その他

腰痛の漢方相談。3ヶ月で症状改善

Before

山形県東根市の土屋薬局です。

腰痛の漢方相談で来店されたお客様の話です。

お客様は30代です。

20代から「腰痛もち」でした。

いろいろなところで相談したが良くならず、今現在は鎮痛剤で痛みをしのいでいます。

生活習慣を尋ねてみますと、毎日ビール350mlの缶を2本飲んでいるそうです。

タバコも20本くらい。

仕事は屋外で重い物を持つことが多いです。

before

After

漢方薬は滋養強壮のものをお勧めしました。

足腰を丈夫にして痛みやしびれを軽減していきます。

3ヶ月ぐらい続けて服用していったらだいぶ症状も和らいできたとのことでした。

もちろん後に述べますように生活習慣の改善も大切になっていきますので養生法をしっかりしてもらう約束をしました。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

つまりはタバコや食事の影響→淤血(おけつ)
毎晩のビール→お腹に冷たい水分が溜まる→「寒さ」と「湿気」の「寒湿(かんしつ)」が溜まる。

この場合には痛みを引き起こす原因として淤血(おけつ)や寒湿(かんしつ)が絡んでいます。

毎晩ビールを飲んでお腹が冷える訳ですから、もちろん「腰痛」にもなりやすいのです。

「通じざればすなわち痛む」ですから、腰痛には経絡を通すことが大切です。

毎晩のビールを出来ればお止めになる。

タバコも止めることができたら「腰痛の解決」に近づいていきます。

毎日、軟便気味だそうですから、体をスッキリさせるためにもお酒を控えめにして、漢方では滋養強壮を重点としてお勧めしました。

年齢的にも老化現象が進んでいる訳なので生活習慣にも気をつけて、お腹を冷やさないことが養生になります。

「腰は腹から治す」の世界観でしょうか。

掲載許可どうもありがとうございました。

その他にも慢性腰痛の漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。

<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。