その他

痔の漢方。痔の痛み、出血が改善、いぼ痔も消えました。

Before

仕事の知り合いの方から「ぜひ土屋薬局の痔の漢方薬、すごくいいから飲んでみたら」「痔の漢方薬、一度試してみたら?」と信用のあるかたからのご紹介でしたから、半信半疑で隣の市から土屋薬局に来てみました。

60代 男性です。

痔は30代から。

痔の痛みがあります。

夜には寝る前、就寝前に痔の座薬を使います。

日中は痔の座薬を使うとトイレに行きたくなるので、痔の座薬は使いづらいそうです。

内痔です。

肛門の出口近くに内痔があって、小さくなったり、大きくなったりを繰り返しているそうです。

高血圧もあって降圧剤は服用したり、服用しなかったり。だそうです。

寝酒の習慣があります。

ビールは毎晩1本。焼酎は4~5杯。コーヒーも1日4~5杯。

before

After

お友達から「土屋薬局の痔の漢方薬」はずっと聞いていて知っていました。

今回は「痔の漢方薬」にプラスして「痔の体質を改善する漢方薬」も説明を受けて購入しました。

つまり「痔の痛み、痒みの症状を改善する漢方薬」と「痔の体質を改善する漢方薬」の2種類で万全を期しての対策でした。

ガラス拭きと同じで、痔の漢方対策は表側と裏側から磨かないとピカピカになりませんから。

さて、約3週間後の今日の8月29日にお客様が来店されて言うには、前回8月8日に来店して「痔の漢方薬」2種類購入して飲んでみたら、「すごくよく効いて痔の痛みも無くなって出血も止まった」そうです。

肛門の入り口近くの「いぼ痔」も消えたみたいです。

「30年ぐらいの「痔」がこんなに早く改善したとは。。。」

シミジミした顔で嬉しい「痔の漢方薬」を服用してのご感想でした。

薬剤師の私ももちろんかなり嬉しかったです。

今回はそれに「腰痛」の漢方相談をしてお帰りになられました。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

「痔」で長年悩んでいるかた。「痔の痛み、出血、腫れ」などで悩んでいるかた。

きちんと病院も受診されていて、それでも治らずに困っている方はぜひ土屋薬局まで漢方相談をお寄せくださいね。

もしまだ「痔」で病院で先生の診察を受けていない場合には、最初は必ず病院で受診して治療を受けたうえで、土屋薬局に「痔」の漢方相談にご来店ください。

このお客様の場合には本来の養生はやはり「お酒」「アルコール」と「コーヒー」などの嗜好品です。

お酒のアルコールやコーヒーなどは肛門に悪い刺激になるので、今後はできれば日常生活で「寝酒」の生活習慣も改善できたら、もっといいのだろう。と思います。

でもアルコールを止めないで、コーヒーもそのままで「30年の痔がわずか3週間で改善したこと」はやはり土屋薬局の「痔の漢方薬」がとても効き目があったのだと思います。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。