その他

膝の痛みが漢方薬で改善。正座もできるようになりました。

Before

「膝の痛みが漢方で改善。正座もできるようになりました。」

膝痛や神経痛の痛み、しびれの漢方相談に強い山形県東根市 土屋薬局です。

61歳

昨年の5月からのご相談です。3月に退職してから、農業を始めています。

草取りでひざまずく姿勢がつらいです。左膝が腫れて、立ったりするのがつらい。

グルコサミンの健康食品を、1年間服用していたこともあります。

コレステロールと尿酸の薬を近医から処方されています。

整形外科には、通院していません。

土屋薬局からは、膝痛・痛み・しびれを重点としてこの方の体質に合った漢方薬をご紹介しました。

before

After

<その後の膝痛の経過>

○7月…だいぶ膝痛が良くなっている。
2、3日間農作業しなければ、痛みはまったくありません。

○9月…膝の調子が良い。ただし農作業で、膝を痛めやすい。

○12月

○1月…膝痛が楽になり座れるようになって、正座もできるようになった。

春からの農作業にむけて体調を整えたいです。

土屋薬局の先生の声

after

先生から一言

<考察>

漢方薬、とても良い効き目だったと思います。

農業は「日本の根幹」ですから、農作業に従事している方のお役に立つ事は、国土を潤す事にも繋がりますので、当店でもとても嬉しいです。

明日の農業に漢方で頑張ろう!


膝痛対策の漢方薬の中には、生命力の源である 五臓の 「腎」を補うものがあり、腰痛や膝痛など関節痛を楽になる方が多い印象を受けます。

中国漢方では、膝痛は「肝」と深い関係があります。

「肝は膝は筋を主る」膝痛を和らげるには膝関節の骨を強化する「腎」を補い、かつ「筋をつかさどる肝」を養う必要があるのです。

膝は「筋」がいっぱい集まっているところなので五臓の「肝」を養い膝周りの筋力を上げていくことが、膝痛の軽減につながると考えます。


五臓の「腎」は、親からもらった「精(せい)」を蔵し、若さと老化に関係しています。

「腎」が しっかりとしていれば、体は若々しく 体の土台である足腰や膝も強靭である場合が多いです。

ところが、老化や加齢、エイジングにより “食事、運動、休養、飲酒、喫煙”などの生活習慣の乱れにより、「腎」が虚弱していきます。

このことを、中医学では 「腎虚(じんきょ)」と言っていますが、腎の弱りは膝や足腰の弱りとしてあらわれる場合もありますから、膝痛の発生と関連します。

中医学では 腰痛は、老化現象の一種であると認識しているのですね。

その他、膝痛や腰痛には “姿勢の悪さ、仕事の内容、居住環境、寒さ・湿気などの天候、ストレス、運動不足”なども関係しています。


膝痛の漢方薬は若さの象徴である「腎」を補い、膝痛の原因となりうる “寒さ、湿気、血行不良、水分代謝の異常”などにも関連し、総合的に膝痛を軽減することが多いです。

もちろん、「腎」が丈夫であるということは、体全身も若々しく、病気と闘う「基礎体力」もしっかりしていることが多いです。

膝痛対策の漢方薬は膝痛を軽減すると同時に、“筋肉、骨、関節”も丈夫にすることが多いので、お客さまの膝痛には ファーストチョイスの漢方薬としてお勧めします。



痛み、しびれの漢方相談は、さくらんぼで有名な山形県東根市の土屋薬局までお寄せください。

掲載許可どうもありがとうございました。

その他にも腰痛、神経痛など足腰の痛み、しびれの漢方相談でお客様に喜んでもらうことが多いですので、お気軽に山形県の土屋薬局までお問い合わせしてください。


<一人一人の体質の強弱は違いますので詳しくはご相談ください>

当店に来店されるかたは私、薬剤師、不妊カウンセリング学会カウンセラーの土屋幸太郎との雑談が面白いとか励みになる、というかたがほとんどですので、山形県内はもちろんこと、宮城県、仙台、福島のかた秋田のかたも含めまして天気が良ければぜひご来店のうえご相談してください。

顔色などとても大事な漢方相談の情報です。

お店は明るい雰囲気で暗くなく、居心地がいいです。

山形県県内、朝日町 飯豊町 大石田町 大江町 大蔵村 小国町 尾花沢市、金山町 上山市 河北町、川西町、寒河江市 酒田市 鮭川村 庄内町 白鷹町 新庄市、高畠町 鶴岡市 天童市 戸沢村 長井市 中山町 南陽市 西川町 東根市 舟形町 真室川町 三川町 村山市 最上町 山形市 山辺町 遊佐町 米沢市。 お隣の新潟県、福島県、秋田県、宮城県、仙台市などにお住いでご来店できる方はぜひ山形県東根市の土屋薬局まで漢方相談をお寄せください。

来店前には0237-47-0033で漢方薬相談のご予約をぜひ!

薬剤師、日本不妊カウンセリング学会員、認定不妊カウンセラー、中国政府から国際中医専門員A級ライセンス認定 土屋幸太郎の親切丁寧な漢方薬相談。

三代目として実家の薬局を継ぐために東京の薬科大学を出て、東大病院薬剤部での研修後に中医学の中国漢方に出会って人生ががらりと変わり現在に至ります。それまでの西洋医学一辺倒から陰陽五行論の東洋医学の世界へ。

一人でも多くの方に何か「幸せ」のきっかけになり「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」の「大好き」の輪が広がると嬉しいです。

健康をつくる漢方薬相談があなたの「夢」「人生の目標」の手助けになれば望外の喜びです。



「こころ」の健康アドバイザー あなたのお話をお聞かせください。

「山形県は、東北地方に存在し、冬は雪が降り寒く、夏は蒸し暑いという厳しい自然風土があります。農作業に従事している人が多いので、「痛み、しびれ」を訴える人が多いのが実情です。そのような地域のニーズに応じて、土屋薬局では「痛み、しびれ」の漢方相談を得意としています。


頭痛、肩こり、背中の痛み、肩甲骨の痛み、腕のしびれ、肘の痛み、膝痛、腰痛、坐骨神経痛、リウマチ、五十肩(肩関節周囲炎)などのつらい症状を緩和できるよう、皆様のお役にたてますよう、努力しています。また最近では、不妊症を中心とした婦人科系の子宝のご相談も日増しに多くなっております。

お客様の立場にたちました、親切丁寧な漢方相談を心がけ、東北にかまえる薬局らしく、土屋薬局は従業員一同、もちの木のように 粘り強く努力してまいります。

当店は、さくらんぼ”佐藤錦”で有名な東根市(ひがしねし)に在ります。

親切第一をモットーとして、親身になって健康について考えます。しっかりした相談で、あなたの悩みも解決します。

健康についてのご相談、商品についてのお間い合わせを承っておりますので、お気軽にお電話下さい。

TEL:0237-47-0033
住所:山形県東根市神町中央1-10-7

ご相談の際は「漢方体験.comを見た」とお伝えください。

大切なお知らせ
漢方体験.comでは、お薬の名前が書いてありません。
それは、漢方相談していただきたいから
一人一人の状態を、相談を通して見極めていきます。体験談が、あなたにとって100%参考になるとは言い切れません。気になる方はまずは「相談」からはじめてみてください。