その他

漢方と中医学の違いについて (その1)

Before

漢方と中医学の違いについて、教えてください。

before

After

詳しく教えていただき、ありがとうございました!(東京 浅野様)

虎ノ門漢方堂の先生の声

after

先生から一言

漢方と中医学、両方とも中国語みたいですが、
漢方という言葉、実は日本語なんです。
ですから、漢方といっても中国では通じません。

漢方とは、江戸時代中頃にオランダ人によってもたらされた
西洋の医学を蘭方と呼んだことに対して、
日本古来の医学を区別して呼ぶために作られた言葉です。

漢方はその字からもわかるように
主に中国の漢の時代までの医学を基礎にしており、
それが長い年月を経て日本独自に変化していったものです。
しかし中国では、漢以降も各地で研究や改良が続けられ、
近代になってそれらが中医学として1つにまとめられたのです。

そして現在では
「中医は西医に学べ、西医は中医に学べ」というように、
中医学のすぐれた部分と西洋医学のすぐれた部分を融合させる
新しい試みが盛んに行われ、
薬草を利用した点滴や注射薬まで実際の治療現場に登場しています。

TEL:0778-22-2371
住所:福井県越前市京町3-1-26

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。