子宝相談

結婚15年目、38歳で待望の妊娠

Before

現在38歳の方です。
学生時代に1年間の抗がん剤治療経験があります。
生理、排卵は順調にあり、23歳で結婚。
以来10年以上も子宝を望みながら授からず、遠方から相談に見えたのは3年前、35歳のとき。

ひどい生理痛に大きな血塊、寝るのは深夜2時で睡眠の質も悪く、イライラ、憂鬱、いつも眠くダルい、立ちくらみ、動悸、蕁麻疹に慢性鼻炎に冷え症。
さらに、慢性的な頭痛と肩こり、耳鳴り、便秘にゲップやガス・・・。ありとあらゆる症状は“全身からの悲鳴”で、子宝相談どころではない状況を示していました。

まずは根本的な体質改善を優先し、漢方薬は気血を補うもの、血の巡りを良くするものを中心にしました。
また、夜ふかしなどの生活習慣を見直すことをお願いしました。

before

After

半年後、体調が随分改善したので、生理周期に合わせて薬を飲み分ける「周期調節法」を始めました。
それから更に半年後、基礎体温も良くなってきたので、病院での不妊治療との併用をご提案しました。
さっそく地元の専門病院を受診したところ、「抗がん剤治療と年齢の影響で、AMH(卵子の残存数を示すホルモン)が1.1と低く、妊娠力が低下している」との診断で体外受精をすることに。

漢方を服用して丸1年目、採卵を2度続けて実施。
2度目の移殖で陽性反応が出ましたが、残念ながら子宮外妊娠で手術することに。半年ほど経って心身が落ち着いた頃、3度目の移殖は結果陰性。「子宮腺筋症から、子宮がボール状に腫れている」という診断で、いったん生理を止め、着床環境を改善することになりました。

その間の4ヶ月は内膜症治療を補助する漢方薬を中心に併用し、子宮の腫れがひいたところで4度目の移殖。
結果、無事着床したとの連絡が。
さまざまなことを克服し、結婚15年目にして待望の妊娠でした。
現在は妊娠中でも飲める漢方薬を服用しながら、大事に経過を見ています。

龍虎堂薬局の先生の声

after

先生から一言

「先日5ヶ月検診でした。元気に育っています。心身共にサポートして頂いたおかげです」と嬉しいメールを頂きました。私たちも元気な赤ちゃんと会えることを楽しみにしています!

TEL:095-883-4300
住所:長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷1170-5

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。