皮ふ病・スキンケア相談

まぶたと額の赤みとかゆみが漢方のおかげで改善しました

Before

10年以上前から、両方のまぶたと額にカサカサとした湿疹ができて気になっていました。
かゆみはあまりひどくありませんでしたが、目立つ場所なので気になっていました。
化粧品やクリームなどもいろいろ試してみましたが、ヒリヒリしたりしてなかなか治りませんでした。
お友達から漢方薬が良いよと言われて、西山薬局に来店しました。

before

After

皮膚の様子や全身の体の症状から、体に潤いが不足していて皮膚が乾燥してしまっていること、皮膚の栄養になる血が足りないからまぶたのカサカサが治らないのだと言われました。
体に潤いと良い血を補う漢方薬と、皮膚の赤みと熱をとる漢方薬の2種類を飲むことになりました。
また、洗顔後の化粧水はたっぷりと使い、化粧水の後は必ずクリームを優しく塗るというスキンケアも教えてもらいました。
最初は2週間分の漢方薬を出してもらいましたが、
まぶたの赤みがとれてきてびっくりしました。
カサカサはなかなな治らなかったので、その後も3か月同じ漢方薬を飲み続けました。
今では、漢方薬を飲まなくても化粧水とクリームのスキンケアだけで大丈夫になりました。

西山薬局のお客様の声

after

先生から一言

62歳の女性の方からのご相談でした。
まぶたと額の一部分にピンク色の湿疹が出ていました。カサカサとした感じで鱗屑もついていました。
かゆみと熱感はひどくなかったので、体の内側から潤いを与えてることで炎症を抑えて乾燥を改善する漢方薬を服用していただきました。
また、スキンケアの方法も指導させていただきました。
化粧水がしみるからと使用されていなかったので、刺激のないものをたっぷりと使い、化粧水で潤いを与えた後は、クリームで蓋をして潤いを逃がさないようにすること外側からのケアもしっかりとしていただきました。
3か月ほどで滑らかな肌になりました。

TEL:025-222-8375
住所:新潟県新潟市中央区本町通四番町221

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。