皮ふ病・スキンケア相談

出産後のカンジダ膣炎が漢方ですっかり再発しなくなり痒みもなくなりました。

Before

こんにちは、薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。
昨日、一昨日と風邪でダウンしていまして今日から現場復帰しています。
この季節、寒くなってきましたし、忙しさや疲れが溜まると風邪をひいてしまいますね。
みなさま、どうぞお気をつけください。

さて、平成26年8月から土屋薬局をご利用されたお客さまから連絡がありまして、慢性化していたカンジダ膣炎がその後再発もせずにお元気でお過ごしになっているそうです。

お客さまの年齢が38歳。
26歳のときに出産してからもう今までに10回ぐらいカンジダ膣炎になったそうです。

生理の周期は25日前後と短め。
生理のときには食欲がなくなります。

一番最初の漢方相談が平成26年の8月9日。
通常は湿熱(しつねつ)といって痒みの原因を解消する方法をダイレクトにとることが多いのですが、胃腸が弱めのことを考慮して、「健脾滲湿(けんぴしんしつ)」の漢方をメインに。

プラス カンジダ膣炎の痒みや乳腺線維腺腫もあるとのことですから 「白い洋服を来た少女がお部屋をノックして案内してくれた薬草」 とイライラ対策、PMS対策にもなる 「肝臓からストレス解消の漢方」の3つをお勧めしました。

before

After

その結果、その年の平成26年12月の段階ではカンジダ膣炎はいい感じ、我慢できない痒みもなくなりました。

カンジダ膣炎の痒みは、夜中に途中で目が覚めたり、ぐっすりと寝ていられないぐらいの痒さでした。

ストレスもありました。
いまは寝たらぐっすり。

それから定期的に土屋薬局をご利用頂いていますが、「すっかり体が元気になってバトミントンをしているぐらいです」 「以前が信じられないぐらい元気です」 
そして嬉しいことは「カンジダ膣炎はすっかり再発しなくなりました」

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

「なんででしょう?」とまるでテツandトモの「なんでだろう~」を思い出すような漢方相談でした。
きっとそれは「免疫力が上がったから」だと思います。

実は髪の毛の白髪対策の漢方も愛用されていて、それは「元気玉」にもなります。

<一人一人の体質は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。

お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

一緒に頑張りましょう!

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。