子宝相談

胃腸の具合いが悪い、そして高温期に酷くなりやすい。

Before

31歳女性。

胃腸の具合の悪さについてのご相談と不妊治療についての相談。
胃腸は元々弱い。飲食の不摂生はそれ程ないが油ものが多い。で高温期になりやすい。
また、高温期の維持のために服用している薬剤を服用してから、胃腸の症状が出始め、またその時期に「食欲」が増大する。
また、排便が2~3日に一回とのことで、慣れてしまったようだ。
体温周期は二層だが、体温波形は非常に激しいギザギザの波形。
HPでの検査は高温期の「黄体ホルモン」の部分が気になるだけで、特に問題ないとのこと。
イライラは酷いほうである。
仕事、家事、転勤しての慣れない土地柄、不妊治療と神経が昂りやすくなった。
「肝気犯胃」と考え、降逆和胃、行気和胃の漢方と清熱疏肝解鬱の漢方薬にて対応、またギザギザ体温の状態に対応するため、「肝血不足」を補う漢方を少々、長期に服用することをお勧めいたしました。しかしながら「血」を補う漢方薬の場合少々、胃にもたれる事をお知らせして、一応「肝気犯胃」の漢方がしっかり、保護してくれるはずだとお話しするとご納得くださった。

before

After

服用3日後に胃腸とイライラの症状が軽減。
肝血不足、養血調経の漢方は「胃にもたれる事」を事前に説明していたが、問題なく「排便」がすごく良いとのこと。
今後が楽しみとのこと。

あさひ薬局の先生の声

after

先生から一言

環境の変化は人間に緊張と不安を与える一番の要因になる、と思う。
特に住居の転居や職場環境の変化は一日の中で「一番長く過ごす場所」の変化となるので、様々な影響が出やすいのだという症例でありました。「発散」することもお勧めいたしました。

TEL:0195-75-2227
住所:岩手県八幡平市大更25-118-1

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。