皮ふ病・スキンケア相談

花粉時期の酷い皮膚の痒みが改善されました。

Before

花粉症でご相談に来られた30代の女性のお悩みは、この時期の皮膚の痒みが酷いということでした。
特に目の周りの痒みが酷くて、掻きすぎて、タダレてくるぐらいとのこと。
皮膚のバリア力を高めることが大事とお話して、漢方薬と痒みを鎮める生薬が配合されたクリームをご案内しました。

before

After

1週間後、再びご来店されて、漢方薬とクリームで痒みがかなりマシになったと喜んでおられました。
漢方薬を飲むと、すぐに痒みが引いていくのがわかるとおっしゃっていました。
花粉の時期は、しばらく続けるということです。

一陽館薬局の先生の声

after

先生から一言

皮膚のバリア力は、中医学では『衛気(えき)』といい、弱った皮膚や粘膜細胞を強化し、活性化させ、外的刺激から体を衛る働きです。
皮膚の痒みがあったり、荒れやすい方は、衛気が弱っている方ですので、そこを強化する漢方薬を飲むことで症状が改善されたのだと思います。
体の内側からは漢方薬、外側からはクリームという両側からのアプローチも早く改善するために必要ですね。
花粉症の時期が過ぎても、衛気の強化をしていけば、より良いと思います。

TEL:0744-25-8851
住所:奈良県橿原市八木町1-11-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。