

また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。


2人目のお子様が授からない、流産を繰り返すなどの不妊の悩み、不育症、体外受精でなかなか授からない、多嚢胞性卵巣、排卵障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫(チョコレートのう胞)などの器質的疾患や高プロラクチン血症によるホルモンバランスの乱れなどのご相談で実績を上げています。


お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。

当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。

親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。

健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。」

日本中医薬研究会 会員店紹介より 土屋薬局



所在地 山形県東根市神町中央1-10-7

営業時間 日曜日、祝日お休みです。

平日 午前9時~午後7時  土 午前9時~午後6時

メールアドレス JDY00247@nifty.com

電話 0237-47-0033 漢方電話相談室 0237-48-2550 Fax 0237-49-1651

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。